<< 話題の朝ドラ「半分、青い。」のポスター広告です! | main | 乃木坂46の20枚目のシングル「シンクロニシティ」の曲紹介だウボァー! >>

横浜駅や東京都心へ行く電車が分かりやすい大船駅オリジナルの発車標

JUGEMテーマ:鉄道

 

今週のMステでHKT48が新曲「早送りカレンダー」を披露するそうです。今から楽しみです&皆さんも見てください。

 

今回は大船駅(OFN・JT07・JO09・JS09・JK01)の名物でもある10本分の電車を同時に表示できる発車標の写真を公開します。

上は3色LED時代の2006(平成18)年のもので、下がフルカラーLEDになった2018(平成30)年のものです。駅名標の写真も合わせて見てください。

 

大船駅はJR東海道線(上野東京ライン)・横須賀線・湘南新宿ライン・根岸線(京浜東北線・横浜線)と湘南モノレールが発着する神奈川県鎌倉市と横浜市にまたがる大きな駅で、接続路線が多いことから交通の要になっています。

その大船駅の名物ともいえるのが、駅コンコースの10本分の電車を同時に表示できるLED式発車標であり、横浜(YHM・JT05・JO13・JS13)・品川(SGW・JT03・JO17)・東京(TYO・JT01・JO19)・上野(UEN・JU02)・渋谷(SBY・JS19)・新宿(SJK・JS20)・池袋(IKB・JS21)・大宮(OMY・JU07・JS24)・千葉(JO28)方面の電車(根岸線・京浜東北線・横浜線除く)東海道線(上野東京ライン)はオレンジ色(3色LED時代はオレンジ色)湘南新宿ラインは緑色(3色LED時代は赤色)横須賀線は青色(3色LED時代は緑色)特急成田エクスプレスは赤色(3色LED時代は緑色)でそれぞれ発着番線や停車駅も含めて発車時刻順にわかりやすく案内しています。最初は3色LEDでしたが、2016(平成28)年にフルカラーLEDの新型に交換されました。フルカラー化と同時にフォントも見やすいものになりました。

東京都心方面への電車が多い上に複数の系統が存在する大船駅だからこそ、このようなオリジナルの発車標が出来たと思います。

この発車標によって利用しやすい大船駅になれたらいいですね。(ぉぃ)

大船発車標旧

大船発車標新

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:56 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:56 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ