<< もうすぐ完成!小田急複々線化ポスター | main | 小田急多摩線延伸案を考えてみた >>

「マツコの知らない世界」で話題に!スイッチバックまで再現した箱根登山鉄道のプラレールです!

JUGEMテーマ:箱根

 

AKB48の加藤玲奈(かとれな)が写真集を出すそうです。去年絶好調だった乃木坂46メンバーの写真集に負けないくらい売れてほしいです。(ぉぃ)

現在「東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた」を放送しています。首都圏在住者(私も横浜市民です)にとって身近な東京湾でも稀少生物やお宝が満載ですね。大家志津香(しーちゃん)も出ていました。

 

今回は先日の「マツコの知らない世界」で話題になった、電車のおもちゃ「プラレール」で箱根登山鉄道をスイッチバックまで再現した動画を貼り付けます。

 

プラレールはご存知の通りタカラトミーが発売している子供向けの電車のおもちゃで、1958(昭和33)年に発売を開始し今年で60周年を迎える歴史あるおもちゃで、「青いレールとコンパクトにデフォルメされた3両編成の電車」という基本スタイルは発売時から不変です。最近では新型車両の登場に合わせて製品化したり、懐かしの電車を製品化するなど大人でも楽しめる製品に進化しています。また、鉄道をモチーフにした子供向けアニメ「きかんしゃトーマス」「チャギントン」とのコラボ製品や、プラレールをモチーフにしたアニメ「超特急ヒカリアン」「新幹線変形ロボ シンカリオン」を展開するなど、多様な商品展開もすることでロングセラーに貢献しています。

そんなプラレールを使って本物の鉄道路線を再現する人もいて、「タモリ倶楽部」ではJR山手線を再現する企画が2週にわたって放送され、そして「マツコの知らない世界」では箱根登山鉄道を再現した人が登場しました。

今回紹介する動画は、箱根登山鉄道の箱根湯本(OH51)〜強羅(OH57)を再現したもので、名物の80パーミルの急こう配や3か所のスイッチバック(出山信号所、大平台駅(OH53)、上大平台信号所)や早川橋梁(出山の鉄橋)も再現しています。

そのリアルな登山電車のレイアウトを箱根登山電車の旧型車両モハ1形(小田急ロマンスカー風塗装と青とクリームのツートン塗装の連結)が走る内容になっています。大平台駅では車両交換もします。

箱根登山電車は私も2008(平成20)年と2017(平成29)年に乗車しましたが、プラレールを使ってここまで再現できるのはすごいです。(ぉぃ)

私も子供のころはプラレールでよく遊んでいましたが、今のプラレールはここまで進化していて驚きました。(ぉぃ)

プラレールはこれからも子供も大人も楽しめる製品になってほしいです。(ぉぃ)

東横ライナー=葉月さくら * 鉄道ネタ * 20:30 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:30 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ