<< 小田急線の鶴巻温泉駅 | main | 令和元年台風とオーストラリア森林火災の復興応援!千葉市動物公園のカンガルーの写真です! >>

東急世田谷線命名&西武秩父線開通50周年ポスター

JUGEMテーマ:鉄道

 

京福電鉄嵐電の北野白梅町駅(B9)でリニューアル工事が進んでいます。京都市電がなくなってから変な盲腸線になった嵐電北野線の終着駅北野白梅町ですが、リニューアルで観光地方面への京都市バスと対面連絡できるようになり便利な駅になります。京都は今中国の新型コロナウィルス問題で観光客が減って悲鳴をあげていますが、先日の京都市長選では「共産党市長はNO」の新聞広告に物議あったものの自民立憲相乗りの現職が共産党系の新人&京都党出身の新人を破って4選しました。京都は道が狭く渋滞が多くバスが定時運行できないという悩みどころがありますが、せっかく自民立憲の市長が再選したなら京都党も提案していた京都駅(JR-A31・JR-B31・JR-D01・JR-E01・K11・B01)から京都駅〜西大路〜北大路〜東山〜京都駅と回る小型地下鉄(ハンガリーのブダペストの地下鉄のように路面電車のような小型サイズの車両にする)を作って渋滞緩和と観光客の利便性向上をしてほしいです。もちろん京都市は「京都議定書」の名前通り昨今の台風や森林火災などの原因にもなっている温暖化対策もしてほしいです。京都市の選択型中学校給食(横浜市のハマ弁や相模原市・鎌倉市・藤沢市・町田市などのデリバリー給食みたいに1回の手続きで中学卒業まで一括予約できます)ももっと美味しくて便利なものにしたいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は東急世田谷線と西武秩父線の50周年記念ポスターの写真を公開します。

 

2019(令和元)年は西武秩父線の開業と玉電廃止による東急世田谷線の命名(どちらも1969(昭和44)年)から50周年であり、それを機に2020(令和2)年新春に世田谷線&西武秩父線コラボキャンペーンを実施しています。

世田谷線や西武秩父線に関連するお得なフリーパス乗車券を購入すると参加できるようになり、「世田谷線散策きっぷ」を購入することと、「東急西武線まるごときっぷ」「秩父フリーきっぷ」「秩父漫遊きっぷ」を西武秩父駅(SI36)の窓口に提示するとそれぞれシールをもらうことができその2種類のシールを集めると応募できます。

応募すると横浜中華街方面への電車&お食事セット券や西武秩父駅の温泉入館券やオリジナルICカードケースが当たります。

このキャンペーンポスターには右に東急世田谷線の招き猫電車と世田谷線沿線のカフェ、左に西武鉄道の新型特急「Laview」と芦ヶ久保の氷柱がデザインされていますが、今年冬の気温が高かったことから芦ヶ久保の氷柱は公開できなくなりました。

秩父も世田谷も魅力的であり、これからも西武秩父線と東急世田谷線は観光や生活のために大切にしてほしいです。

東急世田谷線&西武秩父線50周年ポスター

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:30 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:30 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ