<< 本当にあった!200人以上が立候補した村長選挙 | main | こどもの国線YouTube動画まとめ >>

いよいよ来週全線再開の箱根登山電車のPR動画

JUGEMテーマ:箱根

 

今日放送の「音楽の日」のタイムテーブルです。去年までより放送時間が減ったものの今年も充実企画を用意しています。皆さんも是非見てほしいです。私はこれから用があるので途中からですが楽しみです。(ぉぃ)

日本最大の鉄道博物館の京都鉄道博物館で鉄道模型ジオラマやSL体験乗車などが復活します。鉄道好きなら必ず行きたい京都鉄道博物館、皆さんも近隣にある京都水族館や京都市電ひろばとセットで来てほしいです。(ぉぃ)

JR東日本の燃料電池(水素)バスが登場したそうです。燃料電池バスは首都圏ではすでに都営バスや京急バスや東急バスや横浜市営バスで走っていますが、まさかのJRバスにも登場です。多分これは新駅高輪ゲートウェイ(TGW・JY26・JK21)周辺事業関連になりそうですが、続報が気になります。(ぉぃ)

小田急の新型5000形の増備が進んでいます。今回は総合車両製作所(J-TREC)製です。新型増備で小田急のイメージが変わる一方で8000形チョッパ車や1000形ワイドドア車がどうなるのか気になります。(ぉぃ)

房総の新型E131系が登場しました。千葉地区もE235系に次ぐ新車登場で話題が尽きません。(ぉぃ)

豪雨被災を受けたJR九州の久大本線で特急車キハ185系による普通運用が行われています。災害復旧時にはよく特急車両の各駅停車運転されますね。(ぉぃ)

 

そんなわけで来週の4連休にいよいよ箱根登山電車が全線開通しますが、今日「めざましどようび(谷尻萌ちゃんの天気予報がいつも楽しみです)」でその全線開通CM流れていました。

その全線開通CMのロングバージョンがYouTubeで公開されているので今日はそれを紹介します。

 

箱根登山鉄道は神奈川県小田原市の小田原(OH47)〜箱根湯本(OH51)〜強羅(OH57)を結ぶ小田急グループの路線ですが、一般的に登山電車といわれているのは標準軌(1435mm)の登山電車専用車両が走る箱根湯本〜強羅間であり、小田原〜箱根湯本間は狭軌(1067mm)の小田急車両で運行していて特急ロマンスカーの直通があるので登山電車ではなく小田急の一部というイメージが強いです。

その箱根登山電車は箱根登山ケーブルカー・箱根ロープウェイ・箱根海賊船・箱根登山バスと一緒に箱根を周遊する交通ルート「箱根ゴールデンコース」を作っていて、その周遊には乗り放題切符の「箱根フリーパス」が便利になっています。

その箱根登山電車は2019(令和元)年の東日本台風(19号)で被災し、箱根を襲った集中豪雨によって線路への土砂流入や橋脚の流失などの甚大な被害を受けました。

しかし復旧に当たって工事業者の懸命な努力に加え地元の皆さんや箱根を愛する人のご協力があったことと、冬季降雪量が少なかったことに恵まれ、被災から約9か月後の2020(令和2)年7月23日に全線開通します。ちなみに…全線開通の翌日は東京2020オリンピックの開会式の予定日でしたが、五輪は来年に延期になりました。

箱根登山電車の全線開通は噴火・台風・コロナ渦で大変な状況になっている箱根の観光の復興に大きく貢献するだけでなく、地元の中学生などの通学の足が戻ることで地域の再生にも期待されます。

その登山電車復旧をPRするため、小田急電鉄と箱根登山鉄道が関東地区でテレビCMを放送したほか、そのロングバージョンもYouTubeで公開しました。

CMは箱根に旅行に行く3世代の家族の映像を使っていて、全線再開のワクワク感を表現しています。私も2008(平成20)年と2017(平成29)年に登山電車乗車しましたが、また乗ってみたいです。

現在の東京都の感染状況を考えたら都内からの観光はあまり期待できませんが、小田急ロマンスカーは新百合ヶ丘(OH23)・相模大野(OH28)・海老名(OH32)・本厚木(OH34)にも停車する上に小田原(JT16)にはJR東海道線(上野東京ライン・湘南新宿ライン)も乗り入れているのでとりあえず神奈川県内からでも観光客が戻ってほしいです。そして箱根観光の帰りには風祭(OH49)の近くにある鈴廣でかまぼこをお土産に買ってほしいです。(鈴廣かまぼこはネットでもお取り寄せできます)

箱根登山電車の復旧、今から楽しみです。

東横ライナー=葉月さくら * 鉄道ネタ * 13:07 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:07 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ