<< 市ヶ尾から柿生までは電車とバスどっちがいい? | main | 話題沸騰中の「遠隔パプリカ」 >>

今こそ振り返ろう2011年に世界一になったときのなでしこジャパン

JUGEMテーマ:なでしこjapan

 

横浜市立図書館のお取り寄せ(図書館での閲覧は休止しています)で過去に日本で開催された3回のオリンピック(東京・札幌・長野)の鉄道の本やIR(カジノ)の本を借りました。両方とも面白い本で良かったです。(ぉぃ)

 

例の件によってスポーツ関連も中止や延期のオンパレードになっています。

しかし、こんなときこそスポーツの力で元気になってほしいということで、2011(平成23)年に世界一になった当時のサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の当時のメンバーを振り返ってみます。

 

そもそもなでしこジャパンが2011(平成23)年に世界一になった大会は、6月から7月にドイツで開催されたFIFA女子ワールドカップでした。

同大会では日本が初めて優勝したことで、東日本大震災で傷ついた日本を勇気づけ、さらには「なでしこジャパン」が流行語大賞を受賞したり、国民栄誉賞も受賞しました。2019(令和元)年ラグビーワールドカップでは「ONE TEAM」が流行語になりましたが、当時のなでしこフィーバーこそ「ONE TEAM」にふさわしかったと思います。

そんな当時のメンバーは、以下の通りになっています。(所属クラブなどは当時のもの)

背番号 名前 誕生日 出身地 ポジション 所属クラブ
1 山郷のぞみ(やまごうのぞみ) 1975/1/16 埼玉県 GK 浦和レッズレディース
2 近賀ゆかり(きんがゆかり) 1984/5/2 神奈川県 DF INAC神戸レオネッサ
3 岩清水梓(いわしみずあずさ) 1986/10/14 岩手県 DF 日テレ・ベレーザ
4 熊谷紗希(くまがいさき) 1990/10/17 北海道 DF 浦和レッズレディース
5 矢野喬子(やのきょうこ) 1984/6/3 神奈川県 DF 浦和レッズレディース
6 阪口夢穂(さかぐちみずほ) 1987/10/15 大阪府 MF アルビレックス新潟レディース
7 安藤梢(あんどうこずえ) 1982/7/9 栃木県 FW デュースブルク(ドイツ)
8 宮間あや(みやまあや) 1985/1/28 千葉県 MF 岡山湯郷Belle
9 川澄奈穂美(かわすみなほみ) 1985/9/23 神奈川県 MF INAC神戸レオネッサ
10 澤穂希(さわほまれ) 1978/9/6 東京都 MF INAC神戸レオネッサ
11 大野忍(おおのしのぶ) 1984/1/23 神奈川県 FW INAC神戸レオネッサ
12 福元美穂(ふくもとみほ) 1983/10/2 鹿児島県 GK 岡山湯郷Belle
13 宇津木瑠美(うつぎるみ) 1988/12/5 神奈川県 MF モンペリエ(フランス)
14 上尾野辺めぐみ(かみおのべめぐみ) 1986/3/15 神奈川県 DF アルビレックス新潟レディース
15 鮫島彩(さめしまあや) 1987/6/16 栃木県 DF ボストン・ブレイカーズ(アメリカ)
16 田中明日菜(たなかあすな) 1988/4/23 大阪府 DF INAC神戸レオネッサ
17 永里優季(ながさとゆうき) 1987/7/15 神奈川県 FW トゥルビネ・ポツダム(ドイツ)
18 丸山桂里奈(まるやまかりな) 1983/3/26 東京都 FW ジェフ千葉レディース
19 高瀬愛実(たかせめぐみ) 1990/11/10 北海道 FW INAC神戸レオネッサ
20 岩渕真奈(いわぶちまな) 1993/3/18 東京都 FW 日テレ・ベレーザ
21 海堀あゆみ(かいほりあゆみ) 1986/9/4 京都府 GK INAC神戸レオネッサ

そのうち丸山桂里奈は現在バラエティ番組で活躍しています。

世界一当時のなでしこは今見ても素晴らしいです。

こんな時期であってもスポーツ業界はやれることをやって皆さんを元気にしてほしいです。

東横ライナー=葉月さくら * おうち時間応援企画 * 19:28 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:28 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ