<< ななせまるラストシングル!乃木坂46の新曲「帰り道は遠回りしたくなる」を曲紹介しないと魔法かけじゃうぞ! | main | 南紀白浜・白良浜の写真です。 >>

近鉄特急の写真平成30年

JUGEMテーマ:鉄道

 

指原莉乃(さっしー)がHKT48を卒業するそうです。AKB48人気を支えてきたさっしーの卒業は残念ですが最後まで頑張ってほしいです。卒業後もプロデュース活動を続けてほしいです。

昨日深夜の「シブヤノオト」は紅白直前生放送スペシャルでした。この生放送でAKB48とタイのBNK48の「恋するフォーチュンクッキー」コラボをやることが判明しました。平成最後の紅白は北島三郎やサザンオールスターズも出るみたいなので楽しみになってきました。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は伊勢市駅(M73)と白子駅(E31)と近鉄名古屋駅(E01)で撮影した近鉄特急の写真を公開します。

2011(平成23)年版豪華特急「しまかぜ」の写真も合わせて見てください。

 

近鉄特急を大阪難波(A01・HS41)・大阪上本町(A03・D03)と近鉄名古屋と京都(B01)の3都市ターミナルを中心に、近鉄奈良(A28)・橿原神宮前(B42・F42)・宇治山田(M74)・鳥羽(M78)・賢島(M93)といった場所を結ぶ広大な近鉄ネットワークで運転されている有料座席指定特急で、標準軌(1435mm)の本線系統とは別に狭軌(1067mm)の南大阪線大阪阿部野橋(F01)〜吉野(F57)でも運転しています。

近鉄特急は奈良や伊勢志摩や吉野などの観光輸送のイメージが強いですが、奈良県民や三重県民の通勤でも愛用されています。

近鉄特急は多彩な系統を持っていて、大手私鉄最大の有料特急ネットワークを作っています。しかし運行系統が多彩で複雑なので固有の愛称を設定していません(「しまかぜ」除く)。

近鉄特急は1947(昭和22)年に名阪間1日2往復で運転を開始しましたが、当時は大阪線が標準軌・名古屋線が狭軌と違っていたため伊勢中川(D61・E61・M61)で乗り換えが必要でした。その後伊勢湾台風後の名古屋線改軌と伊勢中川短絡線開通や特急車両増備によって速達性向上と輸送力増強を進め国鉄の特急・急行・準急相手に戦い続けてきました。しかし1964(昭和39)年に東海道新幹線が開業すると近鉄の看板列車だった名阪特急は新幹線相手に圧倒的に不利になりましたが、近鉄は新幹線の高速運転で首都圏から近鉄沿線への速達性が高まることを利用して名古屋〜伊勢志摩や京都〜奈良・橿原神宮など観光地方面への特急をメインにする方針に転換しました。近鉄特急自慢の高頻度運転と特急同士の接続体制はここから始まりました。そして一時はあきらめかけてきた名阪特急も国鉄の運賃値上げ以降は近鉄にも客が戻り始めて来ていて、名古屋〜難波ではやはり東海道新幹線+大阪メトロ御堂筋線(新大阪乗り換え)の方が所要時間が短いですが、近鉄も快適でゆったりした座席の車両の導入と運賃の安さと三重県や奈良県の途中駅利用などによって乗客も結構乗っているそうです。

近鉄特急には以下の8系統があり、看板の名阪および伊勢志摩方面は停車駅を絞って速達性を重視した「甲特急」と停車駅を多くして便利に利用できるようにした「乙特急」の2つに分かれています。「しまかぜ」は甲乙とは別系統扱いです。

名阪特急:大阪難波〜近鉄名古屋

阪伊特急:大阪難波・大阪上本町〜宇治山田・鳥羽・賢島

名伊特急:近鉄名古屋〜宇治山田・鳥羽・賢島

京伊特急:京都〜賢島

京橿特急:京都〜橿原神宮前

京奈特急:京都〜近鉄奈良

阪奈特急:大阪難波〜近鉄奈良

吉野特急:大阪阿部野橋〜吉野

1枚目と2枚目は30000系「ビスタカー」で、おなじみの2階建て付車両で、ほかの汎用型車両と連結して運用できますが「ビスタカー」2編成連結では運転できません。2階建て車両の1階はセミコンパートメント使用になっています。

3枚目は22000系「ACE」で、連結して運転できる汎用特急車両です。汎用特急車両は今までオレンジと紺のツートンカラーでしたが、現在はオレンジと白のツートンにゴールド帯へ順次変更されています。

4枚目は23000系「伊勢志摩ライナー」で、1994(平成6)年の志摩スペイン村オープンに合わせてデビューし、観光特急にふさわしく4人グループ対応のセミコンパートメント「サロンカー」やJRのグリーン車相当の豪華座席「デラックスカー」もあります。最初は黄色と白のツートンにグレーと水色の帯でしたが、2012(平成24)年から黄色と白のツートンにグレーとオレンジの帯か赤と白のツートンにグレーと水色の帯のどちらかの塗装になりました。同時にロゴマークも新しくなりました。写真は黄色塗装編成です。

5枚目は12200系「新スナックカー」で、1970(昭和45)年の大阪万博開催と鳥羽線開通・志摩線改軌完成による伊勢志摩直通開始でデビューしました。標準軌の近鉄特急では現役最古参で、「スナックカー」の愛称の通りデビュー当初は軽食サービスが実施されていましたが、のちに軽食サービスは中止になりました。

6枚目は12600系で、旧来の近鉄特急スタイルでは最後の車両である一方で、4両2編成だけの少数派でもあります。

近鉄には多彩な特急車両があり、観光客の便利な移動と鉄道ファンの楽しみの両方になっていていいと思います。

近鉄特急2018その1

近鉄特急2018その2

近鉄特急2018その3

近鉄特急2018その4

近鉄特急2018その5

近鉄特急2018その6

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:03 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:03 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ