<< 姫路・好古園の写真です | main | ひまわりは今が見ごろ!淡路ファームパークイングランドの丘の写真です! >>

神戸の観光循環バス「神戸シティー・ループ」の写真です

 

今日はココスで朝食食べてからお台場フジテレビのイベント「THE ODAIBA 2018」に行きました。今回は屋外会場がなくなり社屋会場中心になりましたが、今回も充実していて良いイベントでした。「コード・ブルー」関連の展示がよかったです。お台場の後は池袋の北海道どさんこプラザに行って六花亭を購入しました。

 

今回は兵庫県神戸市の市街地を走る観光循環バス「シティー・ループ」の写真を公開します。

 

「シティー・ループ」は神戸市交通局の子会社である神戸交通振興が運行する観光循環バスで、異人館や神戸市電をイメージしたレトロなデザインの深緑色のバスで運行しています。坂が多い神戸の観光を効率よく回れるようにして観光を活性化することに貢献するために1990(平成2)年に運行を開始しました。

ルートはポートタワーや神戸海洋博物館(カワサキミュージアム)がある中突堤を起点に、ハーバーランド→南京町→旧居留地→三宮駅(JR-A61・HK16・HS32・S03・K01・P01)→北野異人館→布引ハーブ園(新神戸ロープウェイに乗り換え)→新神戸駅(S02)→三宮駅→元町商店街→メリケンパークとまわって中突堤に戻る一方通行ルートですが、コンパクトであるものの坂が多い神戸の観光地を効率よくめぐるのに最適なルート設定になっています。

1日何回でも乗り降りできる上に沿線観光施設での優待サービスも付いた一日乗車券も660円を販売していて、観光スポットめぐりに役に立ちますが、交通ICカードのPiTaPa・ICOCA・Suica・PASMO・Kitaca・toICa・manaca・SUGOCA・nimoca・はやかけんでも1乗車260円で利用できます。

ハーバーランドにある「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」とコラボしたアンパンマンデザインのバスや、神戸が舞台のNHK朝ドラ(芳根京子ちゃん主演でももいろクローバーZの百田夏菜子(でこちゃん)も出ていました)「べっぴんさん」とコラボしたバスもありました。

バス停標識もバスのデザインに合わせた深緑色のレトロなデザインになっています。バス停標識は道路側に停留所名と次の停留所名を大きく表記し、反対側に時刻表や路線図などを表示するようになっていて、阪急バスとデザインが似ていることから阪急バスと同じアルナ輸送機用品製だと思います。アルナ製のバス停標識は「シティー・ループ」や阪急バス以外にも北陸鉄道バスや神奈川中央交通(小田急グループ)の横浜市内を走る11系統などでも使われています。

レトロなバスで、神戸観光をもっと便利にしてほしいです。

神戸シティー・ループ

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 21:07 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:07 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ