<< 我らが神奈川代表チーム8小田えりなの歌動画です! | main | 田園都市線と大井町線の新型の行先表示 >>

田園都市線と大井町線の新型車両

JUGEMテーマ:鉄道

 

今日はお台場の肉フェスと池袋東武百貨店の北海道物産展に行きましたが、両方とも混んでいました。池袋では六花亭を大量に買いました。そのあと世田谷代田(OH08)の「小田急環境ルーム」と中央林間(DT27・OE02)の「中央林間東急スクエア」にも行きました。

2021年海老名(OH32・SO18)に「ロマンスカーミュージアム」オープン!歴代小田急ロマンスカーを展示する待望の施設オープンと海老名の著しい発展に期待したいです。(ぉぃ)

 

そんな今日は青葉台(DT20)から溝の口(DT10・OM16)まで田園都市線新型2020系に、溝の口から大井町(OM01)まで大井町線新型6020系に乗車できました。綺麗で明るい雰囲気の車両でよかったです。特に木目調の床がよかったです。

そんなわけで今日は撮影したばかりの2020系&6020系の写真(デジカメで撮影)を公開します。携帯撮影の行先表示も近日公開予定です。

 

東急田園都市線待望の新型車両2020系と、その大井町線バージョン6020系は2018(平成30)年のダイヤ改正で田園都市線と大井町線が増発されるようになったために導入され、将来の8500系・8590系・9000系・2000系の置き換えのために今後も導入される予定です。

「2020系」の形式名は2020年の東京オリンピック・パラリンピックと2022年の東急100周年をイメージして名づけたそうです。

同形式は総合車両製作所(J-TREC)の新型ステンレス車体「Sustina」を採用し、ステンレス車でありながら凹凸がなく美しく滑らかな車体になっているほか、主要機器はJR東日本の山手線新型E235系と共通化しています。ちなみに・・・2020系・6020系と同じフルフラットの「Sustina」車体はほかにも京王電鉄の有料座席指定特急「京王ライナー」で使われている5000系でも使われているほか、都営地下鉄浅草線待望の新型で京急線快特や京成成田スカイアクセスのアクセス特急での最高速度120km運転にも対応した5500形でも採用されていますが、都営5500形は誘導障害があったらしく試運転や営業開始が遅れているみたいです。

今回導入されたのは2020系10両3編成と6020系7両2編成で、2020系第1編成と6020系2編成はJ-TREC横浜工場で、2020系第2・第3編成は同新津工場で製造されました。

同車両は10両(田園都市線・東横線Fライナー特急)・8両(東横線各停)・7両(大井町線急行)・6両(目黒線)・5両(大井町線各停)の各編成に対応できるように独立電動車方式になっているほか、床下機器もそれに対応できる組成になっています。

丸みを帯びた柔らかい感じの先頭デザインとこれまでにない斬新なカラーパターンが特徴で、このデザインは東急系商業施設のデザインも担当した丹青社がデザインしたそうです。

2020系はドア上の2画面だけでなく、座席上にも3画面の液晶ディスプレイを設置しデジタル広告配信にも対応していますが、6020系は座席上の液晶ディスプレイはありません。

2020系は東京メトロ半蔵門線や東武スカイツリーラインへの直通に対応した仕様になっていますが、現在は東武乗り入れなし(サークルK)での運用で、8500系の一部や8590系や2000系と同じサークルK表示が付いています。

2020系や6020系の行先表示は駅ナンバリング表示もできるようになっていて、6020系は複々線区間や田園都市線直通時に区別しやすくするためか行先表示もオレンジ色になっています。

大井町線の6020系は今年冬に1両を東武鉄道の「TJライナー」の50090系や西武鉄道の「Sトレイン」「拝島ライナー」の40000系や京王電鉄の「京王ライナー」の5000系などと同じ座席転換車両に差し替えて有料座席指定サービスを平日夕方の大井町発長津田(DT22)行き急行電車限定で開始する予定です。サービスの詳細や座席転換車両の連結位置など今から気になります。(ぉぃ)

捨身は両方とも溝の口で撮影したもので、2形式で異なるデビュー記念のヘッドマークがついた写真は今後貴重になると思います。(ぉぃ)

新型車両でのイメージアップに期待するとともに、今後の増備にも期待したいです。

新型田園都市線

新型大井町線

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:12 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:12 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ