<< 震災からも台風からも立ち上がった三陸鉄道の復旧記録 | main | 横浜市の人口推移 >>

古河総合公園のはなももの写真です!

JUGEMテーマ:

 

3連休最終日は弟と一緒に古河総合公園(古河公方公園)のはなももを見に行きました。コロナの影響で今年はもも祭り中止でしたが、花を見るだけでも楽しめました。公園ははなもも以外にも見どころが多く楽しかったです。(ぉぃ)

箱根登山ケーブルカー新車両運転開始!新しいケーブルカーはスイスっぽかった先代に比べると日本らしいデザインになっていました。登山電車も早く復旧できたらいいですね。(ぉぃ)

ウェザーニュースアプリにあるエア花見動画良かったです。首都圏や京都などの桜の名所はもちろんのこと、「三大桜」といわれている三春の滝桜(福島県三春町)・山高時代桜(山梨県北杜市)・根尾の淡墨桜(岐阜県本巣市)や青森県弘前城なども楽しめます。花見自粛の今年でもアプリを使えば家で花見気分味わえるからこれもいいと思います。(ぉぃ)

昨日放送の「春は必ず来る」ではディズニーや堂本光一などが無観客のステージから出演したことに注目が集まったと思いますが、AKB48が「10年桜」を披露してくれたのが良かったです。名曲は10年たってメンバーが大幅に変わっても色あせないです。(ぉぃ)

首都高速横浜北西線(K7)開通!私たち横浜市青葉区の人たちにとって横浜港や羽田空港や千葉が身近になるこの路線の開通は待望といえます。新しい道路が定着できたらいいですね。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日はその古河公方公園のはなももの写真を公開します。桜と梅と桃の違いの記事も合わせて見ると面白いと思います。

 

茨城県古河市と桃の関係は江戸時代からあり、江戸時代初期に古河藩主だった土井利勝が家臣の子供たちに桃の種を拾い集めて古河に桃林を作ったのがきっかけでした。当時の領地では燃料の薪が乏しかったので成長が早い上に実を食べることができる桃を選んだそうです。

そしてその古河の桃林が花見の名所となり、明治から大正までは上野・大宮・宇都宮・下館・佐野から古河まで観桃のために往復割引列車を運転したそうです。しかし大正時代の炭疽病によって桃林は壊滅してしまいました。

しかし古河を再び桃の名所にしようと1975(昭和50)年に古河公方公園(古河総合公園)をオープンした際に花を観賞するのに特化したはなももを植栽し、江戸から明治の桃の名所復活を実現させました。

現在では首都圏を代表するはなももの名所として親しまれ、毎年「もも祭り」を開催していますが今年2020(令和2)年は前述の理由で中止になりました。しかし今年はもも祭り中止の分混雑も少なく快適に花をじっくり見ることができます。まさに「一生に一度」しかない特別なはなもも花見ができます。

園内に植えているはなももは、最も見ごろが早く白い花を咲かせる「寒白」・全体の約8割を占めていて公園の主力になっている「矢口」・木の丈が低い「寿星桃」・1本の木で白と赤の2色楽しめる「源平桃」・一番遅く咲く菊の花のような花弁の「菊桃」などがあります。

同公園はJR宇都宮線(上野東京ラインと湘南新宿ラインに直通)古河駅や東武日光線(東京メトロ日比谷線&半蔵門線と東急田園都市線直通電車は来ません)の新古河駅(TN05)が最寄り駅であるものの、両駅から徒歩40分と離れています。公園行くならタクシーかレンタカーを使うのがおすすめです。古河駅から巡回バスでも行けますが、本数が少ない上に交通ICカード(Suica・PASMO・Kitaca・toICa・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけん)は使えません。車なら東北自動車道(E4)の久喜インターか館林インター、圏央道(C4)の五霞インターか境古河インターが最寄です。

外出できない皆さんも、私の記事でエア花見楽しんでほしいです。

古河総合公園のはなもも1

古河総合公園のはなもも2

古河総合公園のはなもも3

古河総合公園のはなもも4

古河総合公園のはなもも5

古河総合公園のはなもも6

古河総合公園のはなもも7

古河総合公園のはなもも8

古河総合公園のはなもも9

古河総合公園のはなもも10

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:46 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:46 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ