<< 平成最後の紅白直前企画!2018大ブレイクアーティスト米津玄師を緊急紹介! | main | 平成最後の2018年版AKB48グループ+坂道46グループメンバー内訳 >>

伊勢志摩や鈴鹿を走る三重交通バス

JUGEMテーマ:路線バス

 

今日は相模大野(OH28)と町田(JH23・OH27)に行き、相模大野ではゴーゴーカレーを食べて六花亭を買い、町田はヨドバシカメラに行きました。相模大野駅前では来年2019(平成31)年相模原市会選挙に立候補予定の右翼政治団体「日本第一党」の候補者が演説していたほか、白色LED(パラサイン(交通電業社)製)に変更された神奈川中央交通(小田急グループ)バスも見ました。町田駅で新型ロマンスカー「GSE(70000形)」を見ました。政治家の演説活動と言えば私の最寄り駅青葉台駅(DT20)駅前では自民党衆議院議員三谷英弘や公明党横浜市会議員や共産党横浜市会議員や江田憲司系無所属(以前はみんなの党→結いの党→維新の党→民進党だった、県会会派は立憲民主党と同じ)神奈川県会議員などが演説していました。来年は12年に一度の選挙イヤー(春に統一地方選、夏に参院選)なので大阪都構想がどうなるかを含めて選挙が盛り上がりそうで楽しみです。明日は豊洲市場と新大久保と吉祥寺に行く予定です。平成最後の年末年始思う存分楽しみたいです。(ぉぃ)

昨日の「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」の特番で長野から北陸新幹線(長野経由)と湘南新宿ライン・上野東京ラインを併用して東京や横浜まで遠距離通勤している医師が登場していました。往復8時間の長時間通勤はまさに常識はずれです。(ぉぃ)

今平成30年間の紅白総集編特番やっています。乃木坂46が出ているほか、昔のDA PAMPやモーニング娘。やGackt様も出ていました。平成最後の紅白楽しみです。(ぉぃ)

 

以前三重交通のピカチュウバスの写真を公開しましたが、今回はそれ以外の三重交通バス(伊勢市(M73)駅前と外宮前と内宮前と白子(E31)駅前の4か所で撮影)の写真を公開します。

三重交通は三重県全域を中心に愛知県や奈良県や和歌山県や京都府にも乗り入れている近鉄グループのバス会社で、三重県の交通事業者の戦時統合によって誕生しました。

かつては鉄道も運営していましたが、その後路面電車の神都線と松坂線は廃線になり、残った路線も近鉄に移管されたので三重交通はバス専業になりました。しかしナローゲージの北勢線は三岐鉄道・内部線と八王子線は四日市あすなろう鉄道に再移管されました。逆に志摩線は狭軌(1067mm)から標準軌(1435mm)に改軌され特急も走る近鉄の代表路線になっています。

三重交通は現在近鉄グループでしたが、名鉄も株を持っていた時期があったそうです。

三重県全域を網羅するローカル路線バスだけでなく、首都圏(さいたま・東京・横浜)から伊勢志摩・南紀・伊賀への夜行高速バス、名古屋・中部国際空港・京都・大阪から三重県各地への高速バスもあり、さらに伊勢では観光向けの伊勢二見鳥羽周遊バス「CANばす」(1枚目の写真)、かつての神都線の路面電車を再現したバス(今回は撮影していません)、朝熊山へ上る「参宮バス」(2枚目の写真)、そして以前紹介したピカチュウ電気バスと多彩な楽しいバスがあります。

緑系の普通のバスだけでなく、楽しいデザインの変り種バスもあり伊勢観光を楽しませてくれます。

三重交通ではポイントサービスや乗り継ぎ割引などがある便利でお得な専用ICカード乗車券「emica」を導入しています。「emica」だけでなく全国交通ICカードのPiTaPa・ICOCA・toICa・manaca・Suica・PASMO・Kitaca・SUGOCA・nimoca・はやかけんも利用できます。

三重交通はこれからも伊勢志摩への観光客と三重県民の両方に親しまれてほしいです。

三重交通バス1

三重交通バス2

三重交通バス3

三重交通バス4

三重交通バス5

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:04 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:04 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ