<< 夏なのにごめんなさい!昭和末期〜平成初期のスキー輸送を支えた「シュプール号」について書きます | main | 今日の「かみひとえ」出演!書道アーティスト原愛梨ちゃんの桜をテーマにした書道アートを紹介します! >>

大正時代に計画された幻の東京市営地下鉄

JUGEMテーマ:鉄道

 

秋田新幹線E6系が東北新幹線区間も単独走行したそうです。東北新幹線車両のトラブルとはいえどもミニ新幹線車両単独での東京駅乗り入れという異様な光景は注目を集めたと思います。(ぉぃ)

昨日初めて谷尻萌ちゃんのインスタライブに参加しました。冒頭のダンスはもちろんのこと、谷尻萌ちゃんらしい素敵な衣装と久々のポニーテール、そして何よりも私のコメントを読んでくれたことが良かったです。これからも時間合えば参加したいです。(ぉぃ)

 

目黒区立図書館の本で見つけた面白鉄道企画、今回は大正時代に計画されていた幻の東京市営地下鉄のことを書きます。

 

東京には現在東京メトロ9路線+都営地下鉄4路線の合計13路線の地下鉄が走っていて、東京の足として重要になっていますが、東京都内では大正時代から地下鉄建設意欲が高まり、現在の東京メトロ銀座線を建設した東京地下鉄道はもちろんのこと、現在の小田急の事実上の前身である東京高速鉄道や、武蔵電鉄・東京鉄道など数多くの民間地下鉄会社が出願しましたが、当時の東京市も必死で対抗しました。結局は過当競争や関東大震災と経済不況によって東京地下鉄道の一部のみが昭和になってから開業しました。

その中でも東京市が計画した地下鉄計画は当時にしては壮大な計画であり、途中での変更があったもののかなり先進的な計画でした。

そもそも東京市が地下鉄計画をしたのは、路面電車(市電)の混雑緩和・輸送力増強と民間地下鉄会社の参入阻止だともいわれています。

一時期は虎ノ門〜東京駅〜新橋の半環状線を先行整備する案もあったそうですが、訂正がありながらも壮大な計画を作っていたそうです。

しかし震災で地下鉄建設どころじゃなくなり計画は断念、東京の地下鉄は1927(昭和2)年の東京地下鉄道(現在の東京メトロ銀座線)まで、東京市改め東京都営の地下鉄は1960(昭和35)年の浅草線(当時は1号線)まで待たされることになりました。

その東京市営地下鉄は3回にわたって計画され、それぞれルートが異なっていますが、まだ地下鉄すら存在しない大正時代にしては壮大な計画を作っていました。

そのルートは以下のようになっているといわれています。当時の東京市域と人口を考えたらずいぶん大規模な計画でした。(一部想像あり)

=1920(大正9)年計画=
1号線:品川八ツ山(北品川)〜浜松町〜築地〜〜人形町〜雷門(浅草)〜押上
2号線:渋谷〜六本木〜新橋〜神田〜上野〜南千住
3号線:新宿〜四谷見附〜九段下〜万世橋〜本郷〜白山〜巣鴨
4号線:池袋〜高田馬場〜飯田橋〜東京駅〜越中島
5号線:目黒〜三田〜新橋
6号線:原宿〜青山〜赤坂見附〜桜田門
7号線:大塚〜伝通院前(後楽園付近)〜万世橋
=1925(大正14)年計画(初期)=
1号線:築地〜人形町〜浅草橋〜小村井
2号線:平塚(武蔵小山付近)〜五反田〜三田〜新橋〜日本橋〜上野〜北千住
3号線:恵比寿〜六本木〜虎ノ門〜日比谷〜東京駅〜本郷〜巣鴨〜下板橋
4号線:渋谷〜赤坂見附〜日比谷〜築地〜月島
5号線:角筈(西新宿)〜四ツ谷〜桜田門〜東京駅〜洲崎(東陽町)〜砂町
6号線:池袋〜護国寺〜飯田橋〜大手町〜人形町〜大島町
=1925(大正14)年計画(改良)=
1号線:五反田〜三田〜新橋〜東京駅〜万世橋〜上野〜浅草〜押上
2号線:目黒〜麻布十番〜虎ノ門〜祝田橋(日比谷)〜銀座〜人形町〜浅草橋〜浅草〜三ノ輪〜南千住
3号線:池袋〜早稲田〜飯田橋〜東京駅〜洲崎(東陽町)
4号線:渋谷〜表参道〜永田町〜東京駅〜万世橋〜本郷〜白山〜巣鴨
5号線:新宿〜四ツ谷〜日比谷〜日本橋〜御徒町〜後楽園〜大塚

目黒区立図書館で借りた本(横浜は現在予約満杯です)で見つけたネタはまだあるので期待してください。

東横ライナー=葉月さくら * 鉄道ネタ * 20:25 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:25 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ