<< 小田急待望の新型ロマンスカー「GSE」の写真です。 | main | 平成最後の京急大師線初詣ヘッドマーク電車・2019亥年 >>

リニア・鉄道館やレゴランドに行くのに便利なあおなみ線です

JUGEMテーマ:鉄道

 

私は明日から仕事です。

 

さっき熊本で震度6弱の地震ありましたが大丈夫でしたか?熊本は相変わらず地震多いですね。今日の「VS嵐」の途中で地震速報が入り番組が一時中断してしまいました。

箱根駅伝は東海大学が青山学院大学の5連覇を止めて初優勝!やっぱり5連覇は難しかったみたいですね。来年はどうなるのか今から注目が集まりそうです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日はリニア・鉄道館に行くときに乗ったあおなみ線の電車の写真を公開します。

 

あおなみ線は名古屋駅(AN01・CA68・CF00・CJ00・H08・S02・NH36・E01)から金城ふ頭駅(AN11)を結ぶ名古屋臨海高速鉄道の路線で、リニア・鉄道館やレゴランドジャパンやポートメッセなごやや名古屋競馬場やイオンモール名古屋みなとなど沿線に大型集客施設が多いためこれらへのアクセス路線としても機能しています。

この路線は名古屋市南西部の鉄道空白地帯解消のために東海道線の西名古屋港貨物支線を複線電化・連続立体交差化して貨客両用に改良したもので、そのことから貨物列車も引き続き運行しています。

基本的に各駅停車しか運転していませんが、土休日を中心に名古屋〜金城ふ頭間ノンストップの快速電車を運転する日もあります。

あおなみ線は2005(平成17)年愛知万博開催前年の2004(平成16)に開業し、ささじまライブ駅(AN02)が万博サテライト会場の最寄り駅であったことから多くのお客さんが乗りましたが、その後は乗客が低迷し赤字経営が続き、運営会社の名古屋臨海高速鉄道は1回破たん寸前にまで追い込まれました。しかし名古屋市が支援したことと、リニア・鉄道館やレゴランドなどのオープンや沿線の住宅開発が進んだことで乗客が増えて経営状態は回復しました。

また、2013(平成25)年にはJR西日本からC56形などを借りてSL列車の試験運行を行ったことがあります。

あおなみ線の由来はラインカラーの「あお」と名古屋の「な」と港の「み」です。

金城ふ頭からは名鉄新舞子(TA16)まで接続して中部国際空港へ乗り入れる計画や、ナガシマリゾートへの延伸論もありますが、延伸は具体化していません。

あおなみ線で使われている1000形電車は京成グループ標準車体(京成3000形・北総7500形&9200形・新京成N800形)や横浜市営地下鉄ブルーライン3000形(R・S・Vの3種類)や小田急3000形や名鉄300系・3300系や名古屋市営地下鉄6050形などと同じ日本車両製のブロック構造ステンレス車体を採用していますが、走行機器はJR東海の標準車両313系とほぼ同じです。4両編成ですが6両編成に増結することも可能です。

あおなみ線は、観光路線としても通勤路線としても活躍してほしいです。

あおなみ線

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:23 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:23 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ