<< Sトレインポスター2018春 | main | 横浜駅や東京都心へ行く電車が分かりやすい大船駅オリジナルの発車標 >>

話題の朝ドラ「半分、青い。」のポスター広告です!

JUGEMテーマ:岐阜県の何でも情報

 

今日の「車あるんですけど・・・?」は北海道スペシャルで、AKB48チーム8北海道の坂口凪沙(なぎ・旭川市出身)が出ていました。絶景とグルメが満載の北海道ドライブ楽しそうでした。来週もやるので楽しみです。

 

そんなわけで今日新横浜駅(JH16・B25)で撮影したNHK朝ドラ「半分、青い。」のポスター広告の写真を公開します。

 

2018(平成30)年春夏のNHK朝ドラは、大物脚本家北川悦吏子書き下ろしの新作で、昭和末期から平成までの岐阜県東美濃と東京都を舞台にして左耳が聞こえない少女が漫画家を目指し最終的には一大発明を実現させるストーリーになっています。地上波の総合テレビでは朝8時に本放送で昼12時45分に再放送ですが、BSプレミアムの場合地上波より30分早い朝7時半に本放送が行われ夜23時半に再放送が行われます、またBSでは土曜朝9時半から1週間分まとめて再放送されます。

そんな今回の朝ドラヒロインは、前作「わろてんか」のヒロイン葵わかなちゃんと同じスターダストプロモーション所属でドラマ「僕たちがやりました」や映画「帝一の國」「ミックス。」や「アイシティ」「カルピスウォーター」「UQモバイル」のCMなどでも活躍した永野芽郁ちゃんです。

また、主題歌はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で大ブレイクした星野源の新曲になっています。

ドラマの舞台である岐阜県東美濃をPRするために、地元ローカル私鉄の明知鉄道でラッピング電車を走らせたりするほか、JR東海もこのようなポスターを作っています。

首都圏や京阪神から東美濃へは東海道新幹線で名古屋駅(CA68・CF00・CJ00)まで行き同駅で中央線特急「しなの」に乗り換えて恵那(CF17)や中津川(CF19)などに行くのが便利です。

ポスターは「半分、青い。」のタイトルにふさわしい青をベースに元気いっぱいの永野芽郁ちゃんがアップで映るものになっています。

一見すると存在感が薄そうな岐阜県ですが、実は歴史ある建物や大自然の宝庫であり、社会現象となったアニメ映画「君の名は。」では岐阜県飛騨をモデルにしたと思われる風景が登場したことで岐阜県は一躍脚光を浴びました。

朝ドラを通じて、岐阜県東美濃の活性化に貢献できたらいいですね。

朝ドラ「半分、青い。」のポスター

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:42 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:42 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ