<< 映画「のぼうの城」やドラマ「陸王」の舞台で有名な行田のシンボル忍城 | main | 東京メトロ丸ノ内線方南町支線の電車 >>

埼玉県行田市のご当地グルメゼリーフライ&行田フライ

JUGEMテーマ:埼玉

 

私の家では玄関前に花や野菜を植えていますが、今トマトの花が次々と咲いています。去年のトマトは失敗したので今年はうまくいきそうでよかったです。(ぉぃ)

私の家には神奈川県&横浜市の広報と同封で横浜市会の広報が届きます。今回の議会だよりには市営地下鉄延伸や中学校給食・ハマ弁や児童虐待問題などだけでなく学校木造化のことも書いていました。議会だよりを読むことで政治に関心を持つ人がもっと増えてほしいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は埼玉県行田市のご当地グルメ「ゼリーフライ」と「行田フライ」の写真を公開します。

 

「陸王」の舞台としても有名な埼玉県行田市には「行田フライ」と「ゼリーフライ」という二大ご当地グルメがありますが、両方とも不思議なネーミングのご当地グルメでもあることで有名です。

まず「ゼリーフライ」はじゃがいもとおからで作った生地を油で揚げてソースをつけたグルメで、明治時代からおやつとして親しまれています。そもそもゼリーとは程遠いのに「ゼリーフライ」になったのは、形が銭にそっくりだから「銭フライ」がなまって「ゼリーフライ」になったといわれています。

次に「行田フライ」は大正時代から行田の足袋工場の女工さんの腹持ちがよいおやつとして親しまれていて、小麦粉を溶いた生地にねぎと豚肉を載せて薄く焼いてそれにソースをつけたグルメです。そもそも油で揚げてないのに「フライ」なのは行田周辺が布の産地だから「布来(ふらい)」になったり、「富よ来い」からとって「フライ」になったなどの説があります。

「ゼリーフライ」も「行田フライ」も行田市内にお店が多数あり、「ゼリーフライ」は1個100円程度、「行田フライ」は1個300円程度とお手頃価格で楽しめます。

皆さんも行田で不思議なご当地グルメを食べに来てください。

行田ゼリーフライ

行田フライ

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:42 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:42 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ