<< 埼玉県民でも他県民でも、日向坂46のセカンドシングル「ドレミソラシド」の曲を聴いて曲紹介でもしとけ! | main | 個性的なデザインのりんかい線の駅名標 >>

オレンジ1色が復活した中央線130周年記念ラッピング電車

JUGEMテーマ:鉄道

 

親が録画していた「ヒルナンデス!」で鈴木福くんと弟の高知旅が2週にわたって放送されましたが、私も11月に行く予定の高知県の魅力がわかって良かったです。私は行く予定ない仁淀ブルーが良かったです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は昨日御茶ノ水(JC03)から吉祥寺(JC11)まで乗った中央線130周年記念電車の写真を公開します。

 

JR中央線は1889(明治22)年の春に新宿(SJK・JC05)から立川(JC19)まで開業し、同年夏には八王子(JC22)まで延伸しました。そして2019(平成31・令和元)年にはその開業から130周年となり、記念イベントが多数開催されます。

その一環として中央線の主力E233系にかつての主力だった201系をイメージしたオレンジ1色のラッピングを張り付けた特別な電車を運行しています。

201系風のオレンジのラッピングには戸袋部分に記念ロゴマークが記載されているほか、車両番号も銀の国鉄書体になっていたり先頭部の運転台後ろにJRマークが記載されるなどのこだわり仕様になっています。残念ながら私は先頭部をうまく撮影できませんでしたが先頭部にも特製ヘッドマークが掲示されています。

21世紀になってからリバイバルブームになっていて、国鉄型車両に限らずJR型車両でも国鉄型風の塗装・ラッピングでリバイバルしている例も多くなっています。私鉄でもリバイバルが多くなっています。

運行は8月いっぱいまでなので、見たい・乗りたい人は今のうちです。

中央線130周年記念電車1

中央線130周年記念電車2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 15:05 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:05 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ