北陸新幹線からの日本海

JUGEMテーマ:新潟県

 

「ワイドナショー」に指原莉乃(さっしー)が出ていましたが、イッテQのやらせ問題や流行語大賞やアメリカ中間選挙や橋本環奈の学園祭イベント中止問題などを語っていました。平成最後の流行語大賞どうなるのか楽しみです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は金沢行くときに乗った北陸新幹線(長野経由)の「かがやき」号で糸魚川付近を通過したときに撮影した日本海の写真を公開します。

 

北陸新幹線は東京から金沢(近いうちに敦賀まで延伸)まで東京・埼玉・群馬・長野・新潟・富山・石川(・福井)の7(8)都県を通り日本列島を横断するため、大都市や山や農村地帯や海など多彩な風景を見ることができますが、高崎から黒部宇奈月温泉まではトンネルが多いため車窓はあまり期待できません(ついでに言えばトンネル内の携帯電話アンテナが未整備のためスマートフォンも使いにくいです)。

そんな中でも糸魚川付近では普通車だと3列シートの方の窓から日本海を見ることができ、日本海を車窓から見ることができる貴重な新幹線になります。富山県内でも富山湾を見ることができます。

在来線特急「はくたか」の頃は親不知付近の日本海の絶景が人気を集めていましたが、新幹線は親不知付近はトンネルで通過してしまう上に、その該当区間も新幹線開業後在来線特急廃止とともにJR西日本から経営分離され新会社「えちごトキめき鉄道」に移管されました。しかしえちごトキめき鉄道でも絶景と食事を楽しめる観光列車を導入していて、経営分離や在来線特急廃止や沿線の過疎化で苦しいえちごトキめき鉄道に活気を与えています。

私は昔東京駅から富山県まで上越新幹線「Maxとき」と在来線特急「はくたか」の乗り継ぎで2回行き、最近は東京から金沢まで北陸新幹線「かがやき」で2回行きましたが、在来線時代と新幹線では高崎から先の風景が大きく違っていて、高崎から糸魚川まではルートも全く違う(在来線は越後湯沢経由、新幹線は長野経由)上に糸魚川から先も新幹線の方が山側を走っているので同じ北陸方面でも新幹線前と新幹線後では違った車窓風景を見ることができました。(ちなみに・・・自宅最寄り駅(横浜市青葉区)から東京駅までは東急田園都市線+東京メトロ丸ノ内線ですが、行きだけ銀座線か東海道新幹線を使ったこともありました)

北陸新幹線はほかにも、立山の絶景も人気です。

北陸地区の産業と観光の発展に貢献する北陸新幹線、早期の新大阪延伸にも期待したいです。新大阪ではリニア中央新幹線と北陸新幹線共同の地下駅を建設する計画があり、北陸新幹線と山陽新幹線の直通も可能にするそうですが、四国新幹線や山陰新幹線にも対応するのかな?地下駅建設の際には既存の東海道・山陽新幹線や在来線の東海道線や大阪メトロ御堂筋線を止めないように工事するの大変そうです。(ぉぃ)

北陸新幹線からの日本海

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 19:54 * comments(0) * - * pookmark

さや姉の後継者?NMB48注目のメンバー小嶋花梨を紹介します!

JUGEMテーマ:NMB48

 

京阪電車の「青い特急」3000系にも「赤い特急」8000系で好評の高級有料座席指定車両「プレミアムカー」を導入します!8000系は既存車両の改造でしたが、今回の3000系は専用車両を新製して差し替えます。8000系のプレミアムカーはJR九州自慢の豪華列車「ななつ星in九州」や京阪電車に近接する阪急電車や京急電車や名鉄電車や東京メトロ丸ノ内線みたいな感じでしたが、今度の3000系プレミアムカーは旧国鉄の誇りだった寝台特急「ブルートレイン」や南海の関西空港アクセス特急「ラピート」や相鉄電車のJR埼京線&都営三田線直通向けの新色「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマ・ネイビーブルー)」みたいな感じです。8000系の普通車も国鉄時代の新潟地区の電車、3000系の普通車も総武快速線(横須賀線・房総地区含む)の電車みたいでしたが。プレミアムカーの拡大に期待したいですが編成から外された中間車はどうするのですか?(ぉぃ)

大晦日のNHK紅白歌合戦の司会は広瀬すずと嵐の櫻井くんに決定しました。紅白司会は2年前から相葉くん→二宮くん→櫻井くんと嵐メンバーが交代でやっているので来年と再来年はどっちかが大野くんでもうどっちかが松潤になると思います。今年の紅白にAKB48&坂道46グループやDA PAMPももちろん出るのかな?続報待っています。(ぉぃ)

 

先日の万博記念公園コンサートとその後の難波の劇場公演で山本彩(さや姉)が正式にNMB48を卒業しました!来週の「ベストヒット歌謡祭(大阪から生放送)」がNMB48としてのさや姉最終日となります。

そのさや姉最終劇場公演でさや姉がNMB48の新キャプテンとして小嶋花梨(こじりん)を任命しました!今日はその彼女を紹介します。

=プロフィール=

1999年7月16日生まれ、埼玉県出身

Showtitle所属

チームN在籍

キャッチフレーズ:「こじりん・ザ・ムービー、レディー (アクション!) みーんなの瞳にかりんのマジを映したい。埼玉県出身、高校2年生 16歳のこじりんこと小嶋花梨です」(デビュー当時のもの)

こじりんは、2016(平成28)年にNMB48の5期生としてデビューし、チームN専属研究生になりました。そして2017(平成29)年にはチームN正規メンバーになり、2018(平成30)年には卒業したさや姉の後継キャプテンに指名されました。

CD作品初参加は「僕以外の誰か」の劇場盤カップリング「太陽が坂道を昇る頃」でした。さや姉のラストシングルでもある「僕だって泣いちゃうよ」で初選抜になりました。AKB48の新曲「NO WAY MAN」のタイプEカップリング「夢へのプロセス」でも参加予定です。

NMB48加入を機に両親と弟を埼玉に残して大阪で一人暮らしを始めたそうです。

将来は指原莉乃(さっしー)のようなアイドルプロデューサーになりたいそうです。

和菓子が好きだそうです。

チャームポイントはカールがかったまつげだそうです。

趣味は音楽やコンサートや動画やコスメ集めだそうです。

小2から中1までバトンを習っていて、中学と高校はダンス部だったそうです。

好きな色は赤と白と黒とパステルカラーだそうです。

まつげにパスタを載せることもできるそうです。

そんなこじりんは、NMB48の新キャプテンとして飛躍できたらいいですね。(ぉぃ)

東横ライナー=葉月さくら * AKB48の話 * 19:24 * comments(0) * - * pookmark

JR東日本・東京メトロ・東急・京王・小田急・西武の鉄道公式アプリ連携ポスター

JUGEMテーマ:鉄道

 

山本彩(さや姉)の卒業にともないNMB48の次期キャプテンに小嶋花梨(こじりん)が任命されたそうです。新しいNMB48がどうなるのかさや姉の本格的なソロ活動開始どちらも楽しみです。(ぉぃ)

「AKB48グループ歌唱力ナンバーワン決定戦」をやるそうです。新しいイベントがどのような感じになるのか楽しみです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日はJR東日本・東京メトロ・東急・京王・小田急・西武の首都圏6鉄道会社の公式アプリの連携開始のポスターの写真を公開します。

 

鉄道会社では電車の現在位置や時刻表や駅の停車位置&階段案内や振り替え輸送情報などを提供できるアプリを各社ごとに提供していますが、複数の会社の路線を乗り継いだり直通したりする利用者が多い首都圏では複数会社のアプリを連携させてより便利に利用できるようにしています。

まずJR東日本と東京メトロと東急電鉄の3社で連携を開始し、のちに京王電鉄も加わって4社になりました。

そして2018(平成30)年秋には、この連携に小田急電鉄と西武鉄道が加わり、6社による連携がスタートしました。

アプリの使い方や内容は各社ごとに異なりますが、「列車走行位置」と「時刻表」では連携各社アプリへのリンクが設置されるようになり、直通運転や乗り換えでも便利に利用できるようになっています。

このポスターは6社のロゴマークをパズルのように組み合わせたデザインで、連携をイメージしやすくなっています。

鉄道アプリの連携のさらなる拡大にも期待したいです。

鉄道公式アプリポスター

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:29 * comments(0) * - * pookmark

こっちも正式な金沢駅です。金沢駅西口の写真です。

JUGEMテーマ:金沢・百万石の街

 

無事金沢から帰ってきました。今回はあまり観光できませんでしたが8番らーめんを食べたり、ゴーゴーカレーのレトルトを買ったり(今日食べました)不室屋カフェのあんみつ食べたりなど今回も金沢来てよかったです。11月末から12月上旬は三重県伊勢と和歌山県南紀白浜に行く予定です。

 

AKB48の新曲「NO WAY MAN」の収録内容とジャケット画像決定!この曲は15日の「ベストヒット歌謡祭」で披露されるそうです。(「AKBINGO!」ですでにプロモ披露していましたが)新曲楽しみにすると同時に3人の韓国での活躍期待しています。(ぉぃ)

 

今回の金沢ではあまり写真は撮りませんでしたが、今回も金沢駅の写真を撮影したので今日はこれを公開します。とはいえども前回公開したのは兼六園口(東口)であり、今回は反対側の金沢港口(西口)の写真です。撮影時は雨降っていたのでバスターミナルの上屋から撮影しました。

 

前回も説明しましたが、金沢駅は石川県と金沢市の中心駅・代表駅で、北陸新幹線(長野経由)とJR北陸線と並行在来線のIRいしかわ鉄道が乗り入れている北陸を代表する駅です。

前回の兼六園口は巨大な総ガラス張りのドーム「もてなしドーム」と木製の「鼓門」が魅力的な駅舎として親しまれていますが、今回の金沢港口もシンプルで実用的ながら兼六園口に負けない魅力的な駅舎です。

金沢駅西は長らく駅裏的存在でしたが、石川県庁の新庁舎が金沢駅の西側にオープンしてからは開発が進み、ホテルや新聞社などが次々と整備されたほか、バスターミナルも開設されました。

西口バスターミナルからは北陸鉄道の石川県庁などへ向かうローカル路線バスのほか、首都圏行き高速バスや小松空港バスなども発着しています。西日本JRバスや加越能バスも発着しています。

金沢港口の駅ビルは商業施設「金沢百番街 あんと西」とホテル「ホテルヴィアイン金沢」を併設しています。

西口駅前広場にはオブジェも設置されています。

表も裏も魅力的な金沢駅、ご当地グルメやおみやげや駅弁も充実しているので皆さんも来てほしいです。

金沢駅西口1

金沢駅西口2

金沢駅西口のオブジェ

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:49 * comments(0) * - * pookmark

いきものがかり吉岡聖恵のソロカバーアルバム「うたいろ」の広告

 

いよいよ2018年もあと2か月、平成も残り半年で終わります。みなさんやり残したことはありませんか?(ぉぃ)

 

小田急と西武のスマホアプリがJR東日本・東京メトロ・東急・京王のアプリと相互連携します。アプリを使いこなすことによってもっと安心して便利に電車を使ってほしいです。(ぉぃ)

JR西日本の京阪神の新快速に来年春から有料座席指定サービス開始!中央線特急も新座席指定サービススタート!着席通勤のニーズにこたえるサービスはどんどん広がっていますね。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は小田急線の駅で撮影した、いきものがかりのボーカル吉岡聖恵さんのソロアルバム「うたいろ」の広告の写真を公開します。

 

吉岡聖恵は神奈川県海老名・厚木が生んだ3人組バンド「いきものがかり」のボーカルとして有名で、4年に1回しか来ない2月29日生まれの人としても有名です。

そんな吉岡さんは厚木市出身で海老名高校卒業ですが、生まれは静岡だったみたいです。ちなみに・・・残り2人は吉岡さんとは逆に海老名市出身で厚木高校卒業です。

メインボーカルですが、タンバリンなどを演奏することもあるそうです。

いきものがかりは2006(平成18)年のデビュー後CM曲やドラマ主題歌など多数のヒット曲を出しましたが、2017(平成29)年正月に「放牧」を宣言してグループ活動を休むことにしました。

いきものがかりは地域貢献にも力を入れていて、自身の代表曲でCMソングとして話題になった「SAKURA」が小田急線海老名駅(OH32)の、同じく自身の代表曲で合唱コンクールの課題曲になった「YELL」が小田急線本厚木駅(OH34)の、これも自身の代表曲で朝ドラ「ゲゲゲの女房」の主題歌で大ヒットした「ありがとう」が京王線調布駅(KO18)のそれぞれの接近メロディーで採用されるなど地元に根付いています。

そんないきものがかりは放牧後しばらく音沙汰なしでしたが、2018(平成30)年10月に吉岡さん初のソロカバーアルバム「うたいろ」が発売され久々に元気な姿を見せました。

同アルバムは中島みゆきの「糸」など全11曲のカバーを収録し、吉岡さんの魅力満載の1枚になっています。

ソロの吉岡さんに期待すると同時に、いつかは放牧から戻ってきて3人でのパフォーマンスを再び見たいです。(ぉぃ)

吉岡聖恵のアルバム

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:27 * comments(0) * - * pookmark

春日部駅の「クレヨンしんちゃん」発車メロディーだぞ〜

JUGEMテーマ:クレヨンしんちゃん

 

今週土日金沢行ってきます。去年に続いて金沢2回目です。

 

山本彩(さや姉)卒業コンサート、今日の「めざましテレビ」によると渡辺美優紀(みるきー)だけでなく山田菜々(ななたん)も来ていたみたいです。さや姉の卒業に花を飾れてよかったですね。(ぉぃ)

昨日の「下町ロケット(ゴースト)」、3話目で自己最高視聴率更新!今回の「下町ロケット」は今一つのスタートでしたが昨日はフィギュアスケート(宇野くん)やプロ野球日本シリーズ(広島カープVSソフトバンク)などもあった中で「下町ロケット」が大健闘していました。池井戸潤の日曜劇場は回を追うごとに盛り上がっていくので最終話に向けてがんばってほしいです。(ぉぃ)

 

そんなわけで今回は今年10月からスタートした東武スカイツリーライン(伊勢崎線)&アーバンパークライン(野田線)の春日部駅(TS27・TD10)の「クレヨンしんちゃん」発車メロディーを紹介します。

=この記事も見てください=

東武鉄道発車メロディー

クレヨンしんちゃん電車(黄色&水色&赤オレンジ

 

春日部駅は名前の通り埼玉県春日部市を代表する駅で、1899(明治32)年の東武鉄道開通と同時にこの駅も開業しました。その後1929(昭和2)年には現在の野田線の前身となる北総鉄道→総武鉄道(現在の京成グループの北総鉄道や現在のJR総武線の前身である総武鉄道とは無関係)が開業し連絡駅になりました。現在は東京メトロ(日比谷線・半蔵門線・東急田園都市線)直通電車や有料座席指定特急も停車するので便利な駅になりました。

その春日部はアニメ「クレヨンしんちゃん」の舞台としても有名であり、2016(平成28)年から2017(平成29)年にはアニメ25周年記念として過去記事で紹介した「クレヨンしんちゃん」ラッピングの50050系(全5色)を運転したり、駅名看板を「クレヨンしんちゃん」仕様に変えたりしていました。また春日部駅近くのイトーヨーカドーを劇中に登場する「サトーココノカドー」に変えるなど春日部市としんちゃんのコラボ企画を多数展開しました。

そして2018(平成30)年10月には、春日部市民待望となるしんちゃんの発車メロディーの使用を開始しました。使っている曲はアニメのオープニング曲でおなじみ「オラはにんきもの」で、5つの発着ホームごとに異なった部分・アレンジで採用しています。

ちなみに・・・春日部駅のホームはスカイツリーラインは1番線と3番線と4番線、アーバンパークラインは7番線と8番線と番号が飛びまくっていますが、これは2番線と5番線はかつての貨物線だった通過線で使用していて、6番線はホーム拡張の際に1本の線路を撤去したため欠番になったからです。

春日部駅は将来高架化される予定ですが、着工のめどはたっていません。

春日部は、これからも「クレヨンしんちゃん」とともに歩んでほしいです。

東横ライナー=葉月さくら * 鉄道ネタ * 20:56 * comments(0) * - * pookmark

江ノ電バスの写真です

JUGEMテーマ:路線バス

 

西武鉄道の新型特急(50000系?)が甲種輸送されたそうです。先頭部やロゴマークや車両番号がマスキングされた状態ですが新型特急は初代山形新幹線の400系やJR九州の787系みたいな雰囲気でいいと思います。続報待っています。(ぉぃ)(2018/10/29続報:車両形式は「001系」、愛称は「Laview」になるそうです。車両形式はとにかく意外でした(ぉぃ))

小田急多摩線黒川駅(OT03)にクラシック音楽の駅構内BGMと接近メロディーを導入するそうです。小田急と川崎市はこれからも地域活性化のために連携してほしいです。川崎市の地域振興はお隣横浜市青葉区在住の私も応援したいです。(ぉぃ)

 

さて、今回は江の島と鎌倉で撮影した江ノ電バスの写真を公開します。

 

江ノ電バスは神奈川県の横浜市磯子区・港南区・戸塚区・栄区と鎌倉市と藤沢市を中心に路線を展開する小田急グループのバス会社で、名前の通り江ノ島電鉄の系列です。

もともと江ノ電本社直営でしたが、1998(平成10)年に藤沢地区の路線を子会社の江ノ電バス(現江ノ電バス藤沢)に移管し、残った横浜地区・鎌倉地区も2007(平成19)年に子会社の江ノ電バス横浜に移管しました。

江ノ電バスのカラーリングは普通のローカル路線バスがオレンジ系統、羽田空港や京阪地区などへの高速バスは緑と黄色のツートンになっています。

江ノ電バスは首都圏の圏央道内側のエリアにあるバス会社では珍しく系統番号を使っていません。ただし同じ小田急グループの神奈川中央交通と共同運行している路線では神奈中と同じ系統番号を使っています。

横浜・鎌倉地区は地形が起伏に富んでいて住宅地や学校が坂の上にあることも多いことからバス利用が多いですが、藤沢地区は平坦な地形である上に沿線は観光地の鎌倉・江ノ島がある上に古都であることから道が狭く道路が渋滞しやすいためバス利用が伸び悩んでいます。

江ノ電バスは昔は富士重工車体のバス車両を愛用する事業者として有名でした。富士重工車体のバス車両を愛用していたバス会社はほかにも関東バス(中野)や小湊鉄道(千葉)などもあります。

江ノ電バスの行先表示器はオージ製LEDが基本ですが、東急バスなどで採用されている側面5枠タイプの機種の車両と岡山電気軌道などで採用されている側面フルドットタイプの機種の車両があります。最近では神奈中バスの舞岡・平塚で採用されているレシップ製白色LEDの車両や都営バスで採用されているオージ製フルカラーLEDの車両も登場しています。白色LED・フルカラーLEDともに側面フルドット仕様です。

また、2020年東京五輪のヨット競技会場が江ノ島で行われることからか、オリンピックナンバーのバスもありました。

江ノ電バスは、これからも観光と通勤の両方で積極的に利用されてほしいです。

江ノ電バス1

江ノ電バス2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:20 * comments(0) * - * pookmark

祝!さや姉卒業!NMB48のさや姉ラストシングル「僕だって泣いちゃうよ」の曲紹介するで!

評価:
NMB48
laugh out loud records
¥ 1,646
(2018-10-17)
コメント:NMB48の19枚目のシングルやで!さや姉ラストシングルやで!さや姉ソロ曲も入っているで!
Amazonランキング: 2567位

JUGEMテーマ:NMB48

 

今日大阪の万博記念公園でNMB48山本彩(さや姉)の卒業コンサートが開催されました!前日雨で開催も一時心配されましたが開演時間のお昼には見事な晴れ間を見せて盛り上がりを見せました。さや姉の最大のライバル(?)であった渡辺美優紀(みるきー)もサプライズで出たみたいです。さや姉有終の美を飾れてよかったですね。今年は地震と台風で被害を受けた大阪はもちろんのこと、北海道や東北や瀬戸内や熊本にも元気を届けられてよかったと思います。来週のさや姉最後のMステも楽しみです&さや姉卒業後も歌番組出てコラボしてください。(ぉぃ)

東急大井町線で平日夜の田園都市線直通急行電車に座席指定車両「Q SEAT」を12月から導入します!大手私鉄では今有料座席指定サービス流行っていますが、とうとう東急も参入ですね。今年デビューしたばかりの6020系電車に新しく導入される(座席転換仕様の中間車を新製し不要になった中間車は田園都市線2020系の増備車に転用)座席指定対応の座席転換車両はオレンジ1色のカラーリングに「Q SEAT」のロゴマークで目立ちそうです。(ぉぃ)

AKB48の新曲「NO WAY MAN」のプロモが完成しました!韓国進出する宮脇咲良(さくらたん)&矢吹奈子(なこ)&本田仁美(ひーちゃん)のイメージに合った(?)K-POP風の曲ですね。新曲楽しみにしています。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日はNMB48のさや姉ラストシングル「僕だって泣いちゃうよ」の曲紹介をします。

 

この曲はNMB48の19枚目のシングルで、さや姉ラストシングルであると同時にラストセンター曲でもあります。

さや姉のラストソングらしく、さや姉の7年間への感謝とこれからのさや姉に期待の想いを込めた明るい感じの曲になっています。NHK朝ドラ「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」のセンターや歌番組でのパフォーマンス、そして(資金があれば)1人で大量投票できるCD購入ではなく1台1回だけのスマホアプリを使用した公正な人気投票であった「夢の紅白選抜」のセンターと幅広い層に親しまれたお茶の間の人気者さや姉の卒業ソングらしくほかのAKB48&坂道46グループの卒業ソングにはない明るく前向きな感じの特別な卒業ソングになっていますね。(ぉぃ)

「うたコン」で披露したほか「AKBINGO!」でもプロモをやっていました。来週の「ミュージックステーション」でも披露されます。

プロモは現行メンバー71人によるダンス映像とさや姉の過去映像を組み合わせた豪華仕様(?)です。

カップリングは、全エディションにアンダーガールズ、タイプAにチームN、タイプBにチームM、タイプCにチームBII、タイプDにさや姉ソロの曲が入っています。

さや姉最後にふさわしい大作、皆さんも思う存分聴いて見てください。さや姉は卒業後のソロ活動も期待したいです。2016(平成28)年の「FNS歌謡祭」のさや姉&藤原さくら&chayのコラボや同年の「NHK紅白歌合戦」のさや姉センターの「君はメロディー」最高だったのでこれからも歌番組でさや姉見たいです。(ぉぃ)

=プロモ集=

僕だって泣いちゃうよ

嘘つきマシーン(チームN)

True Purpose(チームM)

職務質問(チームBII)

東横ライナー=葉月さくら * AKB48の話 * 20:58 * comments(0) * - * pookmark

フルカラーLEDの江ノ電

JUGEMテーマ:鉄道

 

昨日の「うたコン」は100回記念スペシャルで仙台から生放送でした。渡辺麻友(まゆゆ)が登場したほか2020年東京五輪・パラリンピック応援歌も披露していました。これからもこの番組楽しみにしています。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日はフルカラーLED表示になった江ノ電(小田急グループ)の1000形電車の写真を公開します。過去の江ノ電の写真(2011(平成23)年版2014(平成26)年版)も合わせて見てください。写真は藤沢駅(EN01)で撮影しました。

 

鎌倉と湘南の足になっている江ノ電は海岸沿いや路地裏や路面区間や踏切やあじさいなど多彩な鉄道風景が人気を集めていますが、バリエーション豊かな電車も人気を集めています。

江ノ電のカラーリングは最古参の300形から現在の500形まで一貫して緑とクリームのツートンカラーを採用していますが、新しい車両になるごとにデザインを近代的に変えて現在に至っています。また例外もあり、江ノ電初の新性能電車1000形1500番台は登場時にクリームにオレンジと赤の帯を採用し、レトロ電車の10形ではヨーロッパ風の紺とクリームのツートンに黄色帯になりました。また1000形の京都の嵐電(京福電鉄)風の紫塗装や、20形の木目風塗装(2011(平成23)年版の写真で公開)などもありました。

1000形と2000形はリニューアルを進めていて、500形と同じカラーリングになったほか、行先表示もフルカラーLED方式に交換されました。

江ノ電のフルカラーLEDの特徴は、行先部分の両サイドに季節や沿線などをイメージしたイラストを表示することです。写真撮影した日はいちょうの葉と江ノ電のマスコットキャラクター「えのんちゃん」のイラストを交互表示していました。

イラストはほかにも江の島(EN06)付近にある「江の島シーキャンドル」や鎌倉(EN15)が最寄りの鶴岡八幡宮やクリスマスやお正月などの沿線の名所や、冬の水仙・雪、春の梅・桜、夏のあじさい・朝顔などの季節をイメージしたイラストを表示できるそうです。

フルカラーLEDを利用したイラスト表示では、JR山手線の新型E235系でも最後尾車両の全面表示に季節の花のイラストを表示しています。

多彩な表現ができるフルカラーLEDはどんどん活用してほしいです。

フルカラーLEDの江ノ電1

フルカラーLEDの江ノ電2

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:34 * comments(0) * - * pookmark

併用軌道区間の江ノ電

JUGEMテーマ:鎌倉

 

乃木坂46の西野七瀬(ななせまる)最後のシングルは「帰り道は遠回りしたくなる」になるそうです。ななせまる最後までがんばってください&卒業後の活動も期待しています。(ぉぃ)

 

そんなわけで今日は江ノ島(EN06)〜腰越(EN07)間の併用軌道を走る江ノ電(小田急グループ)の電車の写真を公開します。

 

江ノ電はJR東海道線(上野東京ライン&湘南新宿ラインが直通)や小田急江ノ島線と接続する藤沢(EN01)を起点に、江ノ島〜鎌倉高校前(EN08)〜極楽寺(EN11)〜長谷(EN12)と経由しJR横須賀線(総武快速線&湘南新宿ラインが直通)と接続する鎌倉(EN15)まで全長10km・所要時間34分の鉄道路線で、江の島や鎌倉の観光だけでなく通勤・通学でも幅広く使われている路線です。

その江ノ電には高架駅の藤沢駅・民家の隙間を走る電車・建築から1世紀を超えたレンガ造りのトンネル・腰越のドアカット・沿線のアジサイ・鎌倉高校前付近の湘南海岸とスラムダンクの踏切・列車交換専用の信号場など多彩な風景が広がっていて、人気が高い路線でもあります。

その江ノ電最大の魅力と言えば、江ノ島〜腰越間にある鉄道唯一の併用軌道区間です。併用軌道の近くには鉄道線で最も急な半径28mのカーブがあります。

そもそも江ノ電は鉄道線にも関わらずこんな併用軌道区間と急カーブがあるのは、江ノ電はもともと軌道線として建設されましたが、戦時中に軍事輸送のために東海道線と横須賀線を代替する路線が必要になった際に江ノ電に白羽の矢が立ったから鉄道に昇格させたそうです。江ノ電は戦後、沿線の車社会到来によって廃線の危機に瀕していました。しかし鎌倉は古都の特性上道が狭いため渋滞しやすく、それによって車や路線バスを利用しにくくなり江ノ電に客が戻り始め、さらに民放のテレビドラマで江ノ電が登場すると江ノ電の人気に火が付き江ノ電は見事に息を吹き返し、現在では江の島・鎌倉の観光と生活に欠かせない存在になりました。

道路の上を普通の路面電車より大きい2連接2編成連結の4両編成の電車が走る姿は迫力満点です。滋賀県の京阪電車京津線では地下鉄直通対応のやや大きい車両の800系が道路の上を走っていますが、京津線は軌道線です。京津線の800系電車は京都ではコンパクトな地下鉄電車〜京都と大津の間は登山電車〜大津では日本最大の路面電車と3スタイルに変化していて鉄道ファンに人気高いです。デビュー当初は白と水色のツートンに黄色帯の800系専用カラーでしたが、現在は本線の5000系などと同じ緑系に塗装変更が始まっています。

魅力的な風景が多い江ノ電、これからも親しまれてほしいです。

併用機道の江ノ電1

併用軌道の江ノ電2

併用軌道の江ノ電3

東横ライナー=葉月さくら * 写真 * 20:29 * comments(0) * - * pookmark
このページの先頭へ