<< 個性的なデザインのりんかい線の駅名標 | main | 新しく生まれ変わった東北道蓮田サービスエリア >>

築地の守り神波除稲荷神社の写真です。

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は横浜の赤レンガ倉庫にお出かけしました。高橋みなみ(たかみな)も少しだけ見ました。同じ横浜でも今回行ったみなとみらいや元町・中華街などの中心部と私が住んでいる青葉区では雰囲気が大違いです。横浜中心部は新しい市役所庁舎やホテルの建設が進んでいて、さらには水陸両用バス・連節バス・ロープウェイ・オープントップバスなどの新しい交通機関も次々と登場し、大型船の停泊数も増え、イベント開催も増えているので楽しみになっていますが、IR(カジノ)には期待しません。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は築地にある波除稲荷神社の写真を公開します。

 

波除稲荷神社は東京都中央区築地にある神社で、江戸時代の築地の埋め立ての際に荒波で工事が難航していたときに光り輝くご神体を見つけたことでこれをまつった神社を建てて、そしたら波が収まって埋め立てが急速に進んだという伝説がある神社です。「波除稲荷」の名称はこの伝説がもとになっています。

こうしたことから市場の街築地の守り神として今でも親しまれています。築地市場の本市場は豊洲に移転しましたが、場外は築地に残り今でもにぎわいを見せています。

築地市場に近いことから築地で売り買いされた食料品もよくお供えされます。

小さい神社でありながら品格があります。

波除稲荷は東京メトロ日比谷線の築地駅(H10)か都営大江戸線の築地市場駅(E18)が最寄り駅です。

江戸から平成にかけてにぎわいを続けてきた築地、令和もにぎわう築地であってほしいです。

築地・波除稲荷神社

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 18:57 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:57 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ