<< 金沢カレー人気の火付け役ゴーゴーカレー | main | リニア・鉄道館の超電導リニア試験車両 >>

横浜市民の知識の泉横浜市中央図書館

JUGEMテーマ:古本・図書館

 

今日は平成最後のJRダイヤ改正で、特急「富士回遊」の運転開始やおおさか東線全線開業などがありました。ダイヤ改正で富士山や新大阪が身近になってよかったと思います。

毎年恒例のAKB48選抜総選挙ですが、今年はやらないそうです。いろいろあったはいえども残念な気持ちもあります。(ぉぃ)

でも、来月は統一地方選挙をちゃんとやります。神奈川&多摩の地域情報誌「タウンニュース」では特設サイトで神奈川県知事選や横浜市議選や相模原市長&市議選の候補者アンケートを公開しています。神奈川・横浜・相模原の18才以上の皆さんはこれを候補者選びの参考にしてほしいです。神奈川に限らず北海道や大阪の選挙も楽しみです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は横浜市が誇る巨大図書館「横浜市中央図書館」の写真を公開します。

 

横浜市中央図書館は神奈川県横浜市西区にある公共図書館で、市立図書館では大阪市中央図書館に次ぐ全国2位の規模の巨大図書館であり、市内18区に1館ずつある図書館の中心施設でもあります。

1994(平成6)年に現在の施設がオープンし、斜面に建てられた六角形を組み合わせた特徴的な建物になっています。地上5階建て、地下3階建ての規模を誇りますが、地下2・3階は書庫、2回は事務室のため一般人は入ることができません。

横浜市立図書館での本の貸し借りは横浜市および川崎市・大和市・藤沢市・鎌倉市・横須賀市在住か横浜市在勤・在学の人が対象になっていて、市内18図書館すべてを利用可能です。横浜市民は川崎市・大和市・藤沢市・鎌倉市・横須賀市の図書館の利用もできます。

また、横浜市立図書館ではインターネット・WiFiサービスや国立国会図書館のデジタル資料閲覧サービスも行っています。

横浜市中央図書館は規模が大きく蔵書数も160万冊以上あるため、本の貸し借りだけでなく暇つぶしとしても使えます。

フロア構成は地下1階が音楽映像部、1階が小説と暮らしのコーナーと子供の本、3階が一般調査部門とヨコハマ資料部門、4階が社会科学部門と自然科学部門、5階が人文科学部門になっています。地下1階には学習室と飲食コーナーもあります。

横浜市中央図書館の最寄り駅はJR根岸線(京浜東北線&横浜線直通)&横浜市営地下鉄ブルーラインの桜木町駅(JK11・B18)と京急電車(羽田空港&都営浅草線&京成電鉄直通)の日ノ出町(KK39)と横浜高速鉄道みなとみらい線(東急東横線&東京メトロ副都心線&東武東上線&西武池袋線直通)のみなとみらい駅(MM03)で、JR東海道線(上野東京ライン&宇都宮線&高崎線直通)&横須賀線(総武快速線&成田空港直通)&湘南新宿ライン(宇都宮線&高崎線直通)や相鉄電車の場合は横浜駅(YHM・JT05・JO13・JS13・JK12・TY21・MM01・KK37・SO01・B20)で乗り換えです。みなとみらいや元町・中華街といった横浜の観光名所の近くにあるのでついでにいくのもおすすめです。

横浜市中央図書館は横浜市民でもそうじゃなくても1回行く価値ありです。

横浜市中央図書館

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 11:54 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:54 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ