<< JR六甲道駅のロープ柵 | main | あわじ花さじきの写真です >>

嵐の新曲と一緒に100回目の高校野球開幕!阪神甲子園駅接近メロディー最新版!

JUGEMテーマ:

 

今日は私の32才の誕生日です!でもお祝いは最小限でした。弟と妹夫妻が来週帰ってくるのでそのときに改めてお祝いする予定です。(ぉぃ)

 

「ミライ☆モンスター」に柔道谷口家の三女が出ていました。以前同番組で長女と次女も紹介していましたが、これからも8人姉妹一緒に仲良くなると同時に世界も目指してほしいです。(ぉぃ)

 

去年春に阪神甲子園駅(HS14)の高校野球限定接近メロディーを紹介していましたが、今日から100回目の高校野球が始まると同時にそのABCテレビ・テレビ朝日の応援歌に嵐の新曲「夏疾風」が起用されその曲が高校野球限定で接近メロディーになっていることから追加して紹介します。

 

野球の聖地甲子園球場は大阪にあると誤解されがちですが、実際は兵庫県西宮市にあり、阪神電車甲子園駅が球場アクセスの要になっていて、野球開催日は阪神電車で臨時電車を運行して大量の観客輸送を効率よくできるようにしています。

その甲子園駅では近年、夏の高校野球開催日にABCテレビ&テレビ朝日の甲子園応援歌・春のセンバツ高校野球開催日に入場行進曲を接近メロディーに起用したのは前の記事で書いた通りです。

前の記事に書いた曲をおさらいすると、2013(平成25)年夏はコブクロの「ダイヤモンド」、2014(平成26)年夏は関ジャニ∞の「オモイダマ」、2015(平成27)年春はディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌で大ヒットしたイディナ・メンゼル(松たか子・May J.)の「Let It Go〜ありのままで〜」、同年夏はSuperflyの「On Your Side」、2016(平成28)年春は西野カナの「もしも運命の人がいるのなら」、同年夏はAKB48の山本彩(さや姉)&横山由依(ゆいはん)センター曲「光と影の日々」、2017(平成29)年春はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌で大ヒットした星野源の「恋」をそれぞれ採用していました。

その後2017(平成29)年夏には高橋優の「虹」、センバツ90回記念となる2018(平成30)年春は今はなき阿久悠と谷村新司が作ったセンバツ大会歌「今ありて」、そして夏の甲子園100回記念の同年夏は前述の通り嵐の「夏疾風」を起用しました。「夏疾風」はゆずの北川悠仁さんが作った曲です。

期間限定メロディーは高校野球開催日に流れますが、開幕日が大雨で中止・延期になった場合でもメロディーの使用は延期せず予定通りの日に使用を開始しているそうです。

センバツ高校野球入場行進曲は開催日の前年に流行した歌を使うのが毎年恒例になっていますが、今年2018(平成30)年はどういうわけか前年のヒット曲を採用せず1993(平成5)年に新しい大会歌として作られて同年の入場行進曲に起用された「今ありて」を起用しました。これはセンバツ90回の節目ということで大会歌をもっと親しんでもらえるようにと選ばれたそうですが、2017(平成29)年に大型ヒット曲がほとんどなかったというのもあると思います。(ぉぃ)

嵐の「夏疾風」は「ミュージックステーション」で甲子園球場からの生出演で披露されましたが、最新の合成技術によって甲子園にいながら六本木のスタジオにいるように見せかける演出もされていました。甲子園に生出演しながら映像を合成させることによってあたかも六本木の生放送スタジオにいるように見せかけるようにできるのはすごい技術ですね。(ぉぃ)

「今ありて」の向谷バージョンは東急線のクリスマス限定ディズニーメロディーみたいな感じで良いアレンジだと思います。

100回目の高校野球、嵐や阪神電車と一緒に盛り上がってほしいです。

=2017夏(高橋優)=

=2018春(今ありて)=

=2018夏(嵐)=

東横ライナー=葉月さくら * 鉄道ネタ * 19:27 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:27 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ