<< SKE48メンバー紹介・小畑優奈編 | main | 箱根登山バスの写真です >>

外国人にも人気!話題の小田原城の写真です!

JUGEMテーマ:箱根

 

AKB48の横山由依(ゆいはん)と山本彩(さや姉)と宮脇咲良(さくらたん)がじゃんけん大会でユニットを組むそうです。どんな衣装なのか楽しみです。(ぉぃ)

チーム8メンバーがインスタグラム&755を開始したそうです。SNSを通してさらに人気になったらいいですね。(ぉぃ)

 

今回は近年人気の小田原城の写真を公開します。

 

小田原城は現在の神奈川県小田原市に建設された城で、戦国時代の北条氏の本拠地や江戸時代の小田原藩の藩庁としても有名です。

幕府に対抗して箱根の関所を守るために現小田原市街地全体を覆うような巨大な城郭を持っていました。

江戸時代の小田原は東海道の宿場町として栄えましたが、明治になると東海道線が御殿場経由で建設されたため小田原は衰退してしまいました。その後国府津から小田原を経由して箱根湯本まで小田原電気鉄道(現在の箱根登山鉄道)の路面電車が開通しましたがにぎわいは戻りませんでした。しかし東海道線の熱海経由のバイパスルートの開通と小田急線の開業によって小田原は見事に復活しました。

現在の小田原は城下町としての雰囲気を残す一方で、国際観光地箱根の玄関口としてにぎわっています。

この小田原城天守閣は2016(平成28)年に修復工事が終わり美しい姿になってよみがえりました。オープン1年強で来場者は100万人を突破しました。昨年度は全国の城郭で7番目に多く入場していました。

小田原駅は東海道線や新幹線や小田急線などの小田原駅から徒歩10分程度で、箱根観光のついでにも寄りやすいです。箱根観光客に人気の「箱根フリーパス」は小田原駅(OH47)から乗り降り自由区間になるので箱根に宿泊して箱根の乗り物・史跡・温泉・美術館・自然などを巡る旅の中に小田原城を入れる人も多いです。

小田原駅そばには、風祭(OH49)駅前に本社・本店を持つ小田原を代表するかまぼこ会社「鈴廣」の新業態でかまぼこと同じ生地の新感覚たこ焼き「ふわっプリ たこ右衛門」があり注目を集めています。同店は「ぶらぶらサタデー」でタカアンドトシと温水洋一が訪問して食べていました。私も食べましたが美味しかったです。鈴廣が作った地ビール「箱根ビール」も同店で扱っています。

小田原城の天守閣はほかの全国の城郭同様に博物館になっていて、最上階ももちろん展望台になっています。展望台からは小田原駅とJR九州などでおなじみ水戸岡鋭治デザインの伊豆急の新型観光列車「ロイヤルエクスプレス」や相模湾や伊豆半島などが眺めますが、残念ながら私が来た日に富士山は見えませんでした・・・orz

城やかまぼこで有名な小田原ですが、実はお菓子のういろう発祥の地でもあります。

小田原は、これからも多くの人に来てほしいです。

小田原城

小田原城からの小田原駅

小田原城からの伊豆

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 21:38 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:38 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ