<< 東京23区唯一の渓谷の等々力渓谷のポスターです | main | 「各停」から「各駅停車」に表示を変更した小田急電車(多分)最終回 >>

東京メトロ8000系3色LEDの「各停」表示撮影しました♪

JUGEMテーマ:鉄道

 

STU48の船上劇場ついにこの夏オープン!結成したのに劇場がなくて苦しんでいたSTU48にとって待望の本拠地は彼女たちも大喜びだと思います。続報待っています。(ぉぃ)

 

これまで「各停」表示を始めた東急田園都市線の電車の写真を公開していましたが、今回は多分これで最後になるんじゃないかと思う東京メトロ8000系(3色LED車両)の写真を公開します。

=バックナンバー=

東急8500系

東急5000系(東急線)

東急5000系(メトロ線)

東京メトロ08系

東武50050系

 

東急田園都市線では新型2020系導入にともなってか、去年秋ごろから今まで無表示だった各駅停車の電車への「各停」(メトロ線内は「各駅停車」表示になる車両もある)表示を順次開始し、イメージが変わっています。

8000系の側面LEDはサイズが小さいためか、やや窮屈です。

そんな8000系は一時期だけ、東西線で運行していたことがありました。1987(昭和62)年の東西線では利用客急増に備えて10両編成への増強を進めていましたが、当時はチョッパ制御車両の増備が進んでいた一方で当時東西線で運行していた5000系は旧世代の抵抗制御車であり、かといって次世代車両の05系のデビューにはまだ時間がかかる見込みだったため、05系までのつなぎとして半蔵門線の半蔵門(Z05)〜三越前(Z09)延伸開業用の車両の一部を前倒しで東西線に投入しました。しかし本来は半蔵門線用のため、ラインカラーは紫のままで投入し、誤乗防止のためにドア上に青色の「東西線」ステッカーを貼付したほか、運転台や連結器や保安装置もJR仕様にしました。当初は車内冷房解禁前だったため冷房準備車で落成しましたが、東西線時代に冷房が設置され東西線初の冷房車になりました。東西線だけでなくJR総武線の三鷹(JB01)や津田沼(JB33)にも乗り入れていました。1989(平成元)年には05系がデビューするとともに半蔵門線が延伸したため、東西線での役目を終えて当初の予定である半蔵門線に転属し、運転台や連結器や保安装置も本来の東急仕様に改造しました。

2020年には半蔵門線に新型車両(18000系?)が登場するみたいですが、これによって8000系がどうなるのか気になります。(ぉぃ)

メトロ8000系は長年田園都市線を利用してきた私にとって東急8500系同様慣れ親しんだ車両であり、今でも通勤でよく乗っています。私が通勤でよく使う電車は行きの各停・帰りの準急ともにメトロ運用ですが、東急8500系や東武50050系などで代走する場合もあります。田園都市線は本来の運用とは違った会社の車両での代走も結構あります。(ぉぃ)

東急8500系とともに田園都市線で長く親しまれているメトロ8000系、これからも末永い活躍祈っています。(ぉぃ)

半蔵門線3色各停1

半蔵門線3色各停2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:33 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:33 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ