電車で神奈川県観光ポスター2019年

JUGEMテーマ:鉄道

 

台風による停電長期化で千葉県民はいまだに苦しい生活を強いられていますが、木更津での氣志團主催の音楽フェスは無事成功しました。ももいろクローバーZや元SMAPも出ていたみたいです。成田空港に封じ込められる人が多く出たくらい千葉の台風被害はすさまじかったですが、音楽を通じた復興支援は素晴らしいと思います。(ぉぃ)

 

以前電車やバスでの神奈川県観光のポスターの写真を公開しましたが、2019(令和元)年版のポスターができたので今回はそれを公開します。

 

前回も説明しましたが、神奈川県には横浜みなとみらい&元町・中華街、鎌倉&江ノ島、小田原&箱根、横須賀、三崎港&城ケ島、大山、宮ヶ瀬、湯河原など魅力的な観光地が多い上にそれらに向かう電車やバスなどの公共交通機関が充実していて、その上ほとんどの電車やバスで交通ICカード(PASMO・Suica・Kitaca・toICa・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけん)も使うことができる上に「みなとぶらりチケットワイド」「みなとみらい線一日乗車券」「みさきまぐろきっぷ」「よこすか満喫きっぷ」「江の島・鎌倉フリーパス」「箱根フリーパス」「丹沢・大山フリーパス」などの便利でお得なフリー乗車券も充実しているため多彩な観光地を周遊しやすくなっています。
このポスターは前回のポスターと同様に、小田急の新型ロマンスカーGSE(70000形)、江ノ電(小田急グループ)の300形、箱根登山鉄道(小田急グループ)の3000形、京急の1000形ステンレス車両、相鉄の新塗装「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマ・ネイビーブルー)」の新車20000系、箱根ロープウェイ&箱根海賊船(小田急グループ)、神奈川中央交通(小田急グループ)の空港高速バス、富士急の高速バス、伊豆箱根鉄道大雄山線の5000系がデザインされていますが、前回の写真と違って今回はイラストです。

手描きのイラストには温かみがあるほか、江ノ電もちゃんと「スラムダンク」の踏切のアングルになっています。

今年は春の統一地方選と夏の参院選が同時に実施される12年に1度の「選挙イヤー」でしたが、今年の府知事と市長の入れ替え選挙から絶好調の大阪維新の会はなにわ筋線整備や大阪メトロ中央線・北大阪急行・大阪モノレールなどの延伸を重要公約にしていて(大阪メトロ延伸は万博&IR(カジノ)へのアクセス手段にするためでもあります)、今年初当選した北海道知事の鈴木直道(自民系)も北海道の鉄道活性化と持続可能な交通体系整備を公約にしていたほか、同じく今年初当選の埼玉県知事の大野元裕(野党系)も埼玉高速鉄道や都営地下鉄などの延伸を公約にするなど、鉄道を地域活性化の切り札にしようとする動きは全国的に高まっています。JR九州の「ななつ星in九州」の大成功や東日本大震災の復興と朝ドラ「あまちゃん」で三陸鉄道が重要な存在になったことや北陸新幹線(長野経由)開業で金沢がにぎわう街になったことなどで「地域活性化といえば鉄道」という考えがすっかり強まりました。

神奈川県に限らず全国の観光に電車やバスを積極的に利用してほしいです。

電車で神奈川県観光令和元年

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:56 * comments(0) * - * pookmark

那須どうぶつ王国のトナカイ

JUGEMテーマ:那須高原

 

台風から1週間経過ですが、千葉の停電が完全復旧していない中で今夜千葉で大雨らしいです。一日でも早い復旧お祈りしていますが無理もしないほうがいいと思います。熱中症や火災にも気を付けてほしいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は那須どうぶつ王国で撮影したトナカイの写真を公開します。

 

トナカイは北極圏周辺に生息するシカの仲間の動物で、シカの仲間で唯一雌雄両方に角があり、巨大な角が特徴的な動物です。クリスマスをイメージする動物としてなじみ深く、「ワンピース」のチョッパーや「アナと雪の女王」のスヴェンなどトナカイをモチーフにしたキャラクターも多いです。

そんなトナカイに一年中会えるところとして人気なのが、栃木県那須町にある「那須どうぶつ王国」です。

「那須どうぶつ王国」のトナカイは専用のスペースで飼育されていて、大きい角は迫力と愛らしさ満点です。子供も喜びます。

「那須どうぶつ王国」は東北自動車道(E4)の那須インターから30分、那須高原サービスエリアスマートインターや白河インターから15分、ホテルサンバレー那須からでも30分ですが、東北新幹線那須塩原駅や那須ガーデンアウトレットから専用バスも出ています。

「那須どうぶつ王国」は楽しいので皆さんも是非来てください。

那須のトナカイ1

那須のトナカイ2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:46 * comments(0) * - * pookmark

那須の人気おみやげ「NASUのラスク屋さん」に行きました。

JUGEMテーマ:那須高原

 

七尾線に赤帯の521系が登場するそうです。車載型ICチェッカーはこれから定番になりそうですね。(ぉぃ)

今日の「VS嵐」にはいよいよ今週開幕のバレーボールW杯の女子日本代表が出ていましたが、その中には「ミライ☆モンスター」でおなじみの下北沢成徳高校出身黒後愛もいました。黒後選手がここまで成長できたのはミラモン効果だと思います。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は那須旅行で行ってきた「NASUのラスク屋さん」を紹介します。

 

「NASUのラスク屋さん」は栃木県那須町にあるラスクを中心に扱っているお菓子屋で、那須土産に人気を集めています。

人気ナンバーワン商品は全国菓子博覧会で金賞を受賞した「こげパンだ」で、一口サイズのラスクが複数入った気軽に食べられる商品です。ほかにもプリンケーキや季節限定を含めた多彩な種類のラスクを扱っています。

道の駅那須友愛の森近くの直営店だけでなく、那須ガーデンアウトレットなどでも買うことができます。直営店では試食コーナーもあります。

直営店はおしゃれな外観で那須に似合います。

皆さんも那須行った時には是非買ってください。

 

NASUのラスク屋さん

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:20 * comments(0) * - * pookmark

ついに完成!京急の新本社ビル

JUGEMテーマ:横浜散歩

 

今日は台風の影響で首都圏の電車が次々と動かなくなり、私も午後になってようやく出勤できました。

 

そんなわけで今日は先日完成した京急電鉄の新本社ビルの写真を公開します。

 

京急グループでは業務効率化と創立120周年記念事業の一環として横浜市みなとみらいに新本社の整備を進めていて、2019(令和元)年9月に完成し順次移転を開始します。

移転するのは京浜急行電鉄とその系列会社合計11社で、業務効率化とグループ内連携強化を目指すために新本社を整備したそうです。

また、新本社ビルには京急の博物館や保育施設の整備も予定されています。博物館には京急の名車230形の展示もするそうです。

横浜に新本社を整備したのは、京急の重大拠点である品川・羽田空港・横須賀・三崎の中間点であるとともに前身会社の京浜電鉄と湘南電鉄が連結した場所でもあるからだそうです。

新本社ビルは横浜高速鉄道みなとみらい線(東急東横線・東京メトロ副都心線・東武東上線・西武池袋線直通)の新高島駅(MM02)のそばにあります。

横浜の地で再出発する京急、これからも鉄道ファンや沿線住民や空港利用者に親しまれる鉄道であると同時に踏切事故を教訓とした安全対策にも努めてほしいです。

京急新本社

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:57 * comments(0) * - * pookmark

東急の社名変更をアピールするポスター

JUGEMテーマ:鉄道

 

私が寝ている間に台風が関東を直撃するそうです。翌朝は台風を理由とした電車のダイヤ乱れや暴風被害を受けた木・ブロック塀・電線・屋根や台風を理由としたデマ情報に気を付けてほしいです。(ぉぃ)

以前横浜シーサイドラインと横浜市営地下鉄ブルーラインで事故がありましたが、地下鉄ブルーラインでまた事故があったほか、京急電車でも事故があったそうです。相次ぐ事故に不安も感じますがこれを機に安心安全な鉄道を目指してほしいです。横浜市会でもIR(カジノ)に限らず鉄道事故対策、さらには温暖化対策や図書館充実や中学校ハマ弁の給食化などの議論も積極的にしてほしいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで首都圏の私鉄東京急行電鉄が2019(令和元)年9月に「東急株式会社」に社名変更され、さらに同年10月から鉄道事業を「東急電鉄」の新会社に移管させ、新しい東急がスタートします。

そんなわけで今日は新しくなった東急をアピールするポスターの写真を公開します。

 

東急電鉄のルーツとなっているのは実業家渋沢栄一が創立した不動産会社「田園都市」であり、同社が開発する住宅地へのアクセス手段として鉄道院出身の五島慶太とともに作ったのが現在の目黒線・東急多摩川線・大井町線を開業させた「目黒蒲田電鉄」でした。その後東京と横浜を結ぶ都市間電鉄として現在の東横線の前身である「東京横浜電鉄」を開業させ、阪急の小林一三と似たようなやり方で会社を発展させ、戦時中には京急・小田急・京王・相鉄と合併し(この4社は戦後再独立)、「東京急行電鉄」の社名が誕生しましたが、このときの路線網は「大東急」といわれ現在まで語り継がれています。

戦後になってからも渋谷(SBY・JY20・JA10・JS19・G01・Z01・F16・TY01・DT01・IN01)周辺や多摩田園都市などの開発を積極的に進め、その一方で沿線開発が進んだことによって鉄道利用も増加し輸送力増強も進めてきました。

そして新元号令和が始まり、渋谷再開発や南町田グランベリーパーク(DT25)が完成する2019年に商号を「東急」に、さらに鉄道事業の分社化に乗り出すことになりました。

社名変更によって不動産での収益が高く鉄道以外の多角的な事業展開する企業であることを前面に押し出したいそうです。

新生東急が、持続できる企業になれることを期待しています。

新生東急その1

新生東急その2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 18:30 * comments(0) * - * pookmark

「翔んで埼玉」DVD発売記念!「翔んで埼玉」と宇都宮餃子のコラボポスターです。

JUGEMテーマ:栃木県

 

相鉄とJRの直通ダイヤが発表されました。相鉄とJRの直通電車は昼間は1時間当たり2本しかないみたいであまり便利そうとはいえないですが、埼京線の快速電車が武蔵浦和(JA21)から各駅停車になるのは意外でした。(ぉぃ)

乃木坂・欅坂・日向坂の3大坂道46グループに新しく「坂道研修生」が加わりました。坂道もすっかりAKB48グループみたいになってきましたね。(ぉぃ)

来週の「ミュージックステーション」スペシャル(金曜20時最後の放送&IZ*ONEも出ます)&再来週の「うたコン」(柏木由紀(ゆきりん)もソロで歌います&山本彩(さや姉)も出ます)にAKB48出演!神7(前田敦子(あっちゃん)&大島優子(ゆうこ)&高橋みなみ(たかみな)&篠田麻里子(麻里子様)&板野友美(ともちん)&小嶋陽菜(こじはる)&渡辺麻友(まゆゆ)や指原莉乃(さっしー)の卒業やNGT48事件を乗り越えて生まれ変わった新しいAKB48を是非皆さんにも見てほしいです。私も楽しみにしています。(ぉぃ)

 

いよいよ来週埼玉県民に限らず全世界待望(?)の大ヒット映画「翔んで埼玉」のブルーレイ&DVDが発売!

そんなわけで今日は東北自動車道(E4)の上河内サービスエリアで撮影した「翔んで埼玉」と宇都宮餃子のコラボポスターと、同サービスエリアで食べた宇都宮餃子の写真を公開します。

 

「翔んで埼玉」は魔夜峰央が作った埼玉県をいじり倒す内容で有名な未完の漫画と、それをもとに2019(平成31)年に作られ大ヒットした実写映画で、同映画効果で埼玉県人気が飛躍的に高まりました。

そんな「翔んで埼玉」をアピールしようと、全国のご当地グルメとコラボしたポスターが作られました。「翔んで埼玉」人気は絶大で埼玉県知事選挙や埼玉西武ライオンズなどとのコラボもしました。

栃木県版は静岡県浜松市と1位を競い合っている栃木県民のソウルフード「宇都宮餃子」とのコラボで、映画主演の二階堂ふみ&Gackt様を出していると同時に名台詞「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」をアレンジしたキャッチフレーズが目を引きます。

宇都宮餃子は宇都宮市街地に多数店がありますが、東北道上河内サービスエリアでも売っていて、写真は今年7月に那須へ旅行に行った行きに上河内サービスエリアで撮影したものです。

「翔んで埼玉」コラボはほかにも、北海道函館のソウルフード「ラッキーピエロ」や大阪の串カツや金沢カレーや沖縄の紅芋タルトなど多数存在しているそうです。

埼玉をもっと魅力的で楽しくする「翔んで埼玉」、これからも埼玉県民にもそうでない人にも親しまれる作品であってほしいです。

翔んで埼玉と宇都宮餃子のポスター

宇都宮餃子

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 11:33 * comments(0) * - * pookmark

田園都市線渋谷駅のサイネージ付きホームドア

JUGEMテーマ:鉄道

 

東急東横線の事故復旧と増結をあわせた5050系の増備車が完成しました。そして5000系の旧5000系風緑ラッピングの継続も決定しました。これからも住みたくなる・住み続けたい東横線であってほしいです。(ぉぃ)

昨日の帰りはものすごい雨と雷で大変でした・・・横浜市内(私が住んでいる青葉区ではありませんが)では冠水や停電や土砂崩れもありました。このようなゲリラ雷雨の原因の一つは温暖化なので横浜市議会でもカジノ(IR)ばかりではなく温暖化対策に関する議論も積極的にやってほしいです。もちろん、ハマ弁給食化や地下鉄延伸なども。(ぉぃ)

今日の「めざましテレビ」には近代五種(水泳・レーザーラン(走る+射撃)・フェンシング・馬術)をやっている小学生の女の子キラビトが紹介されました。近代五種の過酷さもさることながらこれらをうまくこなせられるのはすごいと思いました。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は東急田園都市線と東京メトロ半蔵門線の渋谷駅(DT01・Z01)に設置されたサイネージ広告付きのホームドアの写真を公開します。

 

JR山手線・埼京線・湘南新宿ラインと東急東横線・田園都市線と東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線と京王井の頭線が乗り入れる渋谷駅は首都圏を代表する繁華街の駅かつターミナル駅であることから連日利用客が多いですが、その中の田園都市線と半蔵門線の駅は道玄坂から宮益坂までの間にJR線をまたぐ形で設置されている地下駅になっています。

田園都市線渋谷駅は直通利用客も多いですが、同駅の乗降客や乗り換え利用も多くいつも混雑しています。しかしホームが1面2線だけで余裕がなく同駅の混雑が遅延の原因にもなっています。そのためホーム増設計画もありますが、地下駅の拡張は難工事になるため手を付けていません。同駅はもともと営団地下鉄(現在の東京メトロ)によって建設され1977(昭和52)年に開業しましたが、副都心線開業直前の2007(平成19)年に東急へ移管されました。同駅は直通前提で作られた構造のため渡線はあるものの待避線や引き上げ線はなく、同駅折り返しの各停は半蔵門(Z05)まで回送し同駅の引き上げ線を使って折り返すことが多いです。もともと営団管理の駅だったため案内表示は東急仕様に更新されていても駅名表示部分は小さい営団仕様に合わせたサイズになっています。

そんな田園都市線渋谷駅では、平成が終わる直前の2019(平成31)年3月にホームドアを設置開始(令和元年は5月から)しました。

田園都市線渋谷駅のホームドアの特徴は、広告動画を放送するデジタルサイネージが付いていることで、サイネージ付きのホームドアはこれからのスタンダードになると同時に利用客が多い渋谷にはベストともいえます。

また、ドア部分も中央林間(DT27)方面は田園都市線のラインカラーの青緑、押上(Z14・TS03)・東武鉄道方面は半蔵門線のラインカラーの紫で塗装され、電車の方面がわかりやすくなっています。

田園都市線のホームドアは5000系6ドア車を置き換えたため6ドア対策は不要になりましたが、東急8500系・5000系・2020系やメトロ8000系・08系や東武30000系・50050系と多彩な形式がありドア位置も微妙に違っているため開口幅に余裕を持たせていて、ドア部分が大きめになっています。

田園都市線のホームドア完了まであと少し、安全で使いやすい田園都市線と行きたくなる渋谷実現に期待したいです。

田園都市線渋谷駅ホームドア1

田園都市線渋谷駅ホームドア2

田園都市線渋谷駅ホームドア3

田園都市線渋谷駅ホームドア4

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:35 * comments(0) * - * pookmark

安倍首相の聖地秋葉原駅電気街口

JUGEMテーマ:秋葉原

 

相鉄についにJR埼京線のE233系が乗り入れました!相鉄とJRの直通まであと3か月、直通による変化楽しみです。東急線・都営三田線直通にも期待したいです。(ぉぃ)

小田原・箱根名物で有名な鈴廣かまぼこの新施設がオープンし、箱根登山鉄道の旧型車も保存・展示されています。箱根観光客に人気の鈴廣かまぼこですが、鈴廣かまぼこの箱根登山電車への愛は強そうです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は安倍首相の聖地として有名な秋葉原駅(AKB・JY03・JK28・JB19・H15・(TX)01)電気街口の様子を写真に収めたのでその写真を公開します。

 

秋葉原駅はJR山手・京浜東北・総武の3線と東京メトロ日比谷線と首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの5路線が乗り入れる駅ですが、世界屈指の電気街であると同時にアニメやAKB48などの聖地としても有名な秋葉原の最寄り駅なのでいつもにぎわっています。

そんな秋葉原駅の電気街口は電気街やアニメ・AKB48の玄関口でありますが、もう一つの顔として有名なのが安倍首相の聖地です。

そもそも秋葉原が「安倍首相の聖地」になったのは、大型選挙のたびに安倍首相が投票日前日の夜に行われる最後の選挙演説の場所に毎回秋葉原を選ぶからであり、これによって「安倍首相といえば秋葉原」というイメージを定着させています。

安倍政権は2012(平成24)年に民主党からの政権交代とともに誕生した当初は高い支持を得ていましたが、政権長期化や消費税増税や憲法改正や森友学園・加計学園問題などを理由に安倍政権や自民党への批判も多くなり、さらには都民ファーストの会・立憲民主党・オール沖縄(沖縄県の辺野古反対勢力)・大阪維新の会(日本維新の会)・れいわ新選組・NHKから国民を守る党などが政権批判の受け皿になってきていて安倍政権は政権誕生当初に比べると苦しくなってきていますが、その一方で菅官房長官が「令和おじさん」と呼ばれるようになるなど安倍政権や自民党にとって明るい話題も出てきていて、これが安倍政権の安定した強さにもなっています。

秋葉原駅の北西にある電気街口は電気街の最寄口でもある一方で秋葉原のシンボルともいえる「秋葉原ダイビル」「秋葉原UDX」の2つの高層ビルやAKB48カフェ&ショップやガンダムカフェもあり、いつもにぎやかな場所になっています。

秋葉原はこれからもたくさんの人に親しまれてほしいです。

秋葉原駅電気街口1

秋葉原駅電気街口2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:10 * comments(0) * - * pookmark

港町横浜のシンボル横浜三塔

JUGEMテーマ:横浜散歩

 

AKB48の半年ぶりの新曲「サステナブル」のプロモ完成!往年ファンには懐かしい仕掛けや北海道の美しい風景満載のこのプロモ、皆さんも是非見てほしいです。「AKBINGO!」も終わってしまいますがこれからもAKB48は逆境にも負けず走り続けてほしいです。(ぉぃ)

横浜へのIR(カジノ)誘致が今日正式に発表されました。大阪などがすでに表明しているIR誘致が過熱するのは間違いないですが、横浜誘致には市民や港湾団体、さらには県会や市会の理解も得ない(立憲・国民・共産・無所属の県議や市議はカジノ反対を明確にしている上に自民・公明も準備不足や時期尚早を理由に結論を見送っている)といけないので難しそうです。(ぉぃ)

今「UTAGE!」の特番放送しています。今回はIZ*ONEも出ています。日韓関係悪化も気にならずに活動しているIZ*ONEは素晴らしいと思います。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は横浜のシンボルともいえる「横浜三塔」の写真を公開します。

 

「横浜三塔」は神奈川県横浜市にある特徴的な外観の塔を持っている3つの歴史的建築物の愛称であり、横浜のシンボルとして長年にわたって親しまれています。

「キングの塔(神奈川県庁本庁舎)」・「クイーンの塔(横浜税関)」・「ジャックの塔(横浜市開港記念会館)」の3つで構成されていますが、少し離れた場所にある神奈川県立歴史博物館に「エースのドーム」の名をつけて4つにする場合もあります。

これらの愛称は昭和初期に外国船の船員がトランプのカードに例えて名付けられたそうです。

「クイーンの塔(横浜税関)(上の写真)」はイスラム寺院を思わせるドーム屋根が特徴で、「ジャックの塔(横浜市開港記念会館)(真ん中の写真)」は道路の交差点側の時計塔だけ高くなっているのが特徴で、「キングの塔(神奈川県庁本庁舎)(下の写真)」は五重塔みたいな外見になっています。どれも昭和初期の特徴であるモダンなデザインの建物になっています。

その「横浜三塔」には三塔を同時に見られる場所が3か所(日本大通の神奈川県庁正面・大桟橋国際客船ターミナル・赤レンガ倉庫)あり、1日で3か所めぐると願いが叶うという都市伝説もあります。また、みなとみらい地区の都市計画ににも横浜三塔の名前を使っています。

横浜三塔は横浜高速鉄道みなとみらい線(東急東横線・東京メトロ副都心線・東武東上線・西武池袋線直通)の日本大通り駅(MM05)とJR根岸(京浜東北)線&横浜市営地下鉄ブルーラインの関内駅(JK10・B17)が最寄り駅です。皆さんも是非見に来てください。

横浜税関

横浜市開港記念会館

神奈川県庁本庁舎

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:30 * comments(0) * - * pookmark

もうすぐ完成!横浜市役所新庁舎

JUGEMテーマ:横浜散歩

 

横浜市がIR(カジノ)誘致を表明するそうです。大阪などの誘致に便乗したのは間違いないと思いますが市民や港湾業者からの反発に加え林市長と対立する市会議員が増える可能性もありそうです。でも誘致表明によって誘致合戦が面白くなりそうです。(ぉぃ)

NGT48劇場が騒動後初めて公演再開したそうです。まだまだ混乱は収まらない中での再開には反対意見も多いようですが公園再開はグループにとって意義あると思います。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は建設が進んでいていよいよ来年2020(令和2)年に完成する横浜市役所の新庁舎の写真を公開します。

 

横浜市の行政の中枢である横浜市役所の現庁舎は関内駅(JK10・B17)近くにある1959(昭和34)年に完成した8階建てビルですが、老朽化に加え手狭になっていて周辺のオフィスビルにも業務機能が分散され効率が悪くなっていました。加えて耐震補強工事をしたものの巨大地震対策が不十分だったためこれらを解決するための新市庁舎整備が具体化しました。

新しい市役所庁舎は馬車道駅(MM04)駅のそばにあり桜木町駅(JK11・B18)にも近い場所に建設され、32階建ての高層ビルになります。

下層部には市民も利用できる憩いの場や商業施設、中層部には議会施設、高層部にはオフィスが設けられる予定で、今まで複数個所に分散されていたオフィスを集約し効率が良くなります。

現庁舎は民間に売却予定ですが、建物取り壊しに反対する意見も多いそうです。

新しい市庁舎は、未来の横浜のシンボルとして期待できそうです。

横浜市役所新庁舎

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:27 * comments(0) * - * pookmark
このページの先頭へ