<< 戦後国鉄の三大ミステリー事件 | main | 日向坂46の新曲「アザトカワイイ」の曲紹介しましょう!ゆかった! >>

今本当に面白い「54字の物語」

評価:
価格: ¥ 1,100
ショップ: 楽天ブックス
コメント:テレビでも話題!54字にまとめた物語が詰まっている短編小説集です!

JUGEMテーマ:小説/詩

 

京急が鉄道の日イベントをリモートで開催するそうです。そういったリモート開催が鉄道イベントの新しい様式になればいいですね。(ぉぃ)

池の水ゲームは重くてエラーも多いのでやめました。その代わりパズルゲームの「かなかなクリア」と塗り絵ゲームの「Happy Color」を始めました。お母さんのスマホのツムツムもそうですがスマホゲームはWiFi(フレッツ光回線)と充電がある自宅で主にやります。皆さんもパズルゲームや塗り絵ゲーム、そして朝活書道でリフレッシュしましょう!(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は目黒区立図書館で借りた「54字の物語」のことを書きます。

 

「54字の物語」は氏田雄介さんが作り、佐藤おどりさんがイラストを描いた短編小説集で、2018(平成30)年に第1巻が発売され、それ以降半年に一回程度のペースで新刊が発売され、2020(令和2)年10月現在は第6巻まで発売されます。

この本はInstagramを使って小説を投稿する企画をもとにしていて、インスタのアカウントでもすぐ読めるように縦9マス×横6行でコンパクトにまとめているのが特徴で、少ない文字数に濃い内容を詰め込んだことで話題になりました。

この本は、「くりぃむクイズ ミラクル9」などのテレビ番組でも紹介され話題になりました。

1巻につき90話程度の物語が収録され、物語の裏面には解説も掲載されています。

物語の内容にはちょっと恐ろしいものや現実ではありえないものが多いです。

また、歴史編や動物編もおすすめです。

皆さんも是非この「54字の物語」読んでほしいです。

東横ライナー=葉月さくら * おうち時間応援企画 * 20:03 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:03 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ