<< 高知県須崎市のソウルフード鍋焼きラーメン | main | 小田急江ノ島線開業90周年の特別仕様電車 >>

個性的なデザインのJR高知駅

JUGEMテーマ:高知

 

先月の台風で甚大な被害を受けた箱根登山鉄道が来年秋にも復旧するそうです。鉄道復旧は復興の要なので早期復旧を祈るとともに運休中にもバスやロープウェイや海賊船など利用可能な交通機関を使って箱根への客を絶やさないでほしいです。(ぉぃ)

「タモリ倶楽部」久しぶりの電車特集は話題の相鉄でした。来週開業の新駅羽沢横浜国大(SO51)の見学はもちろんのこと、相鉄社員専用神社があることに驚きました。来週の完結編も楽しみです。(ぉぃ)

JR九州が787系を黒くした新周遊列車「36ぷらす3」の運転を開始します。豪華な車内設備を備えた夜行周遊列車だけでなく宿泊設備を省略して定員を増やした昼行周遊列車は九州だけでなく北海道や西日本でもやる予定で、周遊型列車はもはや新しい鉄道サービスとして定着しそうです。(ぉぃ)

正月明けにAKB48のコンサート&恒例リクアワ開催決定!東京オリンピック・パラリンピックイヤーの幕開けにAKB48グループの大型イベントで盛り上がるのは間違いないと思います。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日はJR高知駅(D45・K00)の写真を公開します。私は高知駅からJR乗りませんでしたが高知駅近くのホテルに泊まりました。

 

高知県そして高知市を代表する駅の高知駅は土讃線の駅ですが、土佐くろしお鉄道の2路線(中村・宿毛線、ごめん・なはり線)直通も運転されています。瀬戸大橋を渡る岡山直通の特急「南風」も乗り入れていますが、高知は人口が少ないので電車の本数は少ないです。南口にはとさでん交通の路面電車が発着しているほか、北口からは同じとさでん交通のバスターミナルがあります。

特急「南風」「しまんと」「あしずり」には主に振り子ディーゼル車の2000系&2700系、普通電車には3ドアだが中央だけ両開きの変わったドア配置で水色帯(JR四国のコーポレートカラーであり京浜東北線のE233系や福知山線・奈良線の205系と同じ色)の単行ディーゼル車1000形が主に使われています。

現在の高知駅は「くじらドーム」と名付けられたアーチ状の大きい屋根が目を引くデザインになっていて、高知城や桂浜などのように高知のシンボルになっています。アーチ屋根は地元の杉材を使って作られました。上の写真が南口、真ん中の写真が北口です。

高知県は国民的キャラクター「アンパンマン」の原作者やなせたかしの出身地なので、駅接近メロディーも「アンパンマン」のテーマ曲になっているほか、改札内には「アンパンマン列車ひろば」も設置されています。

また、駅南口には観光案内所や大河ドラマ「龍馬伝」のセットや高知ゆかりの三志士(武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎)の像(一番下の写真です)がある「こうち旅広場」もあります。

しかしながら高知駅周辺ははりまや橋周辺の繁華街から少し離れているため周辺に商業施設や飲食店は少ないです。ただしホテルは多いです。

特徴的なデザインのJR高知駅、高知龍馬空港と並ぶ高知県の玄関口としていいと思います。

高知駅南口

高知駅北口

三志士像

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:16 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:16 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ