<< フルカラーLEDの小田急バス第2弾 | main | いよいよ7両編成に増結開始される大井町線急行電車のポスター >>

祝!横浜DeNA日本シリーズ出場!JR関内駅のベイスターズ発車メロディーです!

JUGEMテーマ:横浜DeNAベイスターズ

 

「ハロウィン音楽祭」ではAKB48メンバーのコスプレが今回も良かったです。「AKBINGO!」でもハロウィンコスプレしていました。

ドラフト会議で清宮くんは北海道日本ハムが引き当てました!新天地でもエースになれたらいいですね。(ぉぃ)

 

今日からプロ野球日本シリーズ開始。我らが横浜DeNAベイスターズが3位からのクライマックス勝ち上がりで19年ぶりの日本シリーズ出場!相手は強敵ソフトバンクですががんばってほしいです。

そんなわけで、今回はJR京浜東北線関内駅(JK10)の横浜DeNA応援歌「熱き星たちよ」の発車メロディーを紹介します。

横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅(B17)横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅(MM05)も合わせて見てください。

 

横浜DeNAベイスターズはもともと大洋漁業(現マルハニチロ)の球団「大洋ホエールズ」として開設され、最初は山口県下関市を拠点にしていましたが、のちに大阪府大阪市→神奈川県川崎市と本拠地移転を行い1978(昭和53)年からは現在の神奈川県横浜市拠点になり、同時にマルハだけでなくニッポン放送やTBSも資本参加するようになりました。そして1993(平成5)年には地域密着を目指して球団名を「横浜ベイスターズ」に変更し、1998(平成10)年には日本シリーズに出場し同時に西武ライオンズを打ち破って日本一になりました。そして2002(平成14)年にはマルハが経営悪化したためニッポン放送に売却する予定でしたが、当時のニッポン放送の親会社だったフジテレビが東京ヤクルトスワローズの株を保有していたことで野球規約に違反することから結局TBSに売却しました。しかしTBSが親会社になってからは成績低迷が続き、「万年最下位球団」と言われるようになりました。その後成績低迷が続いたことに加え親会社のTBSもテレビ視聴率不振が続き経営が苦しくなったため、2010(平成22)年には住生活グループ(現LIXIL)に売却する方針を固めましたが、LIXIL側は新潟県新潟市への本拠地移転を主張していたため横浜残留を望むファンから猛反発され結局売却交渉は決裂しました。翌2011(平成23)年には携帯電話向けのSNS&アプリを運営するDeNAへの売却交渉を行い、同社が横浜残留に理解あったことから売却交渉が成立し、翌2012(平成24)年から「横浜DeNAベイスターズ」として再出発しました。DeNAになってからはネット配信中継に積極的に取り組んだり、地元横浜市の小学生にグッズを配布したり、イベントを充実させるなど集客増に努めましたが、中畑清監督時代は相変わらず低迷が続いていました。しかし2016(平成28)年にアレックス・ラミレスが新監督に就任すると一転し、同年でレギュラーシーズン3位になり史上初のクライマックスシリーズ出場の快挙も達成し、ファーストステージで2位巨人に打ち勝ち、1位の広島カープとファイナルステージで対決しましたが残念ながらここで敗退してしまいました。そして今年は2年連続クライマックスシリーズ出場を実現し、ファーストステージの2位阪神タイガースに勝ちそのままファイナルステージの1位広島カープにも勝って19年ぶりの日本シリーズ出場を実現しました。

そんな横浜DeNAでは、球団名変更像時から「熱き星たちよ」を応援歌として使っています。同曲は2011(平成23)年から京浜東北線関内駅、2012(平成24)年からブルーライン関内駅、2013(平成25)年からみなとみらい線日本大通り駅でそれぞれ発車メロディーとして使用開始しました。

関内駅は横浜駅西口や新横浜などと並ぶ横浜を代表する繁華街にある駅で、横浜DeNAの本拠地横浜スタジアムの最寄り駅だけでなく横浜市役所や神奈川県庁などの最寄り駅でもあります。日本大通り駅も関内駅同様横浜スタジアムや神奈川県庁の最寄り駅です。

「熱き星たちよ」のメロディーは3駅でそれぞれ異なっています。

横浜DeNAは日本シリーズで強敵ソフトバンク相手に健闘してほしいです。そして来年こそは2位以上になって横浜スタジアムでのクライマックスシリーズを実現してほしいです。

東横ライナー=葉月さくら * 鉄道ネタ * 20:57 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:57 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ