<< 平成最後のブログ!皇室専用のお召客車の写真です! | main | 鉄道模型の聖地「ホビーセンターカトー」のシンボルの京急電車 >>

祝!令和元年!埼京線に直通する新しい相鉄電車です!

JUGEMテーマ:鉄道

 

祝!令和元年スタート!平成最後の日は雨で名残惜しさ感じましたが、令和最初の日は晴れていてよかったです。今日はねむの木の庭と迎賓館とカトーホビーセンターに行きましたが、乃木坂46展は入れませんでした・・・orz

新しい時代がいい時代になってほしいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで令和初のブログはいよいよ今年11月末に開業する相鉄電車のJR埼京線直通用車両12000系の写真です!写真は横浜駅(SO01)で撮影しました。

 

相鉄は関東の大手私鉄で唯一神奈川県内完結で東京都心に乗り入れていませんでしたが、令和の時代に2つのルートで都心直通が実現します!

まず今年11月に羽沢横浜国大(SO51)〜西谷(SO08)が開業しJR埼京線直通を開始し、2022(令和4)年には日吉(TY13・MG13)〜羽沢横浜国大も開業し都営三田線直通も開始されます。

そんな相鉄ではニューカラーの「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマ・ネイビーブルー)塗装の新型車を導入し、まず2018(平成30)年に以前紹介した三田線直通車両20000系を投入し、そして今年2019(平成31)年に今回紹介する埼京線直通車両12000系を投入しました。

また、相互乗り入れ各社も、JR東日本はE233系7000番台を増備し、東急電鉄も新型車3020系が8両で完成(営業運転は設備工事ができるまで6両で行う予定)した上に既存の3000系や5080系の増結も予定していて、都営地下鉄も8両の新車を投入予定です。東京メトロと埼玉高速鉄道は自社車両の8両増結はしないみたいですが、ホームドア整備など8両受け入れができるように工事するみたいです。

相鉄電車の埼京線&三田線直通後は横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野(B32)から新百合ヶ丘(B36?)までの延伸工事を本格化させたり相鉄いずみ野線の湘南台(SO37)から慶応大学湘南藤沢キャンバス(SFC)経由で倉見や平塚への延伸を検討するようにするみたいで、神奈川の鉄道新線計画に期待がかっています。しかし「鉄道新線よりも中学校給食や保育施設・老人ホーム増設などを優先させるべき」という意見もありそうです。

その相鉄の新型12000系は20000系とは異なった感じのインパクトある前面が特徴ですが、20000系は地下鉄直通に対応できるようにするために正面非常ドア付・幅狭車体でしたが、12000系は地下鉄直通しないため正面非貫通・幅広車体です。

12000系はJR埼京線のE233系や同車ベースの11000系と同一仕様ですが、車体はJR山手線のE235系や東急田園都市線の2020系などで採用されている総合車両製作所「J-TREC」の新標準仕様である「sustina」を採用しています。ステンレス車体であるものの車体は「YOKOHAMA NAVYBLUE」で全面塗装されていて、9000系リニューアル車や20000系と同じ深みのある濃紺色が目立ちます。前面は自由な造形がしやすいように普通鋼製になっています。

相鉄12000系は平成最後に1編成がデビューし、5編成を追加投入し直通に備えます。直通運用は4編成を使い、残り2編成は予備車になるそうです。

令和の時代、生まれ変わる相鉄に期待したいです。

埼京線直通相鉄電車

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:22 * comments(10) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:22 * - * - * pookmark

コメント

12000系
Comment by 12000系 @ 2020/09/01 7:19 AM
田中由姫
Comment by 田中由姫 @ 2020/09/01 7:19 AM
守屋藍
Comment by 平塚由佳 @ 2020/09/01 7:20 AM
森結花
Comment by 伊関亜美 @ 2020/09/01 7:20 AM
森由佳
Comment by 伊関亜美 @ 2020/09/01 7:21 AM
田中由姫
Comment by 秋元真夏 @ 2020/09/01 7:22 AM
森結花
Comment by 伊関亜美 @ 2020/09/01 7:22 AM
羽田奈央
Comment by 大石芽依 @ 2020/09/01 7:23 AM
伊関亜美
Comment by 大平峻也 @ 2020/09/01 7:23 AM
12000系
Comment by 12000系 @ 2020/09/01 7:23 AM
コメントする









このページの先頭へ