鶴岡八幡宮の大イチョウ、2020年になってどうなった?

JUGEMテーマ:鎌倉

 

東急田園都市線の2020系の増備が進んでいます。2020系には総合車両製作所の横浜工場製と同新津工場製の2つがありますが(3020系・6020系は全編成横浜工場製)、今回落成したのは新津工場製の編成です。長年慣れ親しんだ8500系が減ってしまうのは残念ですが2020系も田園都市線に定着してきました。(ぉぃ)

昨日九州の観光列車のテレビ番組放送されていました。観光列車では全国に先駆けている九州の鉄道、魅力的な観光列車は乗ってみたいのばかりです。(ぉぃ)

台風被害からの復旧が進んでいる三陸鉄道の車両が特別企画でIGRいわて銀河鉄道を走ったそうです。震災からも台風からもよみがえった三陸鉄道をPR・応援しようと鉄道会社の垣根を越えたコラボが実施されました。復旧への期待がかかるとともに鉄道会社の垣根を越えたコラボはもっとやってほしいです。(ぉぃ)

 

鎌倉の鶴岡八幡宮のシンボルの大イチョウの木、過去3回(2011(平成23)年9月2014(平成26)年2月2018(平成30)年10月)にわたって復活の記録を書いてきましたが、今回はオリンピックイヤーである2020(令和2)年2月版を公開します。

 

鎌倉を代表する観光地鶴岡八幡宮には樹齢1000年ともいわれている大イチョウの木があり、八幡宮のシンボルになっていましたが、2010(平成22)年に雪交じりの強風によって倒れてしまいました。

しかし倒れた根元から新芽が出てきて、その中でも状態がいいのを苗木にして、少しずつではあるものの確実に成長しています。

倒れてから10年、令和への改元と東京オリンピック・パラリンピック開催というめでたい年になってちゃんとした木になっていました。

そもそも私が鶴岡八幡宮に不定期ではあるものの何回も行く理由は、この大イチョウの木の復活を見るためであります。今回は東京オリンピック・パラリンピックの成功と令和元年台風(15号・19号・21号)の被災地の復興とオーストラリアの森林火災からの再生と横浜に停泊中の豪華客船「ダイヤモンドプリンセス」の船内でも集団感染が起きた中国の新型コロナウィルスの終息や船に閉じ込められた客の解放を祈願するという目的でも来ました。

鶴岡八幡宮に行くときは必ず江ノ電に乗って、「鎌倉まめや」の豆菓子を買ってきます。鎌倉にはレンタル着物屋さんも多いですが、私が訪問するたびに着物で街歩きしている女の子が増えている気がします。(ぉぃ)

強風被害から10年で立派に復活し始めた鶴岡八幡宮の大イチョウ、10年後・20年後どうなっているのか楽しみです。

鶴岡八幡宮の大イチョウの木2020年その1

鶴岡八幡宮の大イチョウの木2020年その2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:18 * comments(0) * - * pookmark

個性的なカラーリングの江ノ電情報発信トレイン

JUGEMテーマ:鉄道

 

横浜市中央図書館では以前書いたMICEの本だけでなく、未完成鉄道の本も借りました。「大新宿駅構想」などのとんでもない鉄道計画が多数出ていました。面白い本なのでしっかり読んでおきたいです。(ぉぃ)

京成バスが新しく運行する「東京BRT」の詳細が発表されました。東京湾岸地区は開発が進み人口が増加し続けているものの、交通利便性は良いといえず、今回のBRT開業が湾岸地区の利便性を高めてさらなる発展に期待できそうです。車両は燃料電池(水素)バスやハイブリッド連節バスを導入予定ですが、カラフルなカラーリングで魅力的でした。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は江ノ電(小田急グループ)で「情報発信トレイン」に乗ったのでこの写真を公開します。

 

江ノ電は道路の上・海沿い・路地裏などを走行する多彩な風景や鎌倉高校前駅(EN08)近くの「スラムダンクの踏切」などが人気を集めていますが、レトロ可愛い上に多彩なラインアップの電車も魅力の一つです。

その中でも今回乗った「情報発信トレイン」は江ノ島の植物の四季をイメージしたカラフルなボーダー柄の見た目が目を引きます。

遠くから見ると江ノ電伝統の緑とクリームのツートンにも見えますが、よく見るといろいろな色の横じまが組み合わさっています。

車内も江ノ電沿線の美しい風景や魅力の写真を掲示しています。

いつ乗っても何回乗っても魅力的な江ノ電、江ノ島でヨット競技が開催される東京2020大会を機にもっと江ノ電が世界中に広まってほしいです。

江ノ電情報発信トレイン1

江ノ電情報発信トレイン2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:42 * comments(0) * - * pookmark

ついに系統番号が付いた江ノ電バス

JUGEMテーマ:路線バス

 

今週末は藤沢市で市長選挙が行われます。今年2020(令和2)年は東京都知事選が行われる予定で、衆議院解散の話も出ていますが、市長選も先々週の京都市・先週の前橋市と相変わらず面白い選挙が出ています(両市とも現職が当選しました)。今回の藤沢市長選挙には自民党出身だが立憲民主党の衆議院議員も支援している現職・維新の党出身の新人(衆議院議員時代は横浜市内の選挙区選出)・共産党系の新人の3人が出ます。NHKから国民を守る党の党首(元葛飾区議会議員&参議院議員(比例選出))も出る話もありましたが参議院埼玉補選・海老名市長選・小金井市長選などでの惨敗(埼玉補選は元県知事の新人・海老名市と小金井市は両方現職が当選)や衆議院静岡補選専念のためか京都市長同様出ませんでした。藤沢市長選は全国屈指の投票率が低い選挙ですが、今回の候補者見ると面白そうです。私は横浜市民なので藤沢市長選挙に投票できませんが、江ノ島や小田急線の駅前で選挙ポスターが掲示してありました。藤沢市に住んでいる18才以上の皆さん2月16日は市長選挙行ってください!当日用事があって投票に行けない場合は期日前投票を!

江の島・鎌倉・横浜港の帰りに横浜市中央図書館でMICEビジネスの本借りました。オリンピック・万博などのイベントが世界中から人に集める原動力になることや、日本は世界中に比べると国際見本市などの施設が足りないことなどが書いてありましたが、中でもいろいろと話題のIR(カジノ)のことが面白かったです。シンガポールやマカオやアメリカのラスベガスでの成功例を強調する一方で韓国などでの失敗例については触れず、IRの素晴らしさを積極的に訴えていました。IRといえば東急田園都市線の2020系電車の車内ディスプレイではマカオなどでIRを展開しているメルコリゾーツのCMが流れていましたが、カジノを強調せず豪華なホテルやレストランや展望プールといったところを強調したVTRになっていたのは横浜市民(主に青葉区・緑区・都筑区)にIRを理解してもらいたいというメッセージともいえます。去年のラグビーワールドカップや今年の東京オリンピック・パラリンピックや2025(令和7)年開催予定の大阪万博のような大型イベントだけでなく、国際見本市施設の充実や横浜・大阪・長崎などでのIR開業が世界中から人が集まる日本になれると信じています。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は鎌倉で見た江ノ電バスに系統番号が表示されるようになったので、この写真を公開してみます。系統番号部分が見にくくなってしまいましたが・・・orz

 

小田急グループの江ノ電バスは長年にわたってほかのバス会社で当たり前の系統番号を使っていなかったですが(同じ小田急グループの神奈川中央交通と共同運行している路線では神奈中と同じ系統番号を使用)、2019(令和元)年12月にようやく系統番号を導入しました。

江ノ電バスの系統番号の特徴は、東京オリンピック・パラリンピックで訪日外国人が増えることへの対策なのかこれまでの首都圏のバスの多くが採用している「漢字(ひらがなやカタカナの場合あり)+数字」でも横浜市営バス(と市営との共同運行か市営から移管された民営バス(東急バスなど例外あり))や地方のバスの多くで採用している「数字のみ」の番号ではなく、「アルファベット+数字」の番号を採用していることです。

系統番号のアルファベット部分は発着する鉄道駅を意味していて、数字部分は主要路線が一桁数字である一方で主要路線の区間系統や枝分かれ路線は主要路線の数字を10の位にした二桁数字にしています。

アルファベットと鉄道駅の対応表は、以下の通りです。

戸塚駅(TTK・JT06・JO10・JS10・B06):T

大船駅(OFN・JT07・JO09・JS09・JK01・SMR1):N

藤沢駅(JT08・OE13・EN01):F

辻堂駅(JT09):J

磯子駅(JK06):S

洋光台駅(JK04):D

本郷台駅(JK02):H

鎌倉駅(JO07・JS07・EN15):K

上大岡駅(KK44・B11):A

七里ヶ浜駅(EN09):C

ちなみに・・・神奈中と共同運行の路線は引き続き神奈中仕様の系統番号を使っています。

アルファベット+数字の系統番号は他社と重複しない上に、外国人にもわかりやすいので後発だからできる考え方といえます。なんだか鉄道駅ナンバリングや高速道路ナンバリングみたいですが・・・(ぉぃ)

このバスには「F11」の系統番号が表示されていますが、この路線は藤沢駅から手広地区と鎌倉大仏(高徳院)を経由して鎌倉駅に向かう路線です。

系統番号付きになった江ノ電バスが、世界中から江の島・鎌倉に来る人にもわかりやすく利用できたらいいですね。

系統番号付き江ノ電バス

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:47 * comments(0) * - * pookmark

横浜の観光と船旅の新しい足「ピアライン」

JUGEMテーマ:路線バス

 

今日は江ノ島神社と鎌倉の鶴岡八幡宮と横浜の新施設「横浜ハンマーヘッド」に行きました。横浜ハンマーヘッドからは横浜ベイブリッジの下からは鶴見区の大黒ふ頭に止まっている新型コロナウィルスの感染拡大によって乗客が封じ込められたままの豪華客船「ダイヤモンドプリンセス」が見えました。船の乗客の1日でも早い回復と自由を祈っています。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は横浜ハンマーヘッドから桜木町駅(JK11・B18)まで乗った横浜市営バスの新しい路線「ピアライン」の写真を公開します。

 

「ピアライン」は桜木町駅や馬車道駅(MM04)からう横浜ハンマーヘッドや横浜赤レンガ倉庫などがあるみなとみらい新港地区を結ぶ横浜市営バスの新路線で、朝夕は桜木町駅とハンマーヘッドの往復で、昼間は桜木町駅→ハンマーヘッド→大さん橋国際客船ターミナル→神奈川県庁→桜木町の循環系統として運転します。運転間隔は基本的に20分間隔で、朝夕は本数が増えます。バスの運賃は大人220円で、交通ICカードPASMO・Suica・Kitaca・toICa・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけんや横浜観光フリー乗車券「みなとぶらりチケットワイド」「相鉄発みなとぶらりチケット」や横浜市の敬老パスなどでも乗車できます。同系統は2019(令和元)年10月の「横浜ハンマーヘッド」オープンと同時に運転開始しました。

車両は横浜の海と空をイメージした青色ドットの専用車両が使われているほか、神奈川県内初の燃料電池(水素)バスも運転されています。燃料電池バスの行き先表示はフルカラーLED表示器(都営バスや臨港バス(京急グループ)などでも採用されているオージ製の側面フルドットタイプ)を採用しています。

「ピアライン」は系統番号を表示していませんが、内部上は「281系統」という系統番号が設定されているようです。

このバスは先に登場した「あかいくつ」「ぶらり横浜SAN路線」同様に横浜の観光に便利なだけでなく、クルーズ船ターミナルに直接アクセスできて、車内からは横浜ならではの風景を楽しむこともできます。「ピアライン」沿線にはホテルも多いので横浜に宿泊する人にも便利です。

その「ピアライン」に続いて、今年2020(令和2)年6月には横浜初の連節バス「ベイサイドブルー」も登場します。連節バスはすでに京成バスや神奈川中央交通(小田急グループ)や西鉄バスなどでも運転していますが、「ベイサイドブルー」の車両は史上初となる国産連節バスになっています。輸送力が高い連節バスは少ない運転手で多くの客を運べる効率よい輸送機関なので期待大です。

同路線のルートは横浜駅(YHM・JT05・JO13・JS13・JK12・TY21・MM01・KK37・SO01・B20)からパシフィコ横浜〜横浜ハンマーヘッド〜赤レンガ倉庫〜大さん橋国際客船ターミナル〜横濱中華街を経由して山下ふ頭に至るルートで運行され、先述の横浜市営バス各路線同様に横浜観光に便利な路線になるほか、山下ふ頭にIR(カジノ)ができた場合は同施設へのアクセス路線にもなるので期待度が高くなっています。

その「ベイサイドブルー」の車両は横浜の海をイメージしたブルーのカラーリングになっていますが、何となく「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマ・ネイビーブルー)」の相鉄電車みたいでした。(ぉぃ)

「ピアライン」と「ベイサイドブルー」の2つの新しいバス、横浜の観光客にも横浜港を利用するクルーズ客にも愛用されてほしいです。(ぉぃ)

横浜ピアライン

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:28 * comments(0) * - * pookmark

千葉内陸バスの写真

JUGEMテーマ:路線バス

 

今年も売ります「青春18きっぷ」。期間限定ではあるものの全国のJRの普通電車に加えて宮島フェリーやBRTも利用可能で年齢を問わず人気の「青春18きっぷ」、大好評の「北海道新幹線オプション券」ももちろん発売します。皆さんも「青春18きっぷ」でのんびり鉄道旅はいかがですか?(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は千葉駅(JO28・JB39・CM03)前で撮影した千葉内陸バスの写真を公開します。

 

千葉内陸バスは千葉県の千葉市・四街道市・八千代市・佐倉市の4市にまたがって運行している京成グループのバス会社で、千葉駅から北のJR総武本線・成田線沿線のニュータウン開発とその輸送のために開業しました。

千葉内陸バスの系統番号は首都圏では珍しい「アルファベット1文字+数字2桁」の組み合わせになっています。(一部は首都圏の多くのバス会社で使われている「漢字+数字」の系統もあり)

京成グループのバス会社は千葉内陸バスだけでなく、京成バス千葉中央バス、千葉交通、京成タウンバス京成トランジットバス東京ベイシティ交通千葉海浜交通、成田空港交通、ちばフラワーバスちばレインボーバスちばグリーンバスちばシティバス船橋新京成バス松戸新京成バス、東京空港交通、リムジン・パッセンジャーサービス、関東鉄道、関鉄観光バス、関鉄グリーンバス、関鉄パープルバス、小湊鐵道、九十九里鉄道、北総交通、佐倉交通、京成バスシステム、東京BRTと合計27社もあり、これらの京成グループのバス会社は千葉県を中心に東京都東部や茨城県南部にも及ぶ広大なネットワークを作っていて、京成グループのバスの保有台数は2013(平成25)年秋の時点で3557台と全国屈指の保有台数です。前述に紹介した金色文字の7社は70才以上の高齢者が対象のローカル路線バス乗り放題定期券(空港高速バスや深夜急行バスなどは対象外)「ゴールドパス」「ダイヤモンドパス」の対象会社、水色文字の7社はより多くの会社が使える「ダイヤモンドパス」の対象会社です。しかし京成グループのバス会社が多いことが千葉県内で中小規模のバス会社が乱立している状態を生み出しています。

千葉内陸バスは交通ICカードPASMO・Suica・Kitaca・toICa・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけんの対象会社であり、PASMOとSuicaの場合はポイント還元サービス「バス特」も利用できます。

車両は基本的に白地に緑帯ですが、京成バスから移籍した車両は京成バスカラーのままの車両もあります。

千葉県民・千葉市民にとってバスは電車やモノレールと同じように大切な交通機関だと思います。

千葉内陸バス

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:35 * comments(0) * - * pookmark

みなとみらい線15周年記念電車

JUGEMテーマ:鉄道

 

「令和2年2月22日」という縁起がいい日(西暦でも2020年)に鉄道各社が記念乗車券を発売します。(相鉄千葉モノレール京王)「一生に一度」しかない「令和2年2月22日」が皆さんにとっていい日になったらいいですね。(ぉぃ)

小田急の新型通勤車5000形がいよいよデビュー!複々線化の次は新型車両でもっと快適な通勤になれることを期待しています。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は昨年末に東京メトロ副都心線で乗車した横浜高速鉄道みなとみらい線Y500系の15周年記念ラッピング電車を公開します。

 

2004(平成16)年2月に開業したみなとみらい線は2019(平成31)年2月に開業15周年を迎え、横浜の観光の足としてすっかり定着し、沿線の企業ビルやホテルなどの開発にも貢献しています。

そのみなとみらい線開業15周年記念として、Y500系8両1編成にいちごをデザインした特別な電車を運行しました。

いちごのデザインにY500系と横浜の風景を合わせたロゴマークは魅力的でした。

Y500系は6編成と少なく、8両編成なので各停中心(Fライナー特急では使用されない)ですが、横浜DeNAベイスターズや横浜美術館や横浜赤レンガ倉庫などのラッピングがされることが多く、沿線に横浜の楽しさを提供しています。

Y500系に限らず首都圏鉄道のラッピングはドア横付近のみ(窓下にもされている場合も多い)のラッピングになっているものが多いですが、首都圏の電車のラッピングがドア横のみなのが多いのはホームドアや東京都の条例への対策だと思います。(ぉぃ)

横浜の観光を便利・身近にしたみなとみらい線、山下ふ頭のIR(カジノ)が開業すればもっと重要な路線になりそうです。(ぉぃ)

みなとみらい線15周年記念電車その1

みなとみらい線15周年記念電車その2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:18 * comments(0) * - * pookmark

令和元年台風とオーストラリア森林火災の復興応援!千葉市動物公園のカンガルーの写真です!

JUGEMテーマ:動物園

 

今日の「VS嵐」は今週末公開の映画「ヲタクに恋は難しい」のチームが出ていましたが、主演の高畑充希ちゃんがショートカットになっていました。この映画は得意で歌も演技も魅力的なみっちゃんにぴったりなミュージカル映画になっていますが、ショートカットでイメージ変わったみっちゃんは何だか元NMB48のシンガーソングライター山本彩(さや姉)みたいでした。(ぉぃ)

そして今日の「めざましテレビ」には電車が好きなエレクトーンの達人中学生が出ていました。多彩な音色を出せる一方で扱いが難しいエレクトーンを上手に弾きこなせるだけでなく、踏切の音を再現したりJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」をイメージした曲を作ることが素敵でした。2016(平成28)年にスタートし千葉の硬筆の女の子を皮切りにどんどん出ている天才キッズキラビト、まだまだすごい人いそうです。(ぉぃ)

11日は江ノ島と鎌倉と横浜に行きます。ゴールデンウィークは豪華寝台列車「夢空間」が保存されているららぽーと新三郷や成田山や上野で開催される和食・着物の展覧会に行こうかな?(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は千葉市動物公園のオオカンガルーの写真を公開します。

 

カンガルーは主にオーストラリア大陸とその周辺の島に生息する動物で、発達した後ろ足で飛び跳ねながら移動したりメスはおなかの袋に子供を入れることができるといった特性があります。

その中のオオカンガルーはカンガルーの中でも大型で、主にオーストラリア東部の草原や森林に生息しています。主に草や木の葉っぱを食べます。

オーストラリアでは肉を食べるために狩られることもあります。

何で今回千葉の動物園のカンガルーの写真を公開したかは、千葉市動物公園がある千葉県・千葉市は令和元年台風(15号・19号・21号)で暴風や豪雨による被害が激しかったのと、カンガルーが多く生息するオーストラリアでは森林火災が続いていて緑の森が失われてきているだけでなくカンガルーやコアラなど貴重な野生動物への被害も大きくなっていることから、千葉の台風とオーストラリアの森林火災の両方の復興・再生・動物保護を応援したいといつことで千葉市動物公園のカンガルーの写真を公開することにしました。

千葉市動物公園ではオーストラリアの野生動物保護支援募金も行っています。

千葉のカンガルーの元気な姿は、千葉の台風被災者もオーストラリアの森林火災で危機を感じている野生動物にも希望を与えてくれそうです。

千葉のカンガルー1

千葉のカンガルー2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:25 * comments(0) * - * pookmark

東急世田谷線命名&西武秩父線開通50周年ポスター

JUGEMテーマ:鉄道

 

京福電鉄嵐電の北野白梅町駅(B9)でリニューアル工事が進んでいます。京都市電がなくなってから変な盲腸線になった嵐電北野線の終着駅北野白梅町ですが、リニューアルで観光地方面への京都市バスと対面連絡できるようになり便利な駅になります。京都は今中国の新型コロナウィルス問題で観光客が減って悲鳴をあげていますが、先日の京都市長選では「共産党市長はNO」の新聞広告に物議あったものの自民立憲相乗りの現職が共産党系の新人&京都党出身の新人を破って4選しました。京都は道が狭く渋滞が多くバスが定時運行できないという悩みどころがありますが、せっかく自民立憲の市長が再選したなら京都党も提案していた京都駅(JR-A31・JR-B31・JR-D01・JR-E01・K11・B01)から京都駅〜西大路〜北大路〜東山〜京都駅と回る小型地下鉄(ハンガリーのブダペストの地下鉄のように路面電車のような小型サイズの車両にする)を作って渋滞緩和と観光客の利便性向上をしてほしいです。もちろん京都市は「京都議定書」の名前通り昨今の台風や森林火災などの原因にもなっている温暖化対策もしてほしいです。京都市の選択型中学校給食(横浜市のハマ弁や相模原市・鎌倉市・藤沢市・町田市などのデリバリー給食みたいに1回の手続きで中学卒業まで一括予約できます)ももっと美味しくて便利なものにしたいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は東急世田谷線と西武秩父線の50周年記念ポスターの写真を公開します。

 

2019(令和元)年は西武秩父線の開業と玉電廃止による東急世田谷線の命名(どちらも1969(昭和44)年)から50周年であり、それを機に2020(令和2)年新春に世田谷線&西武秩父線コラボキャンペーンを実施しています。

世田谷線や西武秩父線に関連するお得なフリーパス乗車券を購入すると参加できるようになり、「世田谷線散策きっぷ」を購入することと、「東急西武線まるごときっぷ」「秩父フリーきっぷ」「秩父漫遊きっぷ」を西武秩父駅(SI36)の窓口に提示するとそれぞれシールをもらうことができその2種類のシールを集めると応募できます。

応募すると横浜中華街方面への電車&お食事セット券や西武秩父駅の温泉入館券やオリジナルICカードケースが当たります。

このキャンペーンポスターには右に東急世田谷線の招き猫電車と世田谷線沿線のカフェ、左に西武鉄道の新型特急「Laview」と芦ヶ久保の氷柱がデザインされていますが、今年冬の気温が高かったことから芦ヶ久保の氷柱は公開できなくなりました。

秩父も世田谷も魅力的であり、これからも西武秩父線と東急世田谷線は観光や生活のために大切にしてほしいです。

東急世田谷線&西武秩父線50周年ポスター

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:30 * comments(0) * - * pookmark

小田急線の鶴巻温泉駅

JUGEMテーマ:鉄道

 

JR東日本がタッチしやすい改札機の実証実験をスタートしました。まずは新宿(SJK・JY17・JC05・JB10・JA11・JS20)で導入し、新駅高輪ゲートウェイ(TGW・JK21・JY26)にも導入します。この改札機はICカード(Suica・PASMO・Kitaca・toICa・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけん)読み取り部を斜めにすることで車いすや子供でもタッチしやすくしているほか、将来導入を考えているQRコード改札にも対応しています。読み取り部が斜めになっている改札機は車いすの人や子供だけでなく大きなスーツケースもって出かける人(私も新横浜から東海道新幹線乗るときや東京から東北新幹線や北陸新幹線(長野経由)乗るときは大きなスーツケース持って出かけます)にも使いやすそうです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は小田急線鶴巻温泉駅(OH37)の写真を公開します。

 

鶴巻温泉駅は神奈川県秦野市にある駅で、駅名に「温泉」とつくものの周辺に温泉施設は秦野市営の日帰り入浴施設「弘法の里湯」とわずかな旅館しかありません。それでも大山・丹沢帰りに同温泉に立ち寄る人が多くいて、「丹沢・大山フリーパス」の対象駅にもなっています。駅周辺は住宅地になっているので住宅街と温泉街が混ざっているような感じです。同駅から大山ケーブルまでの神奈川中央交通(小田急グループ)バスの実験運行も行われました。

1927(昭和2)年の開業当初は「鶴巻」駅でしたが、1930(昭和5)年に温泉街をPRするために「鶴巻温泉」に改称されました。しかし1944(昭和19)年には戦況悪化によって駅名は「鶴巻」に戻されました。そして戦後の混乱も落ち着いた1958(昭和33)年に駅名が再び「鶴巻温泉」に戻りました。

小田急線の快速急行と急行は本厚木(OH34)から開成(OH42)(一部の快速急行は新松田(OH41))まで各駅に停車するので同駅に発着する各駅停車は少なく、昼間は快速急行と急行が交互に停車しています。

新しい駅舎は内装に木を使っていて、温泉街の駅らしく(?)風情あるデザインになっています。

温泉街に面する北口に比べると南口は裏口という感じがしましたが、南口も立派なロータリーやデッキが整備されイメージが変わりました。

実は戦時中に同駅から厚木市七沢の軍格納庫までの引き込み線計画があったそうです。しかし分岐ができたところで終戦になったため同計画は中止になりました。

鶴巻温泉駅は大山・丹沢帰りの観光客にも地域住民にも親しまれてほしいです。

鶴巻温泉駅

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:18 * comments(0) * - * pookmark

こっちはメトロの車両です。東京メトロ日比谷線の新型車両です。

JUGEMテーマ:鉄道

 

東京メトロ03系が熊本電鉄・北陸鉄道に続いて長野電鉄でも導入するそうです。改造の手間があるとはいえども03系は地方私鉄に人気ですね。(ぉぃ)

 

以前東京メトロ日比谷線直通の東武70000系の写真を公開しましたが、今回は東京メトロ13000系の写真を公開します。

 

70000系の記事で書いたことを編集しなおして再掲載しますが、東京メトロ日比谷線は急カーブが多いことから長らく18m車8両編成で運用されていて、初期に相互乗り入れを行った路線であったことから輸送量が小さく、通勤ラッシュ対策として一部車両を5扉にした車両も導入していました。しかし2代目の車両も更新時期を迎えた上にホームドア設置の課題もあったことから置き換えることにしましたが、測定しなおした結果20m車の導入も可能なことが判明したため20m車7両の新車に置き換えることにしました。その新車は東京メトロと東武鉄道で共通仕様になり、2017(平成29)年から順次投入し2020(令和2)年までに置き換え完了の予定で、置き換え完了後ホームドアを設置する予定です。今年6月に開業する新駅虎ノ門ヒルズ駅(H06)にもホームドアを設置する予定です。(同駅開業と同時に霞が関(H06→H07)〜北千住(H21→H22)間の駅番号は数字が1つ繰り上がります)
まず東京メトロ13000系が導入され、そのあと東武70000系が導入されました。70000系と13000系は1つの台車を電動・付随併用にした全電動車編成で、モーターは永久磁石同期電動機(PMSM)にすることで消費電力を削減していたり、台車も曲線での安定性と乗り心地に優れた操舵機能付きボルスタ付台車を採用したり、車内には3画面の液晶ディスプレイをドア上に配置していて行先や停車駅や乗り換えなどの案内と動画広告を同時に流すことができる上に多言語での案内表示にも対応しているなど共通点も多いですが、前面デザインと側面の帯は違うだけでなく、ドアエンジンは70000系は電気式・13000系は空気式、車内のLED照明は70000系は直接証明・13000系は間接照明といった違いもあります。製造は両形式とも近鉄やJR西日本などが資本参加している近畿車両です。

車両前面デザインと帯は初代の3000系や2代目の03系のイメージを引き継いで進化させたデザインになっています。車体の帯色は日比谷線のラインカラーをイメージしたグレーに紺色と水色のアクセントをつけて存在感を高めています。ラインカラーは窓下だけでなく窓上にも巻くことでホームドアでも識別しやすくしています。

日比谷線と東急東横線の相互直通運転は2013(平成25)年の東横線と副都心線の相互直通開始と同時に廃止されていますが、13000系は東急田園都市線鷺沼(DT14)にある東京メトロ半蔵門線の車庫で検査できるように東急線内の走行も可能な仕様になっています。ただし東急線内での営業運転は今のところなく、東急東横線と建設中の新横浜線のホームドアも10両・8両(新横浜線はさらに6両も)に対応している一方で日比谷線車両の7両には対応していません。

13000系と70000系導入にともない、日比谷線各駅の電光掲示板には「7両(新型の13000系と70000系、4ドア)」・「8両(旧型の03系と20000系、3ドア(一部5ドア連結あり))」の表示が付くようになりましたが、全車置き換え後は多分両数表示はしなくなると思います。(ぉぃ)

いよいよ置き換え完了、そして新駅開業で日比谷線は新時代を迎えます。1964(昭和39)年の東京オリンピックで全線開通した日比谷線が2度目の東京オリンピックを機に生まれ変わり、より魅力的な路線になることを期待したいです。

日比谷線のメトロ新型

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:00 * comments(0) * - * pookmark
このページの先頭へ