<< 4色ドアの東急田園都市線電車 | main | しんちゃん映画の主題歌!ももクロ4人体制初のシングル「笑‐笑〜シャオイーシャオ!〜」の曲紹介をするんだZ! >>

小田急バスの「きゅんた」ラッピングバス

JUGEMテーマ:路線バス

 

今日の「めざましテレビ」の「イマドキ」コーナーに史上初の双子イマドキガール鈴木みなちゃん&まりあちゃんが初登場しました。みなまりには双子ならではのこれまでにないリポートを期待したいです。(ぉぃ)

 

今回は小田急バスのキャラクター「きゅんた」がデザインされた小田急バスのラッピングバスの写真を公開します。この写真は新百合ヶ丘(OH23)駅前で撮影しました。

 

小田急バスはその名の通り小田急グループのバス会社ですが、国際興業の系列だったものの経営難になっていた武蔵野乗合自動車を買収して開業したため小田急沿線ではない吉祥寺(JC11・JB02・IN17)などにも路線を持っている一方で小田急沿線でも鶴川(OH25)から先には路線がなく鶴川から先のバスは同じ小田急グループの神奈川中央交通・江ノ電バス・箱根登山バスなどが担当しています。

小田急バスの標準カラーは赤と白のツートンで、これはグループ会社の立川バスも同じですが小田急バスと立川バスはタイヤホイールの色や前面の塗りわけが少し異なります。また秋田県の羽後交通や北海道のてんてつバスも小田急バスに酷似した塗装ですが、羽後交通やてんてつバスは小田急グループと無関係です。

そんな小田急バスでは、創業時から初期のローカル路線バスや空港高速バスなどの車体側面に設置された銀色の犬マークがシンボルになっていましたが、犬マーク誕生から60年以上経過した2012(平成24)年に犬をモチーフにした新しいマスコットキャラクター「きゅんた」が誕生し、さまざまな形で小田急バスのシンボルになっています。

「きゅんた」は人に温かく迎えられるとともに優しく従順に従ってくれるという犬をイメージしたキャラクターで、犬マークもこれと似たコンセプトで設定されたそうです。

「きゅんた」のラッピングバスは子会社の小田急シティバスに移管された上に中型車しか在籍しない若林(世田谷)以外の5営業所に在籍し、それぞれでデザインや色が異なっています。写真は登戸配置の車両で、新百合ヶ丘駅を中心に活躍しています。小田急バスは全路線車両がノンステップバスになったほか、最近の新車は系統ごとに色分けできるオージ製フルカラーLED行先表示器を搭載しています。

登戸と同じく川崎北部の路線を管轄する町田では水色の車両が走っています。小田急バスの町田営業所は同じ小田急グループの神奈川中央交通の営業所に隣接していますが、車庫周辺の路線バスは神奈中のみで小田急バスはすべて回送で入出庫します。

小田急バスはこれからも犬みたいに親しまれるバスであってほしいです。

きゅんた小田急バス

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:45 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:45 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ