<< 外に出られない?海が見える絶景駅のJR鶴見線海芝浦駅 | main | 高知の絶景スポット桂浜 >>

高知にある四万十川の佐田沈下橋

JUGEMテーマ:高知

 

昨日無事帰ってきました。3日間とも晴れていて楽しかったですが高知市内から四万十市遠かったです・・・orz

 

東京メトロ有楽町線・副都心線の新型17000系が来年デビュー!7000系の進化版のようなデザインや最先端の環境・安全性能の新型に期待したいです。半蔵門線18000系の続報も待っています。(ぉぃ)

鉄道イベント開催によるこどもの国線の輸送力確保のために久々のY000系重連が見られたほか、池上・多摩川線の7000系が応援にきました。イベント開催での突発的な対応とはいえどもこのイレギュラーな光景が注目を集めたのは間違いないと思います。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日から高知の写真を順次公開します。

第一弾は四万十市にある四万十川の佐田沈下橋の写真です。

 

四万十川は高知県西部を流れる川で、逆S字状に流れる全長約196kmの四国最長の川で、「日本最後の清流」として有名ですが同じ高知県にある「仁淀ブルー」で有名な仁淀川の方が水質が良いです。四万十川は生田斗真主演ドラマ「遅咲きのヒマワリ」の舞台になりました。

そんな四万十川の名物といえば、欄干がない「沈下橋」です。

沈下橋は川の水面から2〜3m上にかけられた欄干がないシンプルな橋で、台風や大雨で川が増水したときは橋が沈むことによって橋の破損や流失を防げるようになっています。四万十川には支流を含めて47もの沈下橋があり、観光名所になっている一方で地元の生活道路にもなっています。

その四万十の沈下橋で有名なのは、最も下流にある「佐田沈下橋」です。

佐田沈下橋は四万十川の沈下橋で最も長い橋で、観光客が多く訪れる場所でもあります。

シンプルで長い沈下橋と水が綺麗に透き通った四万十川の美しい風景は見ているだけで癒されます。

沈下橋は歩行者や自転車だけでなく車も通る上に両側に柵がなくうっかりすると川に落とされることもあるので渡るときは注意してください。

佐田沈下橋は土佐くろしお鉄道中村・宿毛線中村駅(TK40)から車で15分くらいですが土佐くろしお鉄道は電車の本数が少ない上に周辺の道路事情が良くないです。高知市内や高知龍馬空港からは高知自動車道(E56)と国道56号線の併用で行けますが、2時間以上かかります。

でも苦労して行くだけの価値はあるので皆さんも是非来てください。

四万十川・佐田沈下橋1

四万十川・佐田沈下橋2

四万十川・佐田沈下橋3

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:12 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:12 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ