<< 金沢・兼六園の写真です | main | 北陸線特急「サンダーバード」&「しらさぎ」 >>

2017年10月限定!東横線日吉駅の慶応大学発車メロディー

JUGEMテーマ:慶応義塾大学

 

昨日のMステ2時間スペシャルでは乃木坂46がなぎなたの袴で歌っていたほか、AKB48の初期の握手会映像も流れていました。AKB握手会はもともと劇場公演の機材トラブルをきっかけに始めたことを放送していました。

NMB48の研究生が全員正規メンバーに昇格するそうです。正規メンバー昇格後もがんばってほしいです。(ぉぃ)

東急大井町線の急行7両増結を来月11月から来年3月までの間に順次行い、来年3月には朝の急行と昼の各停を増発し急行電車に新車両を投入するそうです。大井町線は自由が丘やお台場へ行くのに便利な上に、リニア中央新幹線のターミナル品川駅にも行きやすいのでこれからも利用者が増えそうです。大井町線の新車両6020系は個性的なデザインの6000系とは違い、田園都市線新型2020系の緑帯をオレンジに変えたような感じでした。

今やっているめちゃイケスペシャルではSMAPやEXILEなどとコラボした岡村オファー企画の20周年記念スペシャルをやっています。今回は過去最高難易度ダンスの三浦大知です。47才の岡村さんがハードなダンスに挑戦するなんてすごいですね。(ぉぃ)

 

というわけで今回は東急東横線日吉駅(TY13)の2017(平成29)年10月限定の慶應義塾大学の応援歌「若き血」の発車メロディーを紹介します。慶応は私のお父さんの出身校です。

 

慶応義塾大学は福沢諭吉が開校した学校をルーツにした160年近くもの歴史を誇る日本を代表する私立大学で、嵐の櫻井くんや石坂浩二やmiwaや立石諒や平井理央や紺野あさ美や池上彰や池井戸潤やミッツ・マングローブやオリエンタルラジオの中田さんなど有名人も多数卒業する誇りある大学です。小説&映画「ビリギャル」の舞台にもなりました。前神奈川県知事で希望の党(前はみんなの党→次世代の党→無所属だった)参議院議員の松沢成文さんも慶応出身です。

その一方で日吉駅は神奈川県横浜市港北区にある東急東横線&目黒線と横浜市営地下鉄グリーンラインの接続駅で、駅前は東口は慶応のキャンバスがあり、西口は商店街と住宅街が広がっていて、Fライナー特急は停車しないものの通勤特急と急行が停車し学生や乗り換え客など多くの人でにぎわっています。駅上には東急百貨店系列のショッピングビルがあります。現在日吉から新横浜・相鉄方面への新線の建設を行っていて、工事現場がホームから見えます。

そんな慶応大学は、東急東横線の開通に合わせて神奈川県横浜市日吉に新キャンバスが建設され、大学の郊外移転の先駆けになりました。

そして、今年2017(平成29)年は東横線開業と慶応大学応援歌「若き血」の誕生がちょうど両方とも90周年だったので、東急電鉄と慶応大学およびその同窓会が慶応の大規模同窓会が開催される10月限定で「若き血」を日吉駅の発車メロディーにすることにしました。

そんな「若き血」は慶応大学およびその付属校が野球などのスポーツを応援する応援歌として1927(昭和2)年に制作・発表され、大学野球をはじめとして様々なスポーツを応援する歌として長年親しまれていて、携帯電話の着メロとしてダウンロードもできます。

横浜(TY21・MM01)、元町・中華街(MM06)方面のメロディーは「若き血に燃ゆる者」の部分を、渋谷(TY01・F16)、和光市(F01・TJ11)、森林公園(TJ30)、飯能(SI26)方面のメロディーは「陸の王者慶応」の部分を使っているそうです。1ヶ月限定なのがもったいないくらいの出来でした。

東横線90周年企画ではほかにも各停などで使っている5000系電車にかつて東横線の急行電車などで活躍し最近まで熊本電鉄で現役だった「青ガエル」旧5000系をイメージした緑色のラッピングを貼り付けたり、デビュー曲かつ同グループの代表曲「サイレントマジョリティー」のプロモを旧渋谷駅で撮影し正規メンバーの人数が東横線の駅と同じ21人のアイドルグループ「欅坂46」とのコラボをするなど様々な企画をやっています。また、東横線だけでなく池上線も開業90周年を迎えていて、今年10月9日限定で無料乗車キャンペーンを実施したところ電車が大混雑で遅延するくらい大好評だったそうです。

素晴らしいメロディーが聴けるのは今月いっぱいなので、皆さんお早目にチェックしてください。

東横ライナー=葉月さくら * 鉄道ネタ * 20:28 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:28 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ