参宮線のローカル列車

JUGEMテーマ:鉄道

 

平成最後のAKB48リクアワ、1位はチーム8の代表曲「47の素敵な街へ」になりました!私が好きな「センチメンタルトレイン」も3位です!これからもAKB48グループには坂道46グループにも負けないいい曲を出してほしいです。(ぉぃ)

AKB48の新曲が3月発売!新曲に期待したいですがセンターは誰になるのですか?(ぉぃ)

 

そんな中で今日は伊勢市駅で撮影したJR東海のローカル線用ディーゼル車キハ25形の写真を公開します。

 

キハ25形はJR東海が国鉄型のキハ40系やJR第1世代のキハ11形を置き換えるために名古屋・静岡地区の標準型普通電車の313系をベースに作ったローカル線用ディーゼル車で、313系とほぼ同一の車体を採用した2両固定編成です。

まず2011(平成23)年に武豊線に先行投入しましたが、これは2013(平成25)年に伊勢神宮式年遷宮が開催される際「快速みえ」の輸送力増強が必要になったため武豊線のキハ75形を「快速みえ」に転用しその穴埋めとして導入しましたが、投入時にはすでに武豊線の電化が決まっていたためローカル転用を前提にした構造になっていました。武豊線用は転換クロスシートで、当初はステップなしでしたがステップ設置の準備工事がしてあって、武豊線電化後はステップ設置をして高山線・太多線に転用されました。

そして2014(平成26)年に増備車を投入しましたが、増備車はローカル線特化仕様になり、座席がロングシートになったほか、車体もフラットなステンレス車体になり、前面のフルカラーLED行先表示器は1つだけになりました。増備車は高山線・太多線だけでなく紀勢線・参宮線にも投入されキハ40&キハ11を置き換えましたが、キハ11のステンレス車は名松線と東海交通事業城北線用として残ることになりました。

エンジンは「快速みえ」のキハ75と同じものですが、キハ75は2エンジンだったのに対しキハ25は1エンジンです。

国鉄型車両が211系だけになったJR東海ですが、JR東海の車両はシンプルでありながら機能的でしっかりした美しい外観の車両が多く魅力的です。JR東海は新幹線だけじゃないことをもっと知ってほしいです。

東海ローカル線

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:54 * comments(0) * - * pookmark

異色の芸人アイドル「吉本坂46」のデビュー曲「泣かせてくれよ」の曲紹介するで!

評価:
吉本坂46
SMR
¥ 1,199
(2018-12-26)
【ディスク1】
  1. 泣かせてくれよ
  2. 君の唇を離さない
  3. 抱いてみるかい?
  4. 泣かせてくれよ -off vocal ver.-
  5. 君の唇を離さない -off vocal ver.-
  6. 抱いてみるかい? -off vocal ver.-
コメント:異色アイドル吉本坂46のデビュー曲やで!センターはトレンディエンジェル斎藤さんやで!元NMB48&元新選組リアンもいるで!

JUGEMテーマ:吉本新喜劇

 

正月恒例行事のAKB48グループリクエストアワーが今年もスタートしました!NGT48も出てましたが問題メンバーがいなかったそうです。NGT48劇場早く再開できたらいいですね。(ぉぃ)

東武東上線に「TJライナー」車両による座席指定料金なしの「川越特急」が誕生します!これで東上線をつかって川越へ行く人がもっと増えたらいいですね。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は大注目の異色アイドル「吉本坂46」のデビュー曲「泣かせてくれよ」の曲紹介をしてみます。

 

吉本坂46は秋元康と吉本興業とソニーミュージックのコラボ企画によって作られた吉本グループの芸人・タレントによるアイドルグループで、乃木坂46・欅坂46に次ぐ坂道46グループ第3のグループですが、AKB48&坂道46グループを通して初となる男女混合グループです。オーディションは吉本グループ所属の約6000人(NMB48現役メンバー除く)で行われ、その中から46人が選抜されました。(メンバーはこちらを見てください)メンバーの中には元NMB48の高野祐衣(ゆいぽん)&三秋里歩(りぽぽ)や、島田紳助(カシアス島田)プロデュースの男性アイドル「新選組リアン」の元メンバーで「スザンヌ×スザンぬ」の黒スザンぬもやっていた榊原徹士などもいます。センターは我らが横浜市青葉区出身トレンディエンジェル斎藤司がやりました。

その吉本坂46が2018(平成30)年末に「泣かせてくれよ」でデビューしました。

芸人かつ男女混合ということもあり、今までの秋元康系アイドルとは違った感じがしていて、何となく「クイズ!ヘキサゴンII」や「とんねるずのみなさんのおかげでした」などのユニットみたいな雰囲気がしています。歌詞には「大阪」も多数登場し、外国人にも人気な上に2025年万博&IR(カジノ)でこれからさらに盛り上がる大阪に元気を与えてくれると思います。秋元康はAKB48とめちゃイケのコラボで「OKL48」や「BKA48」もやっていたのでこのようなお笑い系の曲の才能もありますね。

「FNS歌謡祭2018(第2夜)」でテレビ初披露し、「平成最後の紅白直前特番」でも披露されました。

シングルでは46人のメンバーを表題曲と4つのカップリング曲に振り分けていて、「しょうゆうこと」で有名な村上ショージはソロで参加しています。これまでの秋元康系アイドルとは違って男女混合である上に年齢も幅広いためAKB48&乃木坂46&欅Zかあ46とは違った楽しさがあると思います。

秋元康と吉本の新しい挑戦、まだ始まったばかりですがこれからどうなるのか注目したいです。

=プロモ集=

泣かせてくれよ(選抜メンバー)

君の唇を話さない(RED)

やっとここまで(POP MONSTER)

バーボンソーダ(村上ショージソロ)

抱いてみるかい?(ビター&スイート)

東横ライナー=葉月さくら * AKB48の話 * 11:44 * comments(0) * - * pookmark

「四谷怪談」の舞台になったお岩稲荷

JUGEMテーマ:新宿

 

お台場エリアのゆりかもめの駅名が一部変更になります!豊洲市場会場でゆりかもめもどんどん盛り上がってきますね。(ぉぃ)

NMB48の新曲発売!センターは白間美瑠(みるるん)です!山本彩(さや姉)卒業後初シングルですがNMB48はこれからもがんばってほしいです。(ぉぃ)

 

今回は東京都新宿区四谷にある「四谷怪談」ゆかりの地で有名なお岩稲荷(田宮神社・陽雲寺)の写真を公開します。

 

「四谷怪談」は元禄時代を舞台にした創作会談で、200年近くにわたってバリエーションを変えながら続いています。

舞台は現在の東京都豊島区雑司ヶ谷あたりですが、作品の舞台と言われているお岩稲荷は新宿区四谷にあります。

お岩稲荷は田宮神社と陽雲寺があり、道路をはさんで両側に向き合って立地されています。

田宮神社は明治時代の火災で1回焼失されその後中央区新川に移転し再興されましたが、こちらも戦災被害を受け元の場所で復活しました。

陽雲寺は昭和初期に設立された日蓮宗寺院で、境内にはお岩様ゆかりの井戸もあります。また、境内にある秦山木の下には「お岩様縁の祠」があったそうです。

お岩稲荷が複数あるのは御賽銭やお土産などで単純に儲かるからだといわれています。明治時代にはもう1つお岩稲荷を作ろうとしたこともあったそうです。

「四谷怪談」は怖い話で有名だってこともあり、恐ろしい願い事をする人も来るみたいですが、みなさんはちゃんとした願い事のために来てほしいです。

最寄り駅はJR中央線&総武線と東京メトロ丸ノ内線&南北線の四ツ谷駅(JC04・JB14・M12・N08)と丸ノ内線四谷三丁目駅(M11)で、近くには社会現象的大ヒットを果たしたアニメ映画「君の名は。」の聖地で有名な須賀神社もあります。皆さんも四ツ谷来てください。

お岩稲荷田宮神社

お岩稲荷陽雲寺1

お岩稲荷陽雲寺2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:18 * comments(0) * - * pookmark

Jリーグ2連覇!川崎フロンターレ仕様の東急バスです!

JUGEMテーマ:川崎フロンターレ

 

今日は平成最後の成人の日でしたが、今年も恒例のAKB48成人式が行われていたみたいです。中には3000円かけて自作した振袖の着物を着たメンバーもいたみたいです。去年は「はれのひ」事件で苦い成人の日になっていましたが、今年はトラブルも少なく素晴らしい成人の日にできたと思います。(ぉぃ)

AKB48の小嶋真子(こじまこ)が卒業みたいです。私もデビューして間もないころから応援していたので卒業残念ですが最後までがんばってください。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は溝の口(DT10・OM16)・武蔵溝ノ口(JN10)駅前で撮影した、サッカーJ1リーグ2連覇を達成した川崎市のJ1チーム「川崎フロンターレ」仕様の東急バスの写真を公開します。

 

2017(平成29)年と2018(平成30)年にサッカーJ1リーグ2連覇を達成したサッカーチーム「川崎フロンターレ」は川崎市の地域貢献に活躍しているチームとしても有名ですが、その川崎市内を走る東急バスは武蔵小杉駅(MKG・JN07・JO15・JS15・TY11・MG11)からフロンターレ本拠地の等々力陸上競技場までのシャトルバスを運転したり、フロンターレ仕様のラッピングバスを運転するなどフロンターレの応援に力を入れています。

このバスは2017(平成29)年の東急バスイベントで来場者にペイントしたデザインになっていて、2018(平成30)年1月から1年間運転予定です。

フロンターレのイメージカラーの水色をベースに皆さんの手描きのイラストが配されたデザインで、川崎の街を盛り上げてくれそうです。

このバスは溝の口〜武蔵小杉〜川崎駅(KWS・JT04・JK16・JN01・KK20)を中心に運転しています。

東急バスにはこれとは別のフロンターレバスもあり、こちらも同じ路線で運転しています。

川崎フロンターレも東急バスも、川崎市の地域貢献に力を入れてほしいです。もちろんSHISHAMOも川崎市&フロンターレをどんどん応援してほしいです。(ぉぃ)

フロンターレバス1

フロンターレバス2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:07 * comments(0) * - * pookmark

紀勢線特急「くろしお」に設置されていたパンダシート

JUGEMテーマ:南紀・伊勢志摩

 

今日の「ワイドナショー」は指原莉乃(さっしー)が出ていましたが、NGT48メンバーの暴行問題や紅白初出場の銭湯アイドル「純烈」のメンバー暴行問題や西宮神社開門神事など熱く語っていました。さっしーの鋭いコメント良いので卒業後も「ワイドナショー」出てほしいです。昨日は「さし旅」やりましたが来週もやるそうです。平成とさっしーのWラストは盛り上がりそうです。(ぉぃ)

岡山電気軌道に「チャギントン電車」が登場しました。「チャギントン」はイギリス生まれの鉄道をテーマにしたアニメですが、「クイズ!ヘキサゴンII」の底抜けドボンクイズや「めちゃ×イケてるッ!」のめちゃギントンでこれを知った人も多いと思います。チャギントン電車は岡電と同一グループの和歌山電鉄も導入予定ですが、岡山はドイツから輸入して日本で組み立てたの新車なのに対し和歌山は既存のズームカーを改造するそうです。(ぉぃ)

 

以前283系287系&289系の特急「くろしお」の写真を公開しましたが、今回は白浜駅に展示してあった381系「くろしお」のパンダシートの写真を公開します。

 

以前の記事の内容を統合・増補改訂して再掲載しますが、京都(JR-A31)・新大阪(JR-A46)・天王寺(JR-R20)から南紀(白浜・新宮)までに運転されている特急「くろしお」は1978(昭和53)年の紀勢線和歌山(JR-R54)〜新宮の電化から元祖振り子特急電車の381系が使われてるようになり、国鉄がJR西日本になった1989(平成元)年には大阪環状線と梅田貨物線を経由して京都・新大阪への乗り入れを開始すると同時に中間車の先頭車化で誕生したパノラマグリーン車を連結した「スーパーくろしお」が登場しました。
その後紀伊半島を一周する阪和自動車道・紀勢自動車道(E42)の整備によって高速道路との競争激化が予想され、対抗策としてさらなる高速化と観光・リゾート特急にふさわしい上質な列車を投入する必要があり、283系「オーシャンアロー」が登場しました。283系は381系と同じ振り子車両ですが、381系は酔いやすかったことで有名だった自然振り子方式だったのに対し283系は制御付き振り子方式になって乗り心地がよくなりました。なお381系置き換え用の287系&289系は振り子機能なしなので現時点では283系が「くろしお」唯一の振り子車です。283系の車体塗装は南紀の海をイメージした青緑色であるほか、パノラマグリーン車の先頭形状は南紀にふさわしいイルカをイメージしたユニークなデザインであり、側面のエンブレムもイルカをデザインしています。283系は南紀方面の先頭車がパノラマグリーン車の6両基本編成2本と両先頭車が貫通普通車の3両付属編成1本と京阪方面の先頭車がパノラマグリーン車の3両付属編成1本があり、多客時に基本6両+付属3両で運転したり基本編成の検査時に付属編成2本を連結して運転することも可能です。283系は1996(平成8)年に「スーパーくろしお(オーシャンアロー)」で暫定デビューし、1997(平成9)年に「オーシャンアロー」の列車名で本格デビューしました。そして2012(平成24)年には紀勢線大阪口特急は「くろしお」に統一されたためこの「オーシャンアロー」車両も「くろしお」の列車名で運転することになりました。(ただしエンブレムと時刻表には「オーシャンアロー」の名称が残っています)
381系も1998(平成10)年からリニューアルが開始され、283系のような青緑系のカラーリングになったほか、グリーン車を2列+1列にしたり普通車もシートピッチを広げましたが、シートピッチ拡大によって壁にある床下の冷房装置から車内に送るためのダクトと支障するようになり、その部分は窓側に座席が設置されなくなりました。またリニューアルに合わせてベネシャンブラインドは普通のカーテンに変更されました。これは同じ381系の「やくも」のリニューアル車も同様です。
そして2012(平成24)年には北近畿地区の485系改造183系や紀勢線の381系を置き換えるために287系が導入され、287系は381系や283系のような振り子式車両ではないですが223系や683系といったJR西日本の従来車両と設計を共通化させることによってコスト削減をはかった標準型特急電車です。381系を現代的にした前面デザインや南紀白浜を代表する観光地で動物園と水族館と遊園地が合体したテーマパーク「アドベンチャーワールド」とコラボした「パンダくろしお」が人気を集めています。「くろしお」の付属編成は北近畿地区に貸し出される場合もあり効率よく運用できます。
そして289系は2015(平成27)年の北陸新幹線(長野経由)開業で余った「しらさぎ」の683系を北近畿や南紀に残った381系の置き換えのため直流専用に改造した車両ですが、同じ「くろしお」でも381系や283系や287系に比べると見劣り感も否めません。これによって現在の体系になりましたが、振り子車の381系を非振り子車の287系&289系に置き換えたことによって該当列車の所要時間は少し伸びました。それでも381系登場時よりは短くなっています。287系・289系ともに「くろしお」仕様は381系リニューアル車や283系に合わせた青緑色帯、北近畿仕様は183系や381系やキハ181系をイメージしたえんじ色帯です。「くろしお」用の289系は平成最後のJR大ダイヤ改正である2019(平成31)年春のダイヤ改正で登場する兵庫県方面への通勤特急「らくラクはりま」でも使用されます。

そんな381系「くろしお」末期には、和歌山県&「アドベンチャーワールド」のPRのためかパンダ仕様の特別な座席が設置されていました。この「パンダシート」は普通車指定席に設定されたようですが指定券販売対象外であり、事実上は記念撮影専用でした。保守的で堅牢で機能重視の国鉄型でありながらJR西日本がこんな遊び心を用意したのは感心します。

そんな人気を集めていた「パンダシート」ですが、381系引退とともに役目を終えました・・・と思いきや白浜駅などに記念撮影用として残されました。座席の設置場所が電車から駅に移っても相変わらず人気ありそうです。大阪駅(JR-A47・JR-G47・JR-O11)や新宮駅などにもあるみたいです。

おまけに287系「パンダくろしお」のポスターも紹介します。「パンダくろしお」は「アドベンチャーワールド」のパンダや動物をデザインした派手なデザインで沿線や観光客の人気者です。

特急「くろしお」もパンダも、和歌山県の活性化に貢献してほしいです。そしてその「パンダシート」もいつまでも大切にしてほしいです。

パンダシート

パンダくろしお

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:58 * comments(0) * - * pookmark

伊勢・猿田彦神社の写真です

JUGEMテーマ:南紀・伊勢志摩

 

昨日の「めざましテレビ」の「日本つながるプロジェクト」群馬編には居合道国際大会2連覇の小学生の女の子が登場しました。彼女の美しく豪快な上に集中力が高く真剣な表情で難しい技もこなせられる日本刀の実力は見事でした。彼女の袴の着物に黒髪ロングのポニーテールの姿もかっこよく清楚感あって魅力的でした。まだ来ていない県にもすごいキラビト待ってそうです。(ぉぃ)

今日の「さし旅」は仏像マニア編です。指原莉乃(さっしー)卒業に向けて盛り上がりますね。私も楽しみにしています&皆さんも是非見てください。

アニメ「AKB0048」の声優もやったNMB48三田麻央(まおきゅん)が卒業だそうです。最後までがんばってください&まおきゅんは卒業後は大好きなアニメ関係の仕事ができたらいいですね。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は伊勢の猿田彦神社の写真を公開します。

 

猿田彦神社は三重県伊勢市にある神社で、名前の通り猿田彦大神をまつった神社で、物事を良い方向に導く神社として知られています。でも全国約2000社の猿田彦神社の本社ではなく、三重県鈴鹿の椿大神社が本社みたいです。伊勢神宮創建に貢献した神社としても知られています。

交通安全や方位除けの神社として知られていますが、結婚式&披露宴も人気あるみたいです。撮影日は11月末だったので「七五三祭り」の看板が出ていましたが、ここでも七五三詣り(7才女児は振袖の着物、5才男児は羽織と袴の着物、3才(主に女児)は被布の着物着用)が人気みたいですね。

最寄り駅はJR東海&近鉄の伊勢市駅(M73)と近鉄の宇治山田駅(M74)&五十鈴川駅(M75)で、それらの駅から三重交通バスを使います。伊勢神宮内宮やおかげ横丁&おはらい町から近いのでお伊勢詣りと一緒に行くのもおすすめです。伊勢へは近鉄特急かJRの「快速みえ」がおすすめです。

伊勢神宮だけでなく、伊勢志摩は魅力的なスポット満載なので皆さんも是非行ってほしいです。

猿田彦神社1

猿田彦神社2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 12:49 * comments(0) * - * pookmark

オーシャンアローではない方の南紀行き特急「くろしお」の写真です。

JUGEMテーマ:鉄道

 

上越新幹線向けE7系登場!でも見た目は北陸新幹線(長野経由)と変わりませんね。上越新幹線でも早く新型が定着してほしいです。(ぉぃ)

 

以前283系「オーシャンアロー」の「くろしお」の写真を公開しましたが、今回は287系&289系の「くろしお」の写真を公開します。

289系の北近畿バージョン、289系の原型となった北陸特急683系も見てください。

 

大阪から南紀へのアクセス列車は戦前から運転されていて、日本最古の私鉄として有名な南海鉄道(現在の南海電鉄)に対抗するために京阪電鉄が設立し阪和間の高速電気鉄道として開通した阪和電気鉄道(現在のJR阪和線)が阪和天王寺(現在のJR天王寺(JR-R20))〜阪和東和歌山(現在のJR和歌山(JR-R54))〜白浜のルートで国鉄紀勢線直通の快速「黒潮」号を運転開始し、追って阪和電鉄に対抗する形で南海も南海難波(NK01)〜南海和歌山市(NK45)〜白浜で同じ列車を運転開始しました。両方とも阪和・南海線内は電車が客車をけん引して高速運転を行い、国鉄紀勢線内ではSLが客車をけん引するユニークな運転形態で知られています。だが南海鉄道と阪和電鉄の過剰競争に加え、阪和電鉄は巨額の投資に反して利用が低迷し経営難になった上に粉飾決算も発覚したこともあって阪和電鉄の原型となった新京阪鉄道(現在の阪急京都線)同様に親会社の京阪電鉄の経営悪化の原因になり、そのことから南海が阪和電鉄を買収して「南海山手線」に変えましたが、戦況悪化によって白浜へのリゾート列車は不要不急扱いされ切り捨てられるとともに南海山手線も国有化させられ現在の阪和線になり、その南海鉄道も現在の近鉄の前身である大阪電気軌道や参宮急行電鉄などが合併して成立した関西急行鉄道と一緒に新会社近畿日本鉄道に新設合併される形で会社解散してしまいました。戦後は現在の南海高野線の登山区間を建設した高野山電気鉄道に旧南海鉄道の路線を譲り受けることによって南海電気鉄道が新しく誕生しました。

戦後は阪和線が国有化されたこともあって阪和線と紀勢線の一体化が始まり、早速南紀直通の夜行準急を運転開始し、1958(昭和33)年からは現在の特急「くろしお」の原型となる準急「きのくに」が誕生し、1965(昭和40)年に名古屋(CJ00)〜天王寺を関西線・紀勢線・阪和線経由で結ぶ特急「くろしお」が誕生しました。デビュー当初はキハ82系で運用されていました。そして元祖ディーゼル特急で「はつかり、がっかり、事故ばっかり」でも有名なボンネット型キハ81形最後の列車としても有名です。

そして1978(昭和53)年に紀勢線和歌山〜新宮の電化が完成すると「くろしお」は振り子特急381系を導入すると同時に天王寺〜新宮での運転になり、非電化で残った区間がある名古屋〜紀伊勝浦間はキハ82系の「南紀」に分割されました。

その後大阪環状線と梅田貨物線を経由して京都(JR-A31)・新大阪(JR-A46)への乗り入れを開始したり、中間車の先頭車化で誕生したパノラマグリーン車を連結した「スーパーくろしお」の登場や、「オーシャンアロー」の愛称を持つ283系の登場、そして381系の287系&289系への置き換えを経て現在に至っています。しかし振り子車の381系を非振り子車の287系&289系に置き換えたことによって所要時間は少し伸びました。それでも381系登場時よりは短くなっています。

287系は北近畿地区の485系改造183系や紀勢線の381系を置き換えるために投入された車両で、振り子式車両ではないですが223系や683系といったJR西日本の従来車両と設計を共通化させることによってコスト削減をはかった標準型特急電車です。南紀白浜を代表する観光地で動物園と水族館と遊園地が合体したテーマパーク「アドベンチャーワールド」とコラボした「パンダくろしお」もあり人気を集めています。「くろしお」の付属編成は北近畿地区に貸し出される場合もあり効率よく運用できます。

一方で289系は残った381系の置き換えのために北陸新幹線開業で余った683系を直流専用に改造した車両ですが、同じ「くろしお」でも381系や283系や287系に比べると見劣り感も否めません。

287系・289系ともに「くろしお」仕様は381系リニューアル車や283系に合わせた青緑色帯、北近畿仕様は183系や381系やキハ181系をイメージしたえんじ色帯です。「くろしお」用の289系は平成最後のJR大ダイヤ改正である2019(平成31)年春のダイヤ改正で登場する兵庫県方面への通勤特急「らくラクはりま」でも使用されます。

381系や283系のグリーン車は全室でしたが、287系のグリーン車は半室になり、289系のグリーン車は当初は683系時代からの全室でしたが現在は半室に改造されています。

特急「くろしお」は南紀への観光にも和歌山県民の通勤にも積極的に利用される列車であってほしいです。

特急くろしお1

特急くろしお2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:50 * comments(0) * - * pookmark

和歌山城の写真です

JUGEMテーマ:和歌山

 

いきものがかりが「放牧」から帰ってきて早速ソフトバンクのCMソングやるなど活動再開していますが、今度は西野カナが活動休止だそうです。私もカナやんを長い間応援していましたので突然の活動休止に衝撃を受けました。でも無理しないで休んで自分のやりたいことどんどんやってほしいです。そしていつかは元気になって帰ってきてほしいです。(ぉぃ)

先日京急大師線のヘッドマーク電車を公開しましたがそのヘッドマークは今年は4種類あるみたいです。平成最後の初詣も京急をどんどん利用してほしいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は和歌山城の写真を公開します。

 

和歌山城は和歌山県和歌山市にある平山城で、徳川御三家のひとつ紀州徳川系の居城でした。

城跡は国の史跡になっていますが、現在の天守閣は鉄筋コンクリートで外観だけを復元したものです。

和歌山は江戸時代に城下町として発展し和歌山城は和歌山のシンボルになりましたが、建物は火災や戦災で何度も焼失し、現在残っている城跡は最盛期の1/4程度です。

城跡は公園になっていて、和歌山城だけでなくわかやま歴史館や和歌山公園動物園や西之丸庭園(紅葉渓庭園)などもあります。二の丸と紅葉渓庭園を結ぶ御橋廊下は2006(平成18)年に復元されました。写真は上から順に和歌山城2枚、和歌山城天守からの和歌山の街4枚、紅葉渓庭園6枚です。

大天守と小天守が連結された連立式天守は兵庫県姫路市の姫路城や愛媛県松山市の松山城と並ぶ日本三大平山城になっていて、姫路城をコンパクトにしたような見た目になっています。(私は昨年2018(平成30)年は7月に姫路城、12月に和歌山城へ行きました)

外見だけの復元ではあるものの、本丸の建物はすべて復元されています。

紅葉渓庭園は藩主の隠居所であった日本庭園で、名前の通り紅葉の名所となっているほか江戸時代初期の遺構を残しています。

和歌山城はJR和歌山駅(JR-R54・特急「くろしお」か「紀州路快速」が便利です)から和歌山バスか、南海和歌山市駅(NK45・特急「サザン」が便利です)から徒歩で行くのがおすすめです。

和歌山県には和歌山城に限らず南紀白浜(パンダ&温泉&絶景)や世界遺産の高野山・熊野古道など観光名所がいっぱいです。皆さんも和歌山行ってほしいです。

和歌山城1

和歌山城2

和歌山城からの眺め1

和歌山城からの眺め2

和歌山城からの眺め3

和歌山城からの眺め4

紅葉渓庭園1

紅葉渓庭園2

紅葉渓庭園3

紅葉渓庭園4

紅葉渓庭園5

紅葉渓庭園6

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:26 * comments(0) * - * pookmark

和歌山市民の足、和歌山バスの写真です。

JUGEMテーマ:路線バス

 

横浜市営地下鉄ブルーラインが10年以上後になりますがあざみ野(B32・DT16)から新百合ヶ丘(OH23)まで延伸するみたいです。途中駅は大場町付近?とすすき野・虹ヶ丘付近?と王禅寺地区?に設置する予定だそうです。市営地下鉄延伸で交通が便利になることと沿線再開発が進むことに期待したいですがバス路線がどう変わるのか気になる上にあざみ野駅を利用している人は始発で座れなくなって不満が出そうです。今年4月の横浜市会選挙は山下ふ頭へのカジノ誘致や横浜市立中学校の「ハマ弁」を給食にするかだけでなく市営地下鉄延伸の必要性や沿線の街づくりをどうするかなども争点になりそうです。(ぉぃ)

ちなみに・・・この計画は30年前から麻生区選出の川崎市会議員(現在は国民民主党)が訴えていましたが、長らく事業化には程遠い状態でした。みなとみらい線や市営地下鉄グリーンラインや相鉄新横浜線の整備が進んだ上に横浜市と川崎市が行政コスト削減や不要不急事業の見直しなどで財政危機から脱却できたことと(これによって横浜市の待機児童ゼロや川崎市の中学校給食や学校エアコン設置などができるようになりました)、川崎市営地下鉄が(事実上)中止されたことでようやく事業化にめどがたちました。

 

そんなわけで今日は和歌山駅(JR-R54)前で撮影した和歌山バスの写真を公開します。

 

和歌山バスは名前の通り和歌山県の県都和歌山市を中心に運行するバスで、南海電鉄の系列です。系列会社に和歌山県北部のJR和歌山線沿線をエリアとする和歌山バス那賀もあります。

和歌山バスのローカル路線バスはJR和歌山駅と南海和歌山市駅(NK45)を中心に和歌山市とお隣の海南市に幅広く路線を持っています。ほかにも和歌山から関西空港や横浜・東京への高速バスもあります。

和歌山の通勤・通学だけでなく、和歌山城やマリーナシティや和歌浦への観光でも使われています。

バスのカラーリングは白と赤のツートンですが、一時期は白とピンクにクジラをデザインした「OCEAN塗装」を採用していました。

かつてはスルッとKANSAIカード(南海コンパスカード・レインボーカード・ラガールカード・らくやんカードなど)を使用できました。しかし現在交通ICカードのPiTaPa・ICOCA・Suica・PASMO・Kitaca・toICa・manaca・SUGOCA・nimoca・はやかけんは使用することができません。ただし和歌山バス専用のバス回数券カードがあり、使用方法(中ドア乗車時に整理券情報のためにカードを通し、前ドア降車時に運賃支払いのためにカードを通す)やプレミア付がPASMO登場前に首都圏で幅広く使われていた「バス共通カード」とよく似ています。また和歌山市が発行していて横浜市や大阪市などの敬老パスに相当し、70才以上の高齢者が1乗車100円になる「元気70パス」もあります。

和歌山バスの看板路線はかつての市電(南海和歌山市内線)のルートを引き継いだ「和歌山市内線」と「本町線」ですが、少子高齢化や商店街衰退や車社会を理由に最盛期より減便されています。しかし和歌山市北部・東部では住宅開発が進んでいて、こちらでは本数が増えています。

和歌山バスは、これからも和歌山市民と和歌山観光の両方の足として走り続けてほしいです。

和歌山バス1

和歌山バス2

和歌山バス3

和歌山バス4

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:24 * comments(0) * - * pookmark

平成最後の京急大師線初詣ヘッドマーク電車・2019亥年

JUGEMテーマ:鉄道

 

今日は毎年恒例川崎大師の後に蒲田温泉と蒲田餃子に行きました。蒲田温泉の昭和レトロな雰囲気と黒いお湯がよかったです。(ぉぃ)

 

来週北海道応援歌特番を放送し、AKB48やSHISHAMOや話題の小学生ドラマーが所属する家族バンド「かねあいよよか」などが出てきます。私もアンテナショップで六花亭買うことで北海道を(一応)応援しています。各アーティストには北海道に限らずAKB48は東北や瀬戸内も、SHISHAMOは川崎もどんどん応援してほしいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は川崎大師行くのに京急大師線を使ったので、そのヘッドマーク付き電車(120周年記念特別電車もあり)の写真を公開します。

=京急大師線のバックナンバー(2008(平成20)年はなし、2014(平成26)年はヘッドマークなしの銀1000形)=

2005(平成17)年&2006(平成18)年

2007(平成19)年

2009(平成21)年&2010(平成22)年

2011(平成23)年&2012(平成24)年

2013(平成25)年

2014(平成26)年

2015(平成27)年

2016(平成28)年

2017(平成29)年

2018(平成30)年

京急大師線は毎年12月31日〜1月1日の終夜運転から2月3日まで干支ヘッドマークを掲示して運転していますが、平成最後の2019(平成31)年は亥年でありイノシシのヘッドマークを掲示していました。今日はいつもの1500形だけでなく銀1000形も走っていました。

ヘッドマークは例年通り2種類で、今年も一般応募作品から決めました。川崎大師駅(KK23)には例年通りヘッドマーク応募作品が展示されています。

1枚目と3枚目の写真は2018(平成30)年2月に京急創立120周年を記念して登場した特別な電車「京急120年の歩み号」で、京急発祥の路線である大師線の1500形1編成を1両ずつ歴代車両のカラーリングにしています。

カラーリングは、以下の通りです。(カッコ内はこの塗装をした主な車両です)

↑京急川崎(KK20)方面

赤茶色(51形)

赤+黄色(500形)

赤+細い白帯(230形・旧600形・旧1000形・700形・1500形)

赤+太い白帯(800形・2000形・600形・2100形・1000形)

↓小島新田(KK26)方面

京急川崎側の車両は赤茶色塗装ですが、前面の雰囲気も変わっていて、半鋼製車両の特徴であったシルヘッダーやドアもラッピングで再現しているので目立ちます。

この車両は今年2月頃までの期間限定で運行予定ですが、台湾の電車と似ている青い2100形「ブルースカイトレイン」や西武鉄道と似ている黄色い1000形「イエローハッピートレイン」のように運行期間延長の可能性もあります。

歴代車両をイメージしたカラフル京急電車で、平成最後の初詣を楽しくしてほしいです。

京急大師線2019その1

京急大師線2019その2

京急大師線120年の歩み号

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:34 * comments(0) * - * pookmark
このページの先頭へ