<< がんばれ北陸新幹線!北陸のカニポスター2019です! | main | 高知駅近くのアンパンマンの石像 >>

藤沢にも登場!白色LEDの神奈中バス

JUGEMテーマ:路線バス

 

来年春のJRダイヤ改正が発表されました!注目の新駅高輪ゲートウェイ(TGW・JY26・JK21)駅が開業するほか新しい特急「サフィール踊り子」も運転開始します。常磐線も全線再開するみたいで、楽しみなダイヤ改正になりそうです。もちろんこの年末年始も増発列車や終夜運転あります。年末年始の帰省や初詣や初日の出や観光旅行や「天空ノ鉄道物語」などのイベントや千葉・長野などの被災地の復興支援などに是非便利な鉄道を利用してほしいです。(ぉぃ)

すっかりお正月の定番となった「芸能人格付けチェック」、みんなが大好きなGackt様はもちろん、乃木坂46や古舘伊知郎なども出ます。Gackt様は「芸能人格付けチェック」だけでなく今年大ヒットした映画「翔んで埼玉」でも大活躍でした。令和初のお正月も楽しい番組でいいスタートできそうです。(ぉぃ)

 

白色LED行き先表示器への交換が進んでいる神奈川中央交通(小田急グループ)バス。

以前舞岡大和相模原の車両の写真を公開しましたが、今回は藤沢です。撮影は善行(OE11)駅前です。

 

神奈中バスでは2016(平成28)年に舞岡・厚木・厚木北(上荻野)の3営業所で白色LED行先表示器の使用を開始し、2017(平成29)年には平塚・津久井・大和・中山、2018(平成30)年には橋本・相模原・横浜と導入営業所を少しずつ増やしています。神奈中の白色LEDは2タイプあり、厚木・厚木北・津久井・大和・中山・橋本・相模原はパラサイン(交通電業社)製、舞岡・平塚・横浜はレシップ製です。

そして2019(令和元)年から藤沢でも白色LED表示器に変わりました。藤沢の機種は舞岡・平塚・横浜と同じレシップ製です。

パラサインの機種に比べるとレシップの機種はドットが細かいからか文字が繊細で、撮影してもほとんど切れないです。側面もレシップの方が多くの経由地を表示可能(パラサインは4停留所で固定、レシップは1停留所から5停留所まで柔軟に対応可能)です。

神奈中の白色LEDメーカーの営業所の立地をよく調べてみると、パラサインの営業所(厚木・厚木北・津久井・大和・中山・橋本・相模原)は山寄りで、レシップの営業所(舞岡・平塚・横浜・藤沢)は海寄りだったから多分社内では海寄りの営業所と山寄りの営業所で区分していると思います。

神奈中の白色LED、次はどこの営業所に入るのかな?

藤沢の白色LED神奈中バス

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:25 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:25 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ