<< 国鉄時代にあった循環急行 | main | 里山ガーデンフェスタ行ってきました。 >>

お取り寄せで応援企画!山梨県の郷土料理ほうとうを紹介します!

評価:
価格: ¥ 5,000
ショップ: 山梨県富士吉田市
コメント:山梨県の二大麺料理であるほうとうと吉田のうどんを一緒に楽しめるお取り寄せセットです。

JUGEMテーマ:山梨県

 

明日ついに「半沢直樹」最終回です。私はTVerでの見逃し配信解禁されたので1話から9話まで一気見しました。最終話は盛り上がり間違いなしです。(ぉぃ)

欅坂46が新グループ「櫻坂46」に生まれ変わります。新グループ名が定着できたらいいですね。(ぉぃ)

JR九州の新しい観光列車「36ぷらす3」のお披露目イベント開催します。イベントではJR九州が誇る超豪華列車「ななつ星 in 九州」ともコラボします。肥薩線が豪雨被災で長期運休が予想される中でも肥薩線観光列車を鹿児島線で特別運行など大変な状況でも話題を提供してくれるJR九州にこれからも期待したいです。

 

そんなわけで今日は久しぶりにお取り寄せで応援企画やりましょう。先月私も富士河口湖町で食べた山梨県の郷土料理「ほうとう」を紹介します。実際に私が食べたほうとうの写真(Instagramを貼り付けて公開します)もあわせて公開します。

=お取り寄せで応援バックナンバー=

博多通りもん(福岡県)

中田屋のきんつば(石川県)

三陸海宝漬(岩手県)

銚子電鉄のぬれ煎餅(千葉県)

御用邸チーズケーキ(栃木県)

利久の牛タン(宮城県)

鈴廣のかまぼこ(神奈川県)

ルタオ(北海道)

姫路おでん(兵庫県)

きびだんご(岡山県)

紅いもタルト(沖縄県)

 

ほうとうは山梨県を中心に食べられている郷土料理で、小麦粉を練って作られた太くて短い麺をかぼちゃをはじめとする野菜と一緒にみそ仕立ての汁を入れた鍋で煮込んで作られます。

また、AKB48チーム8山梨代表左伴彩佳(ひだあや)の出身地でもある富士吉田市周辺ではほうとうとよく似た郷土料理として「吉田のうどん」もあります。

県内の飲食店では小さな鍋を使って1人ずつ提供されるのが一般的ですが、山梨県内の家庭では大きい鍋を作って家族全員分まとめて作るのが一般的だそうです。

派生メニューとしてほうとう麺を冷たい水でさらしてそれを温かめの汁につける「おざる」やラーメンのようなスープにほうとうの麺を入れた「ラーほー」などもあります。

飲食店のほうとうには私が食べたのにカニが入っていたなど一般家庭では入れない食材を入れていることも多いです。

県外では麺料理や鍋料理のイメージが強いほうとうですが、山梨県内では主食かご飯のおかずとして食べる家庭が多いそうです。

「ほうとう」の名称の由来は奈良時代の言葉である「餺飥(はくたく)」が由来、穀物の粉の古い名称「ハタキモノ」が由来、山梨県ゆかりの人物武田信玄の「宝刀」が由来などの説がありますが、正確な由来は明らかになっていません。

現在の山梨県では中世時代からもうほうとうのような麺料理が食べられていたみたいで、長い歴史を持っているそうです。

これから寒くなりますが、ほうとう食べて体も心も温まってほしいです。

東横ライナー=葉月さくら * おうち時間応援企画 * 19:30 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:30 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ